しろいねこが飼いたいあなたにおすすめの7種

しろいねこが飼いたいあなたにおすすめの7種

「しろいねこ」と思わず呆然と呟いてしまうほどの高貴な存在、白猫。その美しく輝く白い毛並みにはただただ圧倒されるばかり、「神の使いか」、「神話の世界からやって来たのでは」という錯覚さえ抱いてしまいますよね。

それなのに、しろいねこには「気位が高い」、「気まぐれで、なかなか撫でさせてくれない」というイメージがあります。神経質でいろいろと干渉をいやがる白猫ちゃんは確かに多いらしく、「まさに猫」といった印象。でも、この猫らしい性格と美しい毛並みこそがしろいねこちゃんの唯一無事の魅力でもあるのです。

では、しろいねこにはどんな種類があるのでしょうか。どんな品種ならしろいねこちゃんをゲットすることができるのか?白猫がいる猫の種類7種をご紹介します♪



 


しろいねこが飼いたい
あなたにおすすめの7種

 


ペルシャ猫


「しろいねこ」と聞いて真っ先に思い浮かぶのはペルシャ猫ではないでしょうか。高級猫の象徴的な猫でもあるペルシャ猫、しかも白猫となるとゴージャスなイメージがいっぱいです。

思わずため息が出るほど美しい毛並みが特徴的ですが、真ん丸な目とちょっと上を向いた鼻もとってもキュート。全体的には可愛らしいイメージなのにツンツンした態度をとるところもたまりません。

 


ノルウェージャンフォレストキャット


ノルウェージャンフォレストキャットと言えば、ノルウェー原産の長毛種猫として知られています。ふわふわの毛並みと大き目の体格のせいか、神々しいイメージがありますよね。実際、ノルウェーの古代神話にはノルウェージャンフォレストキャットが登場するようです。

ただでさえ伝説上の生き物のような神秘的なオーラをまとうノルウェージャンフォレストキャットが「しろいねこ」になったらどうでしょうか。毎日神様のお使いと一緒に暮らしているような気分になってしまいそうです。

 


メインクーン


ペルシャ、ノルウェージャンフォレストキャットと同様に長毛種の猫の代名詞的な存在であるメインクーン。猫としては非常に大型で、耳にミミズクのような飾りがついているのがポイントです。

ノルウェージャンフォレストキャットと同じように、大型長毛種であるメインクーンのしろいねこバージョンもただただ神秘的です。それでいてとても頭が良く性格も穏やか、甘えるのも上手ですので、猫好きにはたまらないでしょう。

 


スコティッシュフォールド


血統書つきのしろいねことなると長毛種ばかりが頭に浮かびますが、実は短毛種の猫にも白い毛並みを持つ子がいます。有名どころは耳折れがチャームポイントのスコティッシュフォールドです。

ノルウェージャンフォレストキャットやメインクーンのようないわゆる「ゴージャスさ」には欠けるものの、スコティッシュフォールドらしい丸っこい体格や顔、あどけない顔立ちの愛嬌には抵抗できません。しかもスコティッシュフォールドの白猫はまるで雪だるまのようで、見ているだけで癒されます。

 


雑種


「しろいねこ」が何であるかを決めているのは毛の色であり、品種ではありません。そのため、雑種の猫ちゃんの中にもしろいねこは実は見られているのです。

雑種とはいえ白く輝く毛並みから放たれる高貴なオーラは脱帽もの。ペットショップなどでは入手が困難ですが、里親募集サイトや譲渡会などでは見られるかもしれません。

 


ブルーアイ


血統書つき・雑種を問わずに見られる「しろいねこ」。真っ白な毛並みには思わず惚れ惚れとしてしまうものの、しろいねこの魅力はそれだけではありません。なんと、青い目を持つしろいねこが存在しているのです。

ただでさえ神秘的なオーラを持つしろいねこの目が青色だったら、神々し過ぎて人間の方からひれ伏してしまいそう。長毛種ならまさに神獣のような雰囲気に、短毛種の子ならちょっと不思議で可愛らしい感じになりそうですね。

 


オッドアイ


片方が青色、もう一方が茶色または金色といった具合で両方の目の色が異なるオッドアイ。主に白猫に見られる特徴です。猫でありながらも宝石箱のような雰囲気に圧倒されてしまう人はとても多い様子。

猫の種類としては非常に珍しいですが、血統書つき・雑種の両方に見られる特徴です。ペットショップや譲渡会などを根気よく探していくと見つかる可能性があるかもしれません。

 

しろいねこでおすすめの猫の種類、いかがでしたか。

さすがはしろいねこ、ペルシャ猫、ノルウェージャンフォレストキャット、メインクーンなど長毛種になると非常にゴージャスです。ペットでありながらも格別な美を日々提供してくれることでしょう。それぞれで性格が異なるのも興味深いところです。

また、スコティッシュフォールドなど短毛種の白猫もとってもキュート。耳折れや丸めの体型が特徴的なスコティッシュフォールドの白猫には雪だるまのような愛嬌があります。

さらに、しろいねこは雑種猫の中にも発見することが可能。雑種とはいえ高貴な印象は格別ですし、宝石を思わせるようなブルーアイ、オッドアイを持つ猫ちゃんも少なくありません。ぜひ、お気に入りのしろいねこちゃんを発見してくださいね☆

 


■まとめ■


「しろいねこ」でおすすめな猫の種類7つを一挙公開!

・しろいねこと言えばペルシャ猫
・白いノルウェージャンフォレストキャットは神秘的
・大型長毛種のメインクーンの白猫もゴージャス!
・雪だるまのようなスコティッシュフォールド
・雑種の白猫もおすすめ
・しろいねこならではのブルーアイが美しい!
・きらりと輝くオッドアイにくぎ付けに