猫の鳴き声から気持ちやサインを読み取る、その意味とは?

猫の鳴き声から気持ちやサインを読み取る、その意味とは?

猫は鳴き声で飼い主さんに何かを伝えているといわれていますが、どのくらい理解できているでしょうか。長年一緒に生活していると、猫の鳴き声としぐさで気持ちがわかってくるといいますが、実際難しいものですよね。

猫は飼い主さんと言葉を使って話すことができないので鳴き声やしぐさで気持ちを伝えようとする動物です。猫の鳴き声はよく聞いてみるとその時によってもトーンやしぐさで意味がちがうので、知っておくと猫とのコミュニケーションもスムーズになってますます生活が楽しくなるでしょう。

ほとんどの猫の行動と鳴き方には共通で意味があるといわれているんです。そこで今回は、猫の鳴き声は飼い主さんになにを伝えたがっているのか、その意味をお届けします。



 

猫の鳴き声から気持ちや
サインを読み取る、その意味とは?

 

猫の「ニャー」という鳴き声はお願い事のサイン


猫の鳴き声で「ニャー」とはっきり飼い主さんに向かって意思表示しているような鳴き方は要求するときの猫の鳴き声です。例えば目の前の閉まっている扉を開けてほしいときや、ごはんの時間など・・・。

このときの猫の鳴き声の特徴はいつもより甲高く、繰り返し鳴き続けるでしょう。猫が要求していることが叶うまで飼い主さんに鳴き続けて気持ちを伝えようとします。それでも伝わらないときはスリスリ体をこすりつけてみたり、甘えたくてゴロゴロしてみたりと猫に関心が向くようなしぐさもします。

このような猫の鳴き声が聞こえたら猫の気持ちに応えてあげましょう。猫に話しかけてみるとその言葉に反応して教えてくれることもありますのでお試しください。決まった時間に「ニャー」と鳴き声がする場合など、なんとなく飼い主さんも猫の行動でなにがしてほしいのかがわかるようになります。

 

猫の短く小さく鳴く鳴き声「ニャン」は満足しているサイン


猫の鳴き声でも小さく返事をしているような「ニャン」という鳴き声を聞いたことがあるでしょう。この「ニャン」という猫の鳴き声は心が満たされているときの鳴き声です。猫の名前を呼んであげたときやたくさん撫でてあげたときなど、猫とのコミュニケーションが上手くいっているときに聞くことが多い鳴き声になります。

さらに短い「ニャッ」という一瞬の鳴き声の時は飼い主さんや飼い主さんの親しい来客や家族にあいさつをすることもあります。猫が鳴き声でちゃんとあいさつをしてくれるなんて、こんなにうれしいことはありません。猫の鳴き声で会話ができてしまいそうですね。

たまに猫が喜んでいるからとずっと撫でていたりブラッシングをして「ミャー」という鳴き声を聞き逃しをしてしまうと引っかかれたりすることがありますので気を付けてくださいね。「ミャー」と低く鳴くときは「もうやめて」という合図になっていますので聞き間違いのないように注意しましょう。

 

猫が威嚇する鳴き声「シャー」「フーッ」は背中を丸めて敵意をむき出しのサイン


猫が突然「フーッ」や「シャー」という鳴き声をしているときは相手を威嚇しているときのサインです。猫にとって初めて会う人がいたり、緊張した状態になると威嚇する鳴き声をします。そのときの猫の様子が背中を丸めて毛を逆立てている場合は、極度の緊張状態になっていますので、あまり刺激を与えないようにしなければいけません。

猫は基本的に臆病な性格の持ち主です。環境が変わったり、自分の縄張りに知らない人間や動物が入ってきたということは、猫にとっては一大事になります。体を張って威嚇する気持ちもわかりますよね。このような鳴き声が聞こえたときは、そっと猫を見守りましょう。「ウゥー」と低い鳴き声を発したときは猫がさらに怒っているサインです。猫がとても不快に思っていることがあるので、気を付けてあげましょう。

 

猫の「ギャッ」という鳴き声は驚いたときのサイン


猫の鳴き声で「ギャッ」というときはそのままの感情で、驚いたときのサインになります。猫もこのようにびっくりすることがあるんですね。しっぽを踏まれたときや大きな音にびっくりしたときなど、思わずびっくりしたときに猫も鳴き声が出てしまうというお茶目な一面を持っています。

猫の立場になったらタダゴトではありません。びっくりさせないように気にかけてあげてくださいね。猫を驚かしびくびくさせてしまっては、猫も飼い主さんに警戒してしまいます。小さいお子さんがいる家庭などはとくに猫のしっぽやひげをひっぱったりさせないように気を配ってあげると猫も安心します。猫の鳴き声でも比較的あまり聞くことがない鳴き声ですので、もしこの鳴き声を聞いた直後は猫に安心感を与えてあげましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

猫の鳴き声は、16種類もあるといわれています。しかし細かい鳴き声なので聞き分けにくく実際にわかりやすい猫の鳴き声はここでお伝えした通りです。飼い主さんによってはもっと猫の鳴き声を聞き分けられる方もいるでしょう。猫の鳴き声でいろいろなことを飼い主さんに投げかけてくれています。

猫によっては、しっかりと飼い主さんと会話になるような鳴き声ができることも・・・。猫とのコミュニケーションをしっかりとることで信頼関係をより濃いものにし、猫の鳴き声でなにを求めているのかを瞬時に理解してあげられる関係を目指しましょう。猫も飼い主さんの気持ちを察してくれる日も近くなり、また家族としての絆も深くなり理想の関係にどんどん近づいていくでしょう。

 

まとめ

猫の鳴き声は飼い主さんに気持ちを伝えるサインです

・猫の鳴き声「ニャー」は飼い主さんにお願い事があるときに鳴くサインです
・猫の鳴き声「ニャン」は嬉しいときや満足しているときのサインです
・猫の鳴き声「シャー」「フーッ」は威嚇しているときのサインですので注意が必要です
・猫の鳴き声「ギャッ」はしっぽを踏まれたときなどの驚いたときのサインです