爬虫類をペットにする人の性格や恋愛観は?関係を深めるコツ

爬虫類をペットにする人の性格や恋愛観は?関係を深めるコツ

あなたの好きな人が、爬虫類をペットにしていたらどう思うでしょうか。人の好みは様々ですし、もしあなたも爬虫類をペットにしているのであれば、同じ話で盛り上がることができるかもしれません。そうでなければ、爬虫類をペットにしていると知った時点で少し驚いてしまうのが一般的。

しかし、爬虫類をペットにしている人だから好きではなくなった…ということはないはず。むしろ、さらに興味がわいたり、個性豊かな人だと感じることも多いのではないでしょうか。ここでは「爬虫類をペットにする人の性格や恋愛観は?関係を深めるコツ」と題して、爬虫類をペットにする人と仲良くなるための方法をお届けします。ぜひ、好きな人との関係を深めるために役立ててください。



 


爬虫類をペットにする人の性格や恋愛観は?
関係を深めるコツ

 


マイルールあり!自分の価値観を押し付けられることを嫌います


犬や猫といった万人受けする動物ではなく、爬虫類をペットにする人の多くは自分の世界をきっちり持っている人が多いよう。世間の価値観や、一般的にはという言葉を嫌います。つまり、恋愛に関しても自分の意思を尊重してくれるような人を選びがち。男性であっても、女性であっても、束縛はNG!愛し合う関係というよりも、理解者を求めていると考えたほうがよいでしょう。

価値観の違いでぶつかったときも、まずは相手の意見を聞きましょう。何もかもYESと受け入れる必要はありませんが、「なるほど。そういう考え方もあるんだ」と一度納得した上で、自分の意見を話すとスムーズに相手も受け入れてくれる可能性が高まります。押し付け、強要は爬虫類をペットにしている人がもっとも嫌う行為だと覚えておいてください。

 


自分からコミュニケーションをとるのが苦手!でも、強引に距離を詰めないこと


爬虫類をペットにする人は、人とのコミュニケーションをとるのが苦手な傾向にあります。爬虫類以外の動物もペットにしているという場合は、この限りではありませんがペットが爬虫類オンリーという場合は、この傾向が強まります。

人と接するのがキライというわけではないけれど、距離感がよくわからないというタイプも多いもの。しかし、ぐいぐいと距離を詰めて来られることも嫌います。まずは、相手のペースにあわせてあげましょう。そうすることで「いい人」「やさしい人」という印象を抱いてもらえるはず。恋愛に持っていくのは、その第一段階をクリアしてからです。

 


一見心を開かないように見えても、信頼している場合も。長期戦で!


出会って時間が経っているのに、まだ敬語で話す。爬虫類をペットにしている人でなければ、自分のことが好きではないのかな?と思っても仕方ないことですが、爬虫類を飼っている人にとってはこれはごく普通のこと。

外から見ている分には、わからなくてもじわじわと心を開いているのです。そもそも、苦手な人、嫌っている人と時間を割いて出かけようとはしませんから、言葉のニュアンスよりもあなたと会っているときの相手の表情や雰囲気を大切にしてください。

 


爬虫類の世界に興味を持つことで、関係を深めやすくなります


爬虫類をペットにしている人は、他の人と少し違うことをコンプレックスに感じている場合と、逆に誇らしく思っている場合の2パターンに分かれます。しかし、どちらにしても自分が好きな爬虫類の世界に関心を持ってくれる人には、仲間意識が芽生えるもの。

大切なことは無理にしったかぶりをすることではなく、相手の話をよく聞くこと。たとえ、普段は口下手な人だとしても、自分の大切な爬虫類のペットのことであれば、いろいろ詳しく教えてくれるはず。爬虫類が好きというわけではないけれど、あなたが話す爬虫類のペットのことなら知りたいという気持ちで話を聞きましょう。そうされて、いやな気持ちになる人などいません。

 


ベタベタと甘えることはされるのもするのも苦手。強要しないようにしましょう


爬虫類をペットにする人の多くは、クールで真面目なタイプが多いもの。感情を表に出すことが少ないため、愛情表現もわかりにくく、一見物足りないと感じるかもしれません。特に片思いの段階では、好かれているのかどうか判断しにくい場合も。

しかし、どれだけ相手のことを好きになってもベタベタと甘えたり甘えられたりという関係を好まないというのも爬虫類をペットにする人の特徴。特に、人前でベタベタするようなカップルにはなりたくないと感じています。もしあなたが甘えたり甘えられたりする関係=愛情という価値観を持っているのであれば、それを相手に押し付けるのはやめましょう。爬虫類をペットにしている人が好むのは、お互いが自立しながら時に助け合える。そんな関係です。

 

いかがでしたか。ここでは「爬虫類をペットにする人の性格や恋愛観は?関係を深めるコツ」として、爬虫類をペットにしている人の特徴を詳しくお伝えしました。おそらく、爬虫類をペットにしているから好きになったのではなく、好きになった人が爬虫類をペットにしている人だったという場合が多いのではないでしょうか。犬や猫なら、写真を見せられても「かわいいね」と言いやすいけれど、爬虫類の場合は好き嫌いも大きく分かれるもの。

しかし何より大切なことは、あなたが爬虫類を無理に好きになるのではなく、爬虫類をペットにするほど爬虫類が好きな相手の行動を尊重すること。ただそれだけ。おそらく、相手も爬虫類をペットにすることが万人受けすることだとは思っていないはず。つまり、受け入れてもらえるかどうか、気持ちが揺れている状態といえます。その状態から信頼してもらうことができれば、一気に関係を深めることができるでしょう。ただし焦りは禁物、まずは相手の話を聞くことで、少しずつ関係を深めてください。

 


今日のまとめ


爬虫類をペットにする人の性格や恋愛観は?関係を深めるコツ

・マイルールあり!自分の価値観を押し付けられることを嫌います
・自分からコミュニケーションをとるのが苦手!でも、強引に距離を詰めないこと
・一見心を開かないように見えても、信頼している場合も。長期戦で!
・爬虫類の世界に興味を持つことで、関係を深めやすくなります
・ベタベタと甘えることはされるのもするのも苦手。強要しないようにしましょう