猫にも歯磨きが必要な理由と正しいお手入れの仕方

猫にも歯磨きが必要な理由と正しいお手入れの仕方

「猫にも歯磨きが必要?」と思う人はとても多いでしょう。確かに、歯磨きというと非常に人間的な動作のようなイメージがあるため、猫など他の動物が歯磨きをしている・またはされているのを連想するのは少々難しいかもしれません。

しかし、猫、特に飼い猫にとって歯磨きは非常に大切な生活習慣です。それどころか、猫だからといって歯磨きを怠ると後になって深刻な病気や体調不良を引き起こしてしまうこともあります。

猫の歯磨きがなぜ必要なのか、そして嫌がる猫ちゃんに対しどのように歯磨きをすれば良いのかを解説しています。愛する猫ちゃんの健康を守りたい飼い主さんはぜひ参考にしてください。また、これから猫を飼いたいという人にとっても必見の内容です。



 


猫にも歯磨きが必要な理由と
正しいお手入れの仕方

 

 


猫の歯磨き、なぜ必要?


猫にとって歯磨きが必要な理由の中でも最大のものは「歯周病の予防」です。歯周病と言えば人間特有の病気のように思えますが、実は歯磨きをしていない猫にも発症することがあります。

 


歯周病とはどんな症状?


人間にとっても現代病の一つと考えられている歯周病。猫の歯周病も人間のそれと似たような特徴を見せています。

例えば、歯と歯の間に歯垢がたまったり歯石ができたりする、口臭がするといった症状は全て歯周病のものです。それは猫であっても変わりませんので、兆候に気づいたらすぐに歯周病を疑うようにしましょう。

猫の歯周病の大元の原因はウェットフードやドライフードといったキャットフードの常食です。とはいえ、野生の猫のような食生活をすすめるわけにはいきませんので、日ごろからの猫の歯磨きを徹底しなければなりません。

 


歯周病を放置するとどうなる?


歯周病の症状が出ているのにケアをせず放置していると、やがて猫ちゃんは食事中に歯に痛みを感じるようになります。結果として食欲が減退し、体力の消耗につながるのです。

体力が減退するとあらゆる深刻な病気にかかりやすくなります。そのため、猫の歯磨きは万病を防ぐための第一ステップと言っても過言ではないのです。

 


猫の歯磨きのコツ①:頻度


それでは、猫の歯磨きをどのように行っていくべきかを解説いたします。まず気を付けたいのは歯磨きを行う頻度です。万病へとつながる歯周病を予防するための大切な生活習慣ですので、できれば毎日歯磨きを行いたいところでしょう。しかしそれでは猫ちゃんがいやがったり飼い主さんにとっても負担になったりすることがありますよね。

そこで、最低でも3日に1回は歯磨きをするようにしてみましょう。これなら猫ちゃんにとってもストレスがたまらず、歯周病も効率的に防ぐことが可能です。もちろん、毎日歯磨きをしても構いません。

 


猫の歯磨きのコツ②:膝の上に載せてリラックスさせる


猫の歯磨きを上手に行うには猫をまずリラックスさせる必要があります。猫ちゃんが落ち着いて座っていられる飼い主さんの膝の上などに乗せてあげましょう。もちろん、猫ちゃんがきちんとリラックスできるのであれば膝の上以外の場所でも構いません。

 


猫の歯磨きのコツ③:猫に嫌がられない歯磨きのステップ


猫に歯磨きしようとすると怒られる・嫌がられるという場合には、歯磨きをする順番を考えてみましょう。まず、猫の口周りを触って落ち着かせてから歯磨きを始めます。その後猫の唇をやさしくめくって口を開けてあげてください。その後、猫が不快感を持たないように口の中に指を入れていきます。

このようにすれば、猫に気持ち悪がられずに口を開けることが可能です。上あごの左右にある奥歯などを特に丁寧に磨いてあげましょう。

 


猫の歯磨きのコツ④:やわらかい歯ブラシを用意する


歯磨きとはいえ、人間に使うような硬い歯ブラシを使うと猫ちゃんに嫌がられてしまいます。人間用の歯ブラシを使うのではなく、猫用のやわらかい歯ブラシを購入して使うのがコツです。

また、歯磨き粉にも猫用のものを用意してあげてください。最近では猫ちゃんが好む味のする歯磨き粉も多く出ているので使ってみましょう。獣医さんからもらった歯磨き粉や歯ブラシのセットを使っても構いません。

さらに、猫の歯磨き用のおやつを使うという手もあります。ハードタイプのものが多いため歯磨きには最適です。ただ、いちどできてしまった歯石を取り除くまでの力はないため、動物病院でケアをしてもらってから使うようにしましょう。

 

以上、猫の歯磨きを行う理由とそのコツです。

「たかが歯磨き」と侮っていると将来大変な病気を引き起こすことになるのは人間でも猫でも変わりません。歯周病から始まって歯石がたまりやすくなり、ついに食欲不振・体力の減退という恐ろしい結果を招くこともあるのです。

そんな事態を防ぐためにも、やはり猫の定期的な歯磨きは必要です。お気に入りの場所に座らせてリラックスさせ、口を開けるという動作に徐々に慣れさせながら歯磨きを行えば、猫ちゃんの方でも自然に受け入れてくれるようになります。

猫用のやわらかい歯ブラシや猫用の味つき歯磨き粉、歯磨き効果のあるおやつといったアイテムも便利ですので、愛する家族である猫ちゃんの健康を守るためにぜひ活用してみてください♪

 


■まとめ■


猫の歯磨きの理由と嫌がられずに行うコツとは?

・歯磨きで歯周病予防
・猫の歯周病とはどんな症状?
・歯周病を放置すると食欲減退・体力消耗に!
・歯磨きの頻度は毎日/3日に1回
・飼い主の膝に乗せてリラックスさせるのがコツ
・猫の口を徐々に開いていくのがポイント
・猫用歯磨きグッズを活用しよう