猫の飼い方

猫の飼い方

ベンガルを飼いたいあなたが準備しておくべき部屋環境

ベンガル猫といえば、がっしりとした筋肉質でありながら細身の体格が魅力的な猫ちゃん。中には長毛種のベンガル猫もいますが、基本的には短毛種、まるで小型のヒョウやトラのような風貌をしていることがほとんどです。 こうした野性的なルックスのイメージを裏切ることなく、運動量も多めの猫として知られています。そのため、ベンガ
ペットにまつわる知識

猫の里親になる準備。ペットに快適な環境を作る5つの方法

猫の里親になると決めたら、一緒に暮らす準備をしましょう。まず思いつくのは、猫用のお皿や猫のトイレ、猫用のベットでしょうか。それに猫が暮らしやすい環境を整えなくてはいけません。たんすの上に物をたくさん置いていませんか。猫は高い場所に飛び上がるのが大好きだし、目につくものは何でもおもちゃにします。 また、押入
猫の飼い方

しろいねこが飼いたいあなたにおすすめの7種

「しろいねこ」と思わず呆然と呟いてしまうほどの高貴な存在、白猫。その美しく輝く白い毛並みにはただただ圧倒されるばかり、「神の使いか」、「神話の世界からやって来たのでは」という錯覚さえ抱いてしまいますよね。 それなのに、しろいねこには「気位が高い」、「気まぐれで、なかなか撫でさせてくれない」というイメージが
ペットの飼い方について☆

猫の寿命を延ばす為に、飼い主が毎日気をつけたいこと☆

猫の寿命は12歳から15歳。人間で言うと65歳から80歳というところでしょうか。最近では20歳ぐらいまで生きる長寿猫も珍しくないんだそうですが、いずれにしろ、一緒に暮らす猫には長生きして欲しいものです。 そのためには早期発見。日頃から猫の健康をチェックして、いち早く異変を察知することが肝心です。食事はちゃ
ペットの飼い方について☆

猫の寿命を伸ばして、長生きさせてあげたい!3つの秘訣

可愛い飼い猫の寿命を延ばし、できれば長生きしてほしいのは飼い主としては自然な望みです。猫を飼っていらっしゃる方ならよくご存じの方も多いですが、猫は小さいようでも立派な家族の一員であり、ちゃんとそれなりの役目を担っています。それは家族の要ともいうべきムードメーカーという役割です。 固い絆で結ばれた猫と飼い主
ペットにまつわる知識

猫の里親になると決めたら。お迎えするための5つの準備

可愛い猫と暮らしたい!ふわふわの猫が自分を大好きになってくれる、長年の夢を実現したい!そんな思いから猫の里親になることを決めた皆さん、一大決心をなさったことにお祝いを申し上げます。早く準備がしたいですね! そこで知りたいのが、猫と暮らすにあたり、「具体的にどんな準備が必要なのか」ですよね。まず必要なのは猫
ペットにまつわる知識

猫の里親になって一緒にしあわせに暮らすために必要なこと

猫の里親になるという仕組みをご存知でしょうか。今でも日本には多くの野良猫がいます。その中には道の途中で亡くなってしまう子もいますが、中には保護されて里親を募集されている幸運な猫もいます。ただそれはまだ成就してない幸運です。 里親募集で猫の里親が見つからなければ、その子は殺処分されてしまうので、何も満たされ
猫の飼い方

猫を飼いたいあなたへ。家族を説得させる魅力の伝え方

猫を飼いたいけれど、家族がなかなか納得してくれない・・・というシーンは多々ありますよね。家族に猫アレルギーの人がいるならともかく、単に「猫が嫌い」、「猫に興味がない」というだけで拒絶されるのはなかなか辛いものです。 でも、最初は猫嫌いでも飼っていくうちに猫の大ファンになってしまう人は実は多いのだとか。やっ
ペットにまつわる知識

猫の保険、入ってる?かしこい選び方とオススメ5種を紹介

猫の保険入っていますか。猫は家族の一員、楽しいときは一緒に遊び、悲しいときはそっと寄り添い癒してくれます。長く一緒に暮らしたいと願うのは当然ですが、けがや病気が心配です。ですが猫の治療費は公的な保険制度がないので全額負担。回復が長引けばそれだけ負担も大きくなります。 猫の保険のメリットはそんな治療費の負担
猫の飼い方

猫のブリーダーになるには☆知っておきたい資格・情報

猫のことが大好きで、いつも一緒にいたいという人の中には趣味やビジネスで猫のブリーダーになる人も少なくありません。猫のブリーダーはマンションの一室でもできるし、キャットクラブに登録するだけで簡単に始めることができるからです。特別な資格も必要ありませんがビジネスとして成立させるためには、それなりのスキルや資格が必要
猫の気持ち

猫の年齢がわからないときの確かめ方、その7つのポイント

=猫の愛くるしい姿を見て、家で飼ってみたいと家族で考えている方も多いですよね。猫を家に迎える時に、ペットショップやブリーダーから迎える場合は誕生日がはっきりしています。他にも動物愛護センターや保健所や猫の里親探しをしている動物病院から迎える場合もあり、そういう時は猫の年齢がわからないことがよくあります。 猫の
ペットの飼い方について☆

