猫の飼い方

猫の飼い方

マンチカンと生活するためにやっておきたいこと

マンチカンといえば足の短い猫、この短い足でちょこちょこと歩く姿に、魅力を感じる人はたくさんいますよね。猫を飼うならマンチカンと、心に決めている人も多いかもしれません。 マンチカンを飼いたい、と思っているあなた、ちょっと待ってください。マンチカンと生活するための準備は整っていますか。 マンチカ
猫の飼い方

猫を飼いたい人がまず知っておくべき5つの基本

今は空前の猫ブーム。猫を見かけたあなたも、猫を飼いたいと思ったことが一度はありますよね。しなやかな体格に、手触りの良い毛皮、くりくりとした大きな丸い瞳に、鳴き声まで可愛らしい猫は本当に可愛らしいですよね。 猫の性格は大概自由きままですが、飼い主さんにとても甘えん坊で、ついキュンとときめいてしまう些細な仕草まで
猫の飼い方

老猫と一緒に暮らす時の7つの配慮

猫は人間より早く、一年に4歳程のスピードでをとると言われています。猫が7歳になるときには、もう老猫と感じられるくらい、あなたの愛猫からは体の衰えを頻繁に感じてくることになるでしょう。 一般的に猫の寿命は12年とされていて、長くて20年ぐらい生きた記録のある老猫もいます。 産まれたての仔猫のときから一緒の方でも、途
猫の飼い方

マンチカンの性格を知って上手に接する3つの方法

マンチカンといえば最近とても人気のある猫種です。マンチカンの愛嬌のある姿や可愛らしい動作には『癒し』を感じるという人もとても多いですよね。 そのルックスから『短足ちゃん』や『小人』なんてよばれるほどその種の特徴である短い手足の猫マンチカンは見るからにおっとりしていてのんびり屋さんという印象ですが実際にはそ
猫の飼い方

猫のダイエットを成功させるペットフードの与え方

ぽてぽてと太った猫は可愛いですよね。しかしダイエットをせずに太った体型のまたでいると、猫の体には大きな負担が掛かってきてしまいます。しかし「元気だから大丈夫だ」と、そのまま基礎体重以上の状態で猫にダイエットをさせないままでいると、病気にもなりやすく、最終的には取り返しのつかないことになってしまう…なんて恐ろしい
猫の飼い方

猫のしつけはやればできる!その方法と準備

犬のしつけという言葉はよく聞いても、猫のしつけという言葉はあまり聞きませんよね。猫は、犬にくらべて、しつけにくいというのは本当のようです。これは、犬と猫の歴史の違いからくるものです。 犬は、人間と共に共同で仕事をしてきました。人間と共に野山を走り、狩りをする。犬は、人間と作業がしやすいように、長い時間をか
猫の飼い方

猫の鳴き声の意味を知って楽しむ7つの会話術

最近の猫ブームで、猫の関心が高まってきましたよね。猫の鳴き声を聞き分けて、うちの猫が何て言っているか知りたいという人も、どんどん増えていることでしょう。けれども、間違ってはいけないのは、猫の言葉は、鳴き声だけではないということなのです。猫は、耳や尻尾、毛や、体勢などでも気持ちを表現しますし、尿などに残す匂いなど
猫の飼い方

子猫を拾ったら☆まず初めにやるべきこと

道端にかわいい子猫が震えていたら、それはもう猫好きでなくても放ってはおけませんよね。でも、子猫を拾ったとしても、飼育経験が無い人の場合はまず何をすれば良いのかわからなくなってしまうこともあります。子猫を拾う状況は突然やって来ますから、パニックになることもあるでしょう。 子猫用のフードを買う?それとも病院に
猫の種類

メインクーンの性格とペットにするときの注意点

メインクーンは猫好きなら誰でも知ってる猫ちゃんですよね。長毛種の猫、メインクーンの性格とペットにするときの注意点というと、どんなことがあるのでしょうか。ここではそんな疑問を解決する為、様々なメインクーンについて性格や注意点をお伝えします。 アメリカ原産で世界的に人気が高く、世界で二番目に人気の高いブリード
猫の飼い方

可愛い猫に育て上げるための7つのしつけ

いつの時代も、人々のアイドルであり続けるのはやはり可愛い猫ですよね。ふわふわで手触りの良い毛並みに、しなやかな身のこなし。そして大きな瞳で此方を見つめながら「にゃあ」と可愛らしく鳴く声に、自分にじゃれて甘えついてくる姿は、ほんとうに可愛らしくて、誰をも虜にしてしまう魅力を持っています。 しかし、いくら可愛
猫の飼い方

猫ちゃんが猫パンチするときの心理状態とは?

