猫の鳴き声を徹底解剖してみました

猫の鳴き声を徹底解剖してみました

猫の鳴き声をじっくり観察すると、ただ単調に「にゃーん」と泣いているだけではないことに気付きますよね。「アオーン」と長く鳴いたり、「シャーッ」と凄んでくるような鳴き声を出したりなど、猫の鳴き声にはたくさんのバリエーションがありますが、その違いがどんな意味を表すのか理解することは、言語の違う人間には難しいもの。

ですが、猫だって大事な家族の一員ですから、何を訴えているのか、何を思っているのかを理解したくなるのは自然なことです。猫と長く生活している人なら、何となく飼っている猫が何を主張しているのかわかるようになりますが、猫と暮らすのは初めてで、しかも暮らし始めたばかりという人なら、意思の疎通は難しいですよね。

今回は、そんな猫の鳴き声からわかる猫の気持ちについてお伝えします。



 


猫の鳴き声を徹底解剖してみました

 


「アオーン」と鳴くのは相手の注意を引きたいとき


猫は、相手の注意を引きたいとき、「アオーーーン」と長く低い鳴き声を上げます。これは、相手が人の場合にも出しますし、発情期に異性の猫に対しても発するものです。

異性の猫に対してはもちろん相手の気を引くための自己アピールですが、人間に対しての場合は、外に出たいからドアを開けて欲しいとか、お腹がすいたからご飯を出してほしいなどが多いようです。また、オス同士がケンカする前も、こんな鳴き声で相手に呼びかけます。

人間の言葉に置き換えると、「ねえ、君」とか、「ちょっと、そこの人」とか、「おい、コラ!」などに該当します。

 


「ニャアニャア」と繰り返し鳴くときは、不満を訴えている


細かく何度もニャアニャアと猫が鳴き声を上げるときは、不満の訴えだったり、何かの催促をしているときです。例えば餌の時間になってもまだ何も用意されていなかったり、自分の邪魔になるものなどをよけて欲しいときなどに聞かれますね。

また、多頭飼いしている場合は、自分以外の猫ばかりを可愛がると、自分も可愛がってくれと言わんばかりにこんな鳴き声を上げることもあります。

人の言葉で言うと、「早くして!」とか、「邪魔だよ!」とか、「私のこともちゃんと見てよ!」などですね。

 


「ウウー」「シャーッ」などは、相手を威嚇している


猫同士でケンカになる前などに、こんな鳴き声が聞かれますよね。これは、強い警戒や緊張によって出る声で、その心理の奥には、強い恐怖心が隠れていることも。

こんな鳴き声を上げている猫には、なるべく近づかない方が安全です。このときは猫自身がパニックを起こしていることが多いので、下手に接触すると、攻撃されたりおかしな方向へ逃げられたりする可能性があるからです。

猫は繊細な動物のため、ちょっとでも身の危険を感じると、このようなパニック状態に陥り、敵対するものを威嚇してしまうのです。

 


「ニャ」「ウニャ」などの短い鳴き声は、返事を返している


猫を呼ぶと、短く「ニャ」と返してくれることはありませんか?これは、猫が飼い主に呼びかけられていることをちゃんと理解していて、返事をしてくれている鳴き声なのです。また、猫同士でも、このような鳴き声を出すことがあります。これは、他の猫に対する挨拶のようなものだと考えられています。

人間の言葉なら、「うん」とか、「ハイ」とか、相槌のようなものが一番近いようですね。猫の鳴き声にも、人同士の会話のような意味を持つものがあるとは驚きですね。

 


「ゴロゴロ」と喉を鳴らすときは、リラックスしているとき


猫は機嫌が良いときにゴロゴロと喉を鳴らす、ということは、普段猫を飼っていない人でもよく知っていることでしょう。このゴロゴロとした声は、機嫌が良いだけではなく、リラックスして脱力しているようなときに出されるものです。

例えばご飯を食べて満腹のとき、心地よい寝床でくつろいでいるときなどによく聞かれますね。このゴロゴロという音には驚くべき癒し効果があると言われており、人間が聴き続けても骨折の治りが速くなる効果があるのだとか。

このゴロゴロ音は、ストレスを和らげる効果もあると考えられていて、この音を聴くことができるスマホアプリなども存在するようです。

 

いかがでしたか。猫の鳴き声とその意味、そして豆知識などについてご説明しました。このように、猫の鳴き声には様々な感情が含まれていますが、どの猫も等しく鳴き声によって感情表現をするわけではありません。

やはり、猫の性格にも個体差があり、自己アピールが激しい猫から、クールで何事にも動じない猫まで様々存在します。

つまり、おしゃべりな人と無口な人がいるのと同じく、猫にもよく鳴く子と鳴かない子がいるということですね。ですから、「うちの猫はあまり鳴かないけれど大丈夫かな?」と、心配する必要は無いのです。

あなたも一度、飼っている猫の鳴き声や様子を観察して、どのような性格なのかをじっくり分析してみてはいかがでしょうか。

 


まとめ


猫の鳴き声の意味は

・「アオーン」と鳴くのは相手の注意を引きたいとき
・「ニャアニャア」と繰り返し鳴くときは、不満を訴えている
・「ウウー」「シャーッ」などは、相手を威嚇している
・「ニャ」「ウニャ」などの短い鳴き声は、返事を返している
・「ゴロゴロ」と喉を鳴らすときは、リラックスしているとき