こねこを拾ったときに、まず最初に確認すべきこと

こねこが残されているのを見かけてしまうと、素通りできなくて、拾って保護するべきなのか、葛藤しますよね。かわいくて連れ帰りたいという気持ちがあったとしても、育てたこともなければ飼ったこともないと、どうしてあげたら良いのかわからないというのもあるでしょうね。 飼い主さんを見つけるまでの間の保護だとしても、ある
猫の気持ち

猫の気持ちを理解して愛猫と仲良く暮らす7つのコツ

言葉を話さない猫の気持ちを人間が理解するのは、簡単なことではありません。ですが、ペットと言えども大切な家族ですから、意思の疎通が無くては、一緒に暮らしていてもお互い何も楽しくありません。では、猫の気持ちを知るためには、どうすれば良いのでしょうか。今日明日にすぐ以心伝心の関係になるというわけではありませんが、猫の
猫の飼い方

猫エイズを知りたい!原因や症状、予防法などの豆知識

あなたは、猫エイズについて、どこまで知っていますか?「猫エイズ」という病気は、猫を飼っている人なら知らない人がいないほど有名な病気です。しかも、「エイズ」という言葉から、命に係るような重病だというイメージを持つ人が多いですよね。たしかに猫エイズは恐ろしい病気です。でも、かかってしまったら、まずはどうするべきなの
猫の気持ち

猫の血尿はストレスが原因?その7つの理由

猫が血尿を出す原因はさまざまです。おしっこ自体に血が混じっているものだったり、赤血球の色素だけが尿に溶けだしたものだったり、一言で血尿と言っても、色々な症状があります。この猫の血尿、ストレスによって発生するという説があります。でも、食欲不振や血便のように、ストレスから即症状が出るようなことって、あるのでしょうか
猫の飼い方

猫が鼻水を出したときにやってあげたい対処法

あっ、いつの間にか猫が鼻水を出している……と、そんなことに気付いた時は、どんな対処法を取ってあげれば良いのでしょう。鼻を拭いてあげれば良いのか、だとすると、どう拭けば良いのか。また、鼻をどうこうしてあげる以前にも、体調によってはしてあげられることが変わります。適切な対処をしてあげるために、猫の鼻水にどんな病気が
猫の飼い方

猫が鼻水を出したときに注意してほしい5つのコト

猫が鼻水を出すことは、よくあることだと思って放ってはおかないでください。確かに、鼻水の原因は、猫風邪などの軽い病気によるものが大半です。ですが、猫が鼻水を出す病気は、軽いものばかりではありません。例えば、猫エイズ、猫白血病など、命に係る病気による症状の可能性もあります。愛する猫がこんな重い病気にかかってしまった
猫の飼い方

猫にノミがつかないように気を付けておきたい5つの習慣

最近、何だか痒そうにしていると思ったら、猫にノミが付いてしまっている……。そんな状態は、猫を飼っているなら一度は経験したことがあるのではないでしょうか。このように、猫にノミがついた後の対処は、簡単ではありませんよね。まして、多頭飼いをしているなら、全員のノミ駆除をしなければいけなくなってしまいます。それならいっ
猫の飼い方

猫が血尿を出さないために日頃気を付けたい生活習慣

猫の赤いおしっこ、それは血尿かもしれません。そのサインは、トイレの砂が赤くなっていたり、尿道付近が赤く染まっていたりなどから気付くことが多いと思います。人間の場合は、余程の病気やストレスでないと血尿を出すことはありませんが、猫は腎臓系が弱く、血尿を意外に出しやすい動物です。しかし、出しやすいからと言って、猫の血
猫の飼い方

猫の年齢を知って残りの共同生活を楽しくする5つの方法

あなたは、猫の年齢によって、適切な飼い方が変わってくることをご存知でしょうか。子猫から始まって、人間で言う青年期、高齢期、そして老猫期を経て、猫の寿命は進んでいきます。当然ですが、その全ての時期において同じ飼い方で良いわけはありません。年齢に合った食べ物や過ごし方などがあるのは、人間に置き換えてみればすぐにわか
猫の飼い方

猫の飼育方法、絶対押さえたい基本7ステップ

猫を飼育する上で、ちゃんと押さえるべきポイントを押さえられている人は少ないのではないでしょうか。自分の手で生き物を育てるのですから「飼いたいから飼う」というだけでは済まされないことは、たくさんあります。猫にとって環境はどうか、しつけはできるのか、もしもの時に備えて、色々な準備ができているのか……などなど、猫を家
猫の気持ち

猫の年齢や性格によって変えたい接し方まとめ

猫の年齢や性格は飼い方にも大きく影響してきます。とても愛らしくペットとしては最高の動物である猫ですが、自分の希望ばかり押し付けた間違った接し方をすると素晴らしい相棒になるどころか嫌われてしまうこともあるので、注意が必要です。 そこで、猫の年齢ごと、性格ごとの接し方について大体のところを知っておかなければな
猫の気持ち