猫の仕草で最も印象的なのは、やはり『猫パンチ』ですよね。猫はこの猫パンチを頻繁に見せてくれます。飼い主、仲間の猫、自分と違う動物、あるいはよくわからない物にまで、様々なものに猫パンチをよくヒットさせています。ところでこの猫パンチ、これは一体猫ちゃんにとってどういった心境のときにしてくるのでしょう。 色々な場面
猫の飼い方

猫のしつけがうまくいかない理由。その5つの間違い

猫のしつけは、犬をしつけるよりも難しいと言われています。それは、そのマイペースな性格や、人に従順でない猫本来の性質からそう思われるのでしょう。ですが、実際はそうではありません。ちゃんと考えて行えば、猫のしつけはそう難しいことではないのです。猫のしつけに失敗したと嘆いているあなたは、間違ったしつけ方法をしてはいま
猫の飼い方

猫を留守番させたときに困ったこと、7つの経験談

猫を飼っている人にとって、考えるべき点が多いのが留守番問題。特に、一人暮らしの人や、家族に面倒を見てもらえない人にとっては、猫だけを家に残して留守番させる事態は避けて通れません。 元々猫はマイペースな動物と言われ、常に飼い主が近くにいなくても問題無いと言われていますが、住環境によっては、トラブルの種になり
猫の飼い方

老猫を飼うなら知っておきたい厳しい真実

子猫のうちから飼っていても、猫は人間よりも遥かに速いスピードで年老い、老猫になります。この老猫を飼育するにあたり、どれだけ大変なことが待っているか、皆さんはご存知でしょうか。 猫という小さな生き物も、人間と同じく「老い」によって身体は弱り、病気をしやすくなり、そして誰かの手を借りなければ生活が不自由になっ
猫の飼い方

猫に留守番してもらうときに準備しておくべきこと

猫を飼っていても、普通の暮らしをしていれば、長時間外出する用事は避けられませんよね。でも、猫のお留守番って、一体どんな準備が必要なのでしょうか。危険なものを置かないとか、餌や水の管理などはパッと思いつきますが、それ以外は一体どうすれば良いのでしょう。 猫に留守番させること自体が初めてで、何をどう準備すれば
猫の飼い方

猫の年齢を知るときにしっておくべき基本事項

猫を飼っていると「お宅の猫ちゃんの猫の年齢は?」ってよく聞かれますが「○年目です」と答えるものの実際には人間に換算した歳もお伝えした方が実感湧くんじゃないのかな~と思って後から反省することも多いものです。猫はいつまでも可愛くてもうすぐ我が家に来て10年になる人間でいったら結構ご高齢の子に対してもつい子供に接する
猫の飼い方

ベンガル猫まるわかり!性格・特徴、賢い飼い方

今、人気を集めているベンガル猫。愛くるしいというよりは、野性味あふれる雰囲気が好きな人から好評です。そんなベンガル猫ですが、ビジュアル以外のことをよく知らないという人も多いもの。 ベンガル猫の外見にひとめぼれ!でも性格や特徴、飼い方がよくわからないという人のために、今回は「ベンガル猫まるわかり!性格・特徴
猫の飼い方

子猫の育て方★知らなかった子猫のあるある

あなたは子猫の育て方を知っていますか。同じ猫であっても、成猫と子猫では育て方は全く異なるもの。大変な面もありますが、かわいい子猫の時期を実際に自分の手で育てる幸せは何者にも変えがたい!という声も。手がかかる子ほどかわいいというのは、子猫にもあてはまるようです。 ここでは「子猫の育て方★知らなかった子猫のあ
猫の飼い方

野良猫を保護したらまず行ってほしいこと5つ

やせ細って震えている野良猫を見かけたら、猫好きなら放ってはおけませんよね。そんな野良猫を保護しようと思い立ったら、まず何をすれば良いか、知っていますか。 ただその場で餌をあげたり、何の準備もせずに連れ帰るだけではいけません。野良猫を保護するにあたり、注意したいことや、必ず行うべきことがたくさんあります。野
猫の飼い方

猫を飼う前に十分考えるべき、飼いやすい環境の整え方

最近では、犬を飼っている人よりも猫を飼っている人の方が人数が上回って、猫ブーム到来と言われていますよね。この最近の猫ブーム私にとっては非常にうれしいものです!しかし犬に比べて、散歩の心配をしなくてすむから、気軽に猫を飼う人が多いのでしょうが、ちょっと待って下さい。もちろん、猫には散歩は必要がなくて、その分、犬よ
猫の飼い方

猫が発情期の際に知っておきたい5つの対処法

悩ましい鳴き声と共にやって来る、猫の発情期。この時期は、生き物として大切な時期とは言え、落ち着きが無くなったり、鳴き声が近所迷惑にならないかと心配になってしまいますよね。 そんな、猫の発情期には、飼い主はただ時が過ぎ去るのを待つしかない……と、我慢している人も、少なくないことと思います。でも、必ずしも、我
猫の飼い方

猫の特徴から年齢を割り出す方法と失敗しない育て方

保護した猫や、人から譲り受けた猫などは、正確な年齢がわからないことが多いですよね。でも、育てる身としては、出自がどこであれ、飼い猫の年齢は把握しておきたいものです。成長度や年齢ごとのなりやすい病気の目安になりますし、寿命という観点から、あとどれくらい一緒にいられるかを逆算することもできます。 猫の年齢を割
猫の飼い方

