猫の気持ち

ペットにまつわる知識

ねこのきもちを上手に知って、仲良く暮らす5つの術

ねこのきもちを知って猫ともっともっと仲良くなりましょう。ねこは平均して2歳児くらいの知能を持つといわれています。2歳児は単語だけの会話ですらすらと言葉は出てきませんが、喜んだり、悲しんだり、怒ったり、嫉妬したり単語を使って表現することはできます。ねこは言葉を発することはありません。でも、声の違いでヒトと意思の疎
猫の気持ち

ねこのきもちを理解する為に、知っておきたいこととは

ねこのきもちを理解する為に大事なことは、仲良くなりたいねこについてあなたなりの考え方をもつことです。ねこはもっとも身近に触れることのできるフレンドリーな動物です。ねこを飼う機会をお持ちの方は、ねこがいかに人間のよき友であるか、よくご存知ですよね。 でも、初めての相手に対しては、ねこはなかなか打ち解けてくれ
猫の気持ち

猫の年齢がわからないときの確かめ方、その7つのポイント

=猫の愛くるしい姿を見て、家で飼ってみたいと家族で考えている方も多いですよね。猫を家に迎える時に、ペットショップやブリーダーから迎える場合は誕生日がはっきりしています。他にも動物愛護センターや保健所や猫の里親探しをしている動物病院から迎える場合もあり、そういう時は猫の年齢がわからないことがよくあります。 猫の
猫の気持ち

猫の気持ちを理解して愛猫と仲良く暮らす7つのコツ

言葉を話さない猫の気持ちを人間が理解するのは、簡単なことではありません。ですが、ペットと言えども大切な家族ですから、意思の疎通が無くては、一緒に暮らしていてもお互い何も楽しくありません。では、猫の気持ちを知るためには、どうすれば良いのでしょうか。今日明日にすぐ以心伝心の関係になるというわけではありませんが、猫の
猫の気持ち

猫の血尿はストレスが原因?その7つの理由

猫が血尿を出す原因はさまざまです。おしっこ自体に血が混じっているものだったり、赤血球の色素だけが尿に溶けだしたものだったり、一言で血尿と言っても、色々な症状があります。この猫の血尿、ストレスによって発生するという説があります。でも、食欲不振や血便のように、ストレスから即症状が出るようなことって、あるのでしょうか
猫の気持ち

猫が食欲不振にならないようにするリラックス法

猫は、些細なことで食欲不振に陥る動物だということをご存知でしょうか。病気、ケガなどによって食欲が無くなる場合もありますが、それよりも多いのは、緊張状態が続くことによる食欲不振、つまりストレスです。猫はストレスを感じやすい生き物のため、知らない人が訪問したり、いつもと家具の配置が変わったという程度でも、精神的にダ
猫の気持ち

猫の年齢や性格によって変えたい接し方まとめ

猫の年齢や性格は飼い方にも大きく影響してきます。とても愛らしくペットとしては最高の動物である猫ですが、自分の希望ばかり押し付けた間違った接し方をすると素晴らしい相棒になるどころか嫌われてしまうこともあるので、注意が必要です。 そこで、猫の年齢ごと、性格ごとの接し方について大体のところを知っておかなければな
猫の気持ち

猫もマッサージが好きな理由とその方法を7つご紹介

猫ってマッサージされるのは好きだと思いますか?人間同様猫だって疲れはします。あまり周囲の事は気にしないし何があっても動じない様に見える猫でも実際は神経質でちょっとしたことで緊張するのです。そんな時の猫の体はコチコチにこりかたまってしまっているのです。普段の何気ない動きもよくよく見てみると人には絶対に真似出来ない
猫の気持ち

猫をお風呂に入れるときに知っておきたい7つのこと

猫を飼っている方の中で『我が家では定期的に猫をお風呂に入れる』とおっしゃる飼い主さんはどのくらいいらっしゃるでしょうか?我が家には4匹の猫が暮らしておりますがお風呂に入れるのは夏場中心で汚れ・抜け毛・匂いが気になるなど必要に応じて・・・の形が基本です。確かに様々な情報をピックアップしてみても『短毛猫にお風呂は必
猫の気持ち

猫をマッサージするといいことたくさんな理由

飼い主さんにとって猫の健康状態ってとても重要な事ですよね。人の場合リラックスが一番!と足しげくマッサージに通う方も少なくは無いですよね。では猫にとってマッサージって必要だと思いますか?ほとんどの人になにかしらの効果はあるのだから猫にとってもマッサージすればなにか良い影響はあるのかなあ…なんてちょっと気になったり
猫の気持ち

youtubeに猫動画をアップする時に気をつけたい4つの注意点

今や世界中の人々が見ていると言っても過言ではないyoutube。そんなyoutubeに愛猫の動画をUPしたい!自分の猫の可愛い姿を世界中の人に見て欲しい!と考えたことがある人も多いのではないでしょうか。 また、折角youtubeに猫動画をアップするのであれば、やはり多くの人に見て欲しいと思うもの。動画のア
猫の気持ち