猫もマッサージが好きな理由とその方法を7つご紹介

猫ってマッサージされるのは好きだと思いますか?人間同様猫だって疲れはします。あまり周囲の事は気にしないし何があっても動じない様に見える猫でも実際は神経質でちょっとしたことで緊張するのです。そんな時の猫の体はコチコチにこりかたまってしまっているのです。普段の何気ない動きもよくよく見てみると人には絶対に真似出来ない
猫の気持ち

猫をお風呂に入れるときに知っておきたい7つのこと

猫を飼っている方の中で『我が家では定期的に猫をお風呂に入れる』とおっしゃる飼い主さんはどのくらいいらっしゃるでしょうか?我が家には4匹の猫が暮らしておりますがお風呂に入れるのは夏場中心で汚れ・抜け毛・匂いが気になるなど必要に応じて・・・の形が基本です。確かに様々な情報をピックアップしてみても『短毛猫にお風呂は必
猫の種類

シャム猫を飼おうと決めたら知っておきたい5つのこと

シャム猫は、ほっそりとした体格とシルバーに輝く美しい毛並み、顔や手足の先を彩るダークブラウンのシールポイント、そして澄んだブルーの瞳が魅力的な猫です。そのエレガントなたたずまいには手堅い人気と定評があり、原産国であるタイでは至宝として愛されてきました。 さて、他の種類の猫ちゃんと同じように、シャムの猫にも
猫の飼い方

愛猫のノミがひどいときの症状とその対処法

猫を飼っている上で、気をつけたいのが猫のノミである「ネコノミ」。他にも気をつけたい病気は色々ありますが、寄生虫であるノミも軽く考えてはいけません。猫にノミが寄生すると、愛猫は強いかゆみに苦しむことになってしまいます。また、猫にノミが寄生することで問題になるのはかゆみだけが理由ではありません。 ノミをきっか
猫の飼い方

猫の風邪に隠された、知らないと怖い病気の種類

猫の風邪を甘く見てはいけません。あなたは、猫の風邪についてどれくらい知っていますか?ただ「猫風邪」と言うと、人間の風邪と同じような感覚で軽い病気に思われがちですが、実は油断ができない病気なのです。こじらせると大変な病気ですし、風邪と同じような症状を引き起こす重病もあります。この猫の風邪の原因となる病原体は複数あ
猫の飼い方

猫の下痢が止まらないときに試してほしい7つの対策

猫の下痢が続く時って、何が原因で、どうしてあげれば良いのでしょう。猫のウンチは大切な健康のバロメーターですから、異常があれば心配になってしまうのが、飼い主の親心です。しかもそれが一時的なものではなく、何日も続くとなれば、重い病気の疑いなども出てしまいます。また、下痢と言っても軟便程度のものから、水のようなものま
猫の気持ち

猫をずっと抱っこしていたい人へ、上手な抱き方教えます☆

ふわふわ、あったかくて愛らしい猫ちゃんを、できることならずっと抱っこしていたいですよね。でも、うちの猫はどうしても抱っこが嫌いな性格みたい……と、諦めてはいませんか?それは、猫の性格ではなく、あなたの抱き方の問題かもしれません。猫の抱っこは、簡単なようでコツが必要です。そして、抱く前に猫の機嫌をうまく窺い、気分
猫の気持ち

猫がお風呂嫌いにならない目からうろこの方法とは

猫がお風呂やシャンプーが嫌いなことは昔からよく知られていますね。猫の祖先であるアフリカ出身のリビアヤマネコが水嫌いでしたので、その性格を受け継いだものと考えられています。また、そもそも猫は綺麗好きな生き物ですので、「お風呂に入れなくても良いのでは」と思われることが多いです。 とはいえ、長毛種や外出すること
猫の飼い方

猫アレルギー症状が出てしまったらやってほしい改善法

やっと念願叶って猫を飼いはじめたと思ったら、いつの間にかアレルギー症状らしきものが出て来てしまって困った、というケースは、よくあります。事前に猫アレルギーだとわかっていたなら、飼うのを諦めるという手段もありますが、飼ってしまってからの猫アレルギー症状は本当に困りもの。既に家族の一員として迎え入れている猫を追い出
猫の飼い方

猫の風邪を甘く見てこじらせないでほしい7つのこと

猫の風邪は、放っておいてこじらせると大変な病気だということをご存知でしょうか。人間と同じく、ただの風邪だと思って甘く見ていると、悪化して思わぬ事態になることだってあり得るのです。この猫の風邪は、確かに軽いものなら通院させずに放っておいても治る場合がありますが、子猫だったり、元々病弱な猫の場合は、命に係る危険性も
猫の飼い方

猫の目やにに注意するべき5つの事とは

実は甘く見てはいけない、猫の目やに。健康な猫でも出てしまうものではありますが、その目やにの状態によっては、病気が隠れていることもあります。猫の目やには、常に出ているのが当たり前の老廃物のようなもの。ですが、だからこそ目やにから来る病気のサインを見逃してしまいがちになることもあるのです。猫から異常のある目やにが出