子猫を拾ったら☆備えておきたい5つの環境

子猫を拾う前に備えておきたい5つの環境

小さくて弱々しい子猫を見れば、だれしもきっと子猫を拾いたくなりますよね。子猫は誰かに会うまできっととても不安な状態だったでしょうし、小さな子猫一匹の力だけでは、これからとても生き伸びていくことはできません。なので一度子猫を拾った以上、小さくても尊い命を守っていく義務があなたにはあるのです。

空前のペットブームから、猫を安易な気持ちから飼い、安易な気持ちで捨ててしまう人が、今とても増えてきています。捨てられた猫が避妊をしていない、育児放棄をしてしまうと、そんな悲しい子猫が更に増えていってしまい、深刻な問題となっています。

そこで今回は、そんな問題を防ぐことも含め、子猫を拾ったことで、子猫を守り、飼うためにどんなことをしてあげればいいのかを、5つのポイントにまとめて説明します。



 


子猫を拾ったら☆備えておきたい
5つの環境

 


子猫の状態を見る


まずはじめに、拾った子猫の体を観察してみましょう。怪我はしていないか、病気はしていないか、動きや鳴き声に違和感はないかなど、気をつけて見て下さい。元気そうで問題がなさそうならいいのですが、明らかにおかしいと感じたり、一刻を争うような状態であるなら、すぐに病院に連絡して連れて行きましょう。

 


病院に連れて行く


とりあえず、拾った子猫ははじめは必ず一度、キャリーバッグや籠などに入れて病院へ連れて行き、検査を必ず受ける必要があります。見えない病気や怪我をしていたり、様々な種類の菌を持っていたり、ノミやダニがいる可能性があるからです。

一緒に拾った子猫と暮らすためにも、拾った子猫の飼い主さんを見つけるためにも、安心して家に連れて帰れるよう、専門の獣医さんと子猫についてよく相談しておくといいでしょう。

 


野良猫か調べる


拾った子猫が雑種の場合は、野良猫である場合が多いですが、よく見たことのある有名な種類の猫であったり、立派な血統書がついてそうな猫である場合、首輪がついている場合は、飼い主さんのお家から逃げ出してしまったことが考えられます。

今ペットショップなどで販売されている猫には、マイクロチップが体に埋め込まれていることがほとんどなので、病院などで検査し、飼い主を探し当てることができます。

 


子猫を飼うために必要なもの


拾った子猫がまだ哺乳期の場合、人工乳や牛乳は与えず、猫用のミルクを与えることになります。与え方などは専門の獣医さんに教えてもらい、その子猫に合った量を与えるようにしましょう。目が開いて、歩いたりできるくらいの子猫なら、餌皿にカリカリのフードタイプをふやかしてあげるか、ウェットタイプの柔らかい餌を与えるようにしましょう。

また、猫用のトイレも必要になります。猫は砂の上で用を足す習性があるので、砂のタイプのトイレなら、しつけをしなくてもそこで用を足してくれることが多いので、しつけはあまりいりません。爪とぎもないと、家の中のカーテンや床や柱をボロボロにされてしまうので、必須です。

そしてまだ拾った子猫が歩き出したばかりくらいであったのなら、できるだけ広いケージの中で飼うと家の中での怪我や、誤飲誤食予防に安心です。柔らかいタオルなどを敷いて寝床を作ってあげると安心してくれるでしょう。

 


子猫を飼うための心構え


一度拾った子猫は、体が病気で不自由であったとしても、子猫の命は大切なひとつの命であり、子猫にはあなたしか頼れるひとがいないので、責任を持ってあなたが世話をしてあげて下さい。安易な気持ちで捨てた悪い前の飼い主のように、安易な気持ちで拾い育てようという考えは絶対にいけません。

ほかの飼い主を探すことはまだしも、保健所に連れて行くことは、また子猫を捨てることとあまり変わりませんからお勧めはできません。自分で拾って巡り合った子猫は運命なので、きちんと自分で責任を持ち、生涯育てていくという心構えを持ちましょう。

 

いかがでしたか。拾った子猫を飼うには、はじめは様々なリスクが掛かります。しかし、ただ飼いたいから飼うというわけではなく、この猫を守りたいという気持ちで、あなたは子猫を拾い、お世話をする覚悟を持ったのでしょう。その拾ったきっかけや気持ちを忘れずに、この記事がひとつの手助けになれたら嬉しいです。

拾われた子猫も、きっと辛い経験があって捨てられてしまった可哀想な猫ちゃんです。そんな子猫の気持ちに寄り添えるよう、なるべくはじめはしつこくしないで、そっとやさしく見守ってあげられるようにしましょう。今は不安だらけで、ひとを警戒してしまうのは当たり前ですが、いつか必ずあなたに心を開いてくれる時がくるはずですので、あたたかく広い心で、子猫の力になってあげて下さいね。

 


まとめ


拾った子猫を飼うには…

・子猫の体の状態をよく観察する
・まずはじめに病院に連れて行き、検査を受ける
・拾った子猫がほんとうに野良猫であるか調べる
・子猫に適切な餌や、トイレ、ケージなどを用意する
・一度拾った子猫は責任を持ち、生涯大切に育てる