猫をずっと抱っこしていたい人へ、上手な抱き方教えます☆

ふわふわ、あったかくて愛らしい猫ちゃんを、できることならずっと抱っこしていたいですよね。でも、うちの猫はどうしても抱っこが嫌いな性格みたい……と、諦めてはいませんか?それは、猫の性格ではなく、あなたの抱き方の問題かもしれません。猫の抱っこは、簡単なようでコツが必要です。そして、抱く前に猫の機嫌をうまく窺い、気分
猫の気持ち

猫がお風呂嫌いにならない目からうろこの方法とは

猫がお風呂やシャンプーが嫌いなことは昔からよく知られていますね。猫の祖先であるアフリカ出身のリビアヤマネコが水嫌いでしたので、その性格を受け継いだものと考えられています。また、そもそも猫は綺麗好きな生き物ですので、「お風呂に入れなくても良いのでは」と思われることが多いです。 とはいえ、長毛種や外出すること
猫の気持ち

猫を抱っこするときに気を付けたい5つのコト

うちの猫おとなしく抱っこさせてくれない!!そう、このように嫌がるようなら、過去に間違った抱っこをして、嫌な思いをさせたのかもしれません。猫は、過去に受けた嫌な思い出をいつまでも忘れません。ですから、猫を最初に抱っこする時は、嫌がられないように気を付けてあげる必要があるのです。猫はしなやかな身体をしていますが、そ
猫の気持ち

猫の気持ちを知りたいあなたへのアドバイス

言葉が通じなくても、いつも猫の気持ちを理解していたいと思うのは、猫を愛する飼い主なら当然のこと。人間同士で気持ちを通じ合わせるように、猫とも分かり合いたいですよね。でも、猫の気持ちというものは、どんなところに表れるのでしょうか。鳴き声なのか、仕草なのか、それとも毛並みなのか……、どこを観察していれば、猫の気持ち
猫の気持ち

猫の寿命を延ばすためにやってあげたい5つのこと

猫の寿命は約10年から15年程度と言われていましたが、ペットとして飼われている猫の中には、20年経っても元気に過ごしている猫も少なくありません。それはやはり大切に飼われている証。出来るだけ長生きして欲しい、愛猫の寿命を延ばしてあげたい、そう願う飼い主さんも多いことでしょう。 でも、ただ闇雲に猫の寿命を延ば
猫の気持ち

猫を多頭飼いする時に気を付けたい7つの事とは

猫の多頭飼いは、猫好きな人にとってはまさにパラダイスです。ただでさえ愛らしい猫ちゃんが一緒に遊んだりお昼寝したり、お互いの毛づくろいをしたりする姿を見られるなんて、可愛らしさに悶絶してしまいそうですよね。愛する猫ちゃんにお友だちを作ってあげたいという気持ちもあります。 でもご察しの通り、猫の多頭飼いは思い
猫の気持ち

猫の飼育、飼ってる人が口を揃える困った行動とその対応策

猫の飼育にはさまざまな難しい問題があります。猫が好きで飼いたいと思っていても、そういった問題にどう対処したらよいのかわからないと感じたり、猫を飼うことをあきらめたりする人は少なくありません。また、実際に猫を飼っている人でも猫の飼育の仕方で困ったことがある人は大勢います。 でも、そうした問題点にも必ず解決策
猫の気持ち

猫の出産が非常に感動的である5つの美談

猫を飼っている人の中で、出産に立ち会ったことがある人はいませんか?現在では去勢や避妊手術をするのが一般的のため、猫を飼っていても、そんな場面に居合わせたことが無い人も少なくないでしょう。しかし、色々な苦しみを乗り越え、新しい命が産まれる瞬間は、それはもう感動的です。また、猫の場合は、出産で苦しんでいる間だけでは
猫の気持ち

猫も口内炎ができる?悪化すると危険な7つの病気

猫にも口内炎ってできるのか。以前我が家の猫も特に体調を崩してる訳でも無いはずなのに食事を嫌がった事がありました。あの食いしん坊さんがほとんどフードを口にしない・・・。食事を口にしないのですからだんだん体力も落ちて元気も無くなる。さすがに心配になりいつも与えるドライフードを水でふやかして柔らかくして食べさせたらや
猫の気持ち

猫の出産に立ち会う時の手順と介助方法

一般的に『ペット』と呼ばれる動物を家族として我が家に迎え入れ飼育していれば飼い主さんは繁殖・出産について一度は考えなければいけません。特に猫の出産についてはとても重要です。なぜなら猫ちゃんは専用ケージに入れて飼う小動物や常にリードやハーネスでお散歩する犬とは違い『完全家飼い』というケース以外は自由気ままに生活す
猫の気持ち

猫も糖尿病にかかる?症状や原因・治療法など7つの知識

猫って糖尿病になるのですか?そんな疑問をもつ方も多いですよね。そもそも猫は人間と同じように生活習慣や生まれもった体質的な理由で病気になるのか?また、果たして症状も人間に現れる物と同じなのか?そして、治療はできるのか?完全治癒できるのか?と疑問は果てしなく湧いてきますよね。大切な我が家の一員である猫ちゃんの万が一
猫の気持ち

猫アレルギーを克服するために試してほしい生活改善法

猫アレルギーの人にとっては、いくらかわいい猫でも、自分を痛めつける敵となってしまいます。ですが、そんな猫アレルギーを克服できる方法があることを、ご存知でしょうか。アレルギー症状には個人差がありますが、そう重症でない場合は、生活改善を行うことで、症状が軽減されることがあります。それも、高価な薬を飲んだり病院通いを
猫の気持ち

猫が吐くときの心配ないものと病気の違いとは?

