猫の便秘が病気を招くその理由とは

猫の便秘が病気を招くその理由とは

思いのほか厄介なのが、猫の便秘というものです。いつもトイレで頑張っている姿は見かけるけれど、その割にはウンチが無い、もしくは少ないと思ったら、その猫は便秘に苦しんでいる可能性大です。これは放っておくと、思わぬ病気の原因となるのです。人間も、食生活やストレス、運動不足などで便秘になり、放っておくと体調を崩す原因になりますよね。猫も同じで、便秘は絶対に避けたいもので、たかが便秘と言わずに、なるべく早めに対処する必要があるのです。

もし、猫の便秘を放っておいたら、どんな病気になるか知っているでしょうか。それは、手遅れになると手術が必要になるような、とても大変なものです。今回は、猫の便秘から来る病気と、便秘の原因や解消法についてお伝えします。



 


猫の便秘が病気を招く
その理由とは

 

 


猫の便秘によって生じる病気とは


猫の便秘を放っておくと、「巨大結腸症」という病気になります。この病気は、何かしらの原因によって便秘が慢性化し、お腹にたくさんのウンチが溜まってしまい、直腸の手前にある結腸が巨大化してしまう病気です。この病気になると、ウンチを出すための腸の蠕動運動がさらに衰え、ますますウンチをしづらくなってしまいます。このまままた放置してしまうと、食欲不振や吐き気なども起こります。そして、ウンチが詰まっているせいで、大腸に新たな消化物が送り込まれなくなり、水分を吸収できなくなります。

そのせいで、ひどい時には脱水症状になることもあるのです。脱水症状にまでなると、腎機能を始め、消化器以外への悪影響も生じるため、様々な病気の原因にもなり得ます。この巨大結腸症の治療としては、薬を飲んで便を軟らかくして出しやすくしたり、浣腸、そして指などでお尻側から便を取り除く処置がとられます。これらの治療でも良くならない場合、外科的手術で拡張してしまった結腸を除去することもあります。

 


猫の便秘予防のためにしたいこと


この巨大結腸症は、怪我などによる骨盤の異常、結腸の神経疾患などにより起こりますが、やはり一番多いのは便秘によるもの。猫の便秘は、飼い主の配慮によって十分防げますので、手術などが必要になる前に、便秘を解消してあげましょう。猫が便秘をする原因としては、食生活、水分不足、運動などの生活習慣、そしてストレスが挙げられます。まず、食生活と水分ですが、食物繊維の多いフードを与え、水分を十分に摂らせると、やわらかく滑りの良いウンチが出て、便秘しにくいです。もし、水をあまり飲みたがらない猫の場合は、ウエットタイプのフードを与えるなどして、ご飯と一緒に水分補給もできるようにしてあげましょう。

また、運動も大切な要素です。適度に身体を動かすことによって、腸に刺激が加わり、蠕動運動を促します。また、排泄行為は腹筋の力によるものですから、体力が無ければうまく出すことができなくなってしまうため、運動させて体力維持を図るのは、便秘予防のために必要なことです。猫は、ストレスによっても便秘になってしまうので、なるべくストレスの無い暮らしをさせ、トイレでもリラックスできるように、常にきれいにしておくようにしましょう。

 


生活習慣以外の理由で便秘になる場合


以上のことに気を付けていても、猫が便秘をしてしまう場合は、生活習慣以外の原因によるものかもしれません。まず、考えらえるのが毛球症という病気で、毛づくろいによって飲み込んだ毛玉が大腸に詰まり、ウンチをしづらくしている状態を言います。この場合は、毛玉を溶かす薬を与えて、毛玉を排泄させてやります。ですが、毛玉が溜まりすぎると腸の中で縄状に毛が繋がってしまい、肛門から出すのが困難になります。この場合は、開腹手術などして取り除く処置を取ります。

または、食べ物ではない異物を飲み込んでしまい、それが腸に流れ着いて便を詰まらせている状態も考えられます。猫が飲み込んでしまいやすいものとしては、ビニールや布、紙などの身の回り品から、ゴム製品やオモチャの破片などを飲み込んでしまうことも。これらは猫の消化器官では消化できないため、未消化のまま胃から腸へと進んでいくことになります。そして腸内のどこかに引っかかって、排泄に至らずウンチを詰まらせることになるのです。もし、食事や生活習慣をきちんとしても猫の便秘が続く場合は、病院で診てもらって、毛玉や異物の除去をしてもらいましょう。

 

いかがでしたでしょうか。猫の便秘による恐ろしい病気「巨大結腸症」と、便秘の原因や予防法についてのご説明でした。普段から気を付けていても、高齢猫になると筋力が衰え、便秘しやすくなります。また、トイレが汚いとか、トイレが気に入らないなどの理由で利用したがらなくなり、ウンチを我慢した結果、便秘になるということも。このように、猫には便秘しやすい要素がたくさんあるため、飼い主はトイレチェックを怠ることができないのです。

巨大結腸症自体が命を危ぶむわけではありませんが、その先に起こる脱水症状などのせいで起こりうる病気には、危険なものもたくさんあります。ですから、まずは猫が便秘しないように注意することから始めて、その先にある大きな病気から守ってあげましょう。

 


まとめ


猫の便秘が病気を招くその理由とは

・猫の便秘によって生じる病気とは、「巨大結腸症」である
・便秘予防のために気を付けたいのは、食生活、水分補給、運動、ストレス
・生活習慣以外の理由で便秘になる場合もある