猫の里親になりたい人が注意したい6つのこと

「猫の里親になりたい」と希望する人は最近急増しています。確かに、猫をペットショップから買ってくるのではなく保護猫などを引き取るのであれば、さほどお金をかけずに猫を家族に迎え入れることが可能です。同時に元々捨てられていた猫ちゃんを幸せにしてあげるという動物保護的な意味合いもあります。 しかし、ペットショップ
猫の飼い方

猫の里親探しをするときにやっておきたい前準備

「猫の里親探しをする機会なんてそうないんじゃないか」と思っていても、そのチャンスは意外にも身近に転がっていることがあります。お家や職場の近くなどで子猫が弱々しく鳴いており、どうしても保護しなければならないと感じることはなかなか多いものです。しかもその日は突然やってきます・・・。 その猫を自分で保護して飼う
猫の種類

猫がかわいいのは当たり前!猫好きさんが激白するその理由

猫ってかわいい!近年世間は空前の『猫ブーム』が来てますからそんな声を聞く場面もとても多くなっています。しかしながら周囲を見渡してみると『犬派』『猫派』『その他の動物派』『動物嫌い』と大きく分けることが出来ますよね。そして初対面の方にそれを聞いてみるとなんとなくその人の性格なんかも掴めたりします。 では何故
猫の飼い方

猫の寿命は何歳?ペットとより長く過ごしたいときの対応策

猫を我が家のペットとして迎え入れる時ほとんどの飼い主さんはその新しい家族『猫の寿命』について考える瞬間があるはずです。一日でも長く一緒にいたい・・・でもどうしたって平均寿命を考えれば猫よりは人の方が長いものです。いつかは飼い主さんが見送ってあげなければいけないそんな時がやってくるのが普通です。そんなことを想像す
猫の種類

ノルウェージャンフォレストキャットの性格と育て方

あなたはノルウェージャンフォレストキャットが好きですか?様々な種類の猫が存在する中でも、独特の雰囲気を持つノルウェージャンフォレストキャット。それもそのはず、ノルウェージャンフォレストキャットにはノルウェーの神話にも登場しているという説も! 正式な品種として認められたのは、1993年ですから、そう歴史は長
ペットの飼い方について☆

猫を飼うことに決めたら・まず用意しておきたい10のもの

猫を飼うことになり...我が家に猫がやって来る!!浮足立つ気持ちを抑え、何気なくペットショップに寄ってみれば、そこには溢れんばかりの猫グッズ!物量もさることながら、品ぞろえのバリエーションには圧倒されますよね。 思わず手に取ってしまうような可愛いおもちゃやら、電車ではちょっと持ち帰るのがはばかられるような
猫の気持ち

猫の鳴き声☆意味がよくわかるチェックポイント

猫と暮らしている皆さんは、猫が使ういくつかの鳴き声についてはよくご存じですよね。個体によってそれぞれ微妙に違いはあるものの、猫の鳴き声にはどの個体にも共通したルールのようなものがあり、猫同士では当然のことですが、私たち人間にも同じように語りかけてきます。 猫の鳴き声で大変よく知られているのが春や秋の夜更け
猫の気持ち

猫の鳴き声から気持ちやサインを読み取る、その意味とは?

猫は鳴き声で飼い主さんに何かを伝えているといわれていますが、どのくらい理解できているでしょうか。長年一緒に生活していると、猫の鳴き声としぐさで気持ちがわかってくるといいますが、実際難しいものですよね。 猫は飼い主さんと言葉を使って話すことができないので鳴き声やしぐさで気持ちを伝えようとする動物です。猫の鳴
ペットの飼い方について☆

シャルトリュー情報☆飼い方や性格・特徴などまめ知識

「微笑みの猫」と呼ばれるシャルトリュー。ブルーのコート姿はなんとも優雅でおしゃれな猫といった印象ですよね。そしてその美しい姿からもファンが多い品種でもありますので、飼ってみたいと思っている人は多いのではないでしょうか。 シャルトリューはとても飼いやすく穏やかな性格をしているため、ペットにするのに大変おすす
ペットの飼い方について☆

猫アレルギーでも猫を飼えるかも?アレルゲンを抑える方法 

猫アレルギーは辛いですよね。猫が可愛くて大好きでも抱っこしたり触れたりすると目が赤くなったり、くしゃみが止まらなくなったり。 自分は猫アレルギーだからと猫を飼うことを諦めてはいませんか。そんなあなたに朗報、猫アレルギーでも猫を飼えるかもしれません。アレルゲンを抑えながら猫を飼うことが出来る方法があるという
ペットにまつわる知識

猫アレルギーの症状と原因・それでも飼いたい人の対策法

空前のペットブームとなっている現在、ペットを飼育している家庭は3割を超え、特に猫の人気が高まっています。しかしそれに伴い、猫アレルギーに悩まされる方も増加しています。猫を飼い始めてから、目のかゆみやくしゃみ・鼻水、喘息といった花粉症に似た症状が出たり、アトピー性皮膚炎を発症したり、ひどい時には呼吸困難になること