猫は、とにかく吐く動物です。それは、人間の嘔吐のように病気によるものとは限らず、些細なことで吐いてしまうのです。その中でも毛玉を吐き出したり、猫草を吐き出す行動は、むしろ無いといけない行動とも言えます。ですから、猫を長く飼っている人にとっては、猫が吐くことなんて日常茶飯事で何の気にも留めていないかもしれません。
ペットの飼い方について☆

猫を多頭飼いにするなら試してほしいハートケア

一匹では寂しいかなという理由で、猫の多頭飼いを始めるのは、よくあることです。ですが、良かれと思って始めたのに、結果的に、猫たちにストレスを与えることになる場合も。猫は神経質な生き物ですから、例え猫同士であっても、他者の存在を受け入れるには時間がかかります。それを押して猫に不慣れな環境を強いると、体調を崩したり、
猫の気持ち

猫が咳をしたときに知っておくべき基本の知識

我が家の猫ちゃんがくしゃみや咳をしたら当然の事ながら飼い主さんは心配しますよね。風邪をひいたのか?毛玉を吐きたいのか?なにか誤飲誤食してしまったのか?そんな時に慌てず騒がず冷静に正しい対処をするためには『猫の咳』に対する正しい基礎知識をもっていなければいけません。 それと同時に正しい対応の基本を知っている事が
猫グッズ

猫に服を着せる時に気を付けたいポイントとは

現在、猫用の様々な服が販売されています。可愛いタイプから、かっこいいタイプ、またハロウィンやクリスマス、お祭りなど季節に合わせたイベントタイプの服まで種類も様々。猫の服とは思えないほどの、そのバリエーションに自分の猫にはどの服を着せようかと悩んでしまうという飼い主さんも多いはず。 可愛い愛猫に可愛い服を着
ペット用品にまつわる豆知識☆

猫の散歩がしたい人におすすめのハーネスとは

猫には散歩がいらないと思われていますが、実はペットの猫にも犬と同じような散歩の習慣が必要不可欠です。もともとイヌ科の動物と同じように狩猟動物ですので、一定の運動量を与えなければストレスがたまってしまいます。結果、機嫌や体調が悪くなることも珍しくありません。 とはいえ、猫とは自由気ままに生きる生き物。リード
猫の気持ち

猫が腎不全にならないように気を付けたい5つの食生活

人間だけでなく、猫も腎不全を発症します。この言葉にドキッとした方もいるのではないでしょうか。いつまでも長生きして欲しいと望む愛猫。でも、可愛いから欲しがるからと自由に餌をあげてはいませんか。子猫や若い間は特に問題がなかったとしても、老齢になってからの猫が多く発症する病気が、猫の腎不全です。 老齢の猫にとっ
猫の気持ち

猫の血便が出たときに注意するべき4つのポイント

「猫の血便は、健康の危険信号」、そんな言葉を聞いたことはありますか。猫は、病気になっても、具合が悪くても、人間のように言葉で伝えることができません。その為、飼い主さんは常に猫の状態に気を配っておく必要があります。 そして、様々な変化の中で、特に気をつけなければいけないのは猫が血便を出したときです。元々、健
猫の気持ち

猫の年齢は人間にするとどのくらい?寿命までの見分け方

猫の年齢は人間と違ってすぐ大人の成猫になってしまうので、寿命が人間の年齢より凝縮されていると聞いたことがありますよね。猫の年齢は一年間で大人の成猫に成長してしまうので、子猫の時期はあっという間なんです。だからこそこの一瞬がかわいいんですよね。 生まれて間もない子猫は手のひらサイズなのに、数か月後のは見違え
猫の気持ち

猫が糖尿病にかかったときに気をつけるべき食事管理

人間だけではなく、猫にもかかる糖尿病。人間の糖尿病は、食事や生活などによって起こる生活習慣病として知られていますが、猫の場合はどうなのでしょうか。また、猫の糖尿病は、飼い主がしてやるべきことが多い病気。そのためには、何が原因で、どんな症状の病気なのかを知っておく必要があります。そして、それだけではなく、大切なの
猫の気持ち

意外に知られていない黒猫とボンベイネコの7つ違い

小さなクロヒョウのイメージを持ち、猫愛好家にも高い人気がある「黒猫」「ボンベイネコ」。そんな「黒猫」「ボンベイネコ」には、迷信も多々存在し、欧米では古くから不吉の象徴とされ敬遠されていたという事はよく知られていますが、イギリスの一部では幸運の象徴として、また、日本では魔よけや厄除け、商売繁盛の象徴などと「黒猫」