メインクーンの歴史から性格育て方まで一挙ご紹介☆

メインクーンの歴史から性格育て方まで一挙ご紹介☆

メインクーンの歴史から性格育て方まで一挙ご紹介☆

メインクーンそれは世界一大型と言われている猫種の一つです。 山猫のような風貌に反して、賢く、温厚で、人なつこい性格です。

原産はアメリカ。長毛でタイプとしてはロング&サブスタンシャルです。

メインクーンの特徴は、過酷な自然に鍛えられたがっしりとした体型と豊富な被毛です。オーバーコートはシルキーで防水効果があり、胸元にはライオンのたてがみに似た長い毛があります。

大きなオス猫では体重が10キロを超えることもあります。

そんな存在感たっぷりのメインクーンの歴史から性格育て方まで一挙ご紹介☆いたしましょう。



 


メインクーンの歴史から性格育て方まで
一挙ご紹介☆

 


出生のこと


メインクーンの出自ははっきりしていませんが、よくいわれるのは、17世紀、アメリカへの初期の移民と一緒に来たイングランドの猫や、メイン州の港に停泊中の船に乗っていたロシアあるいはスカンジナビアの長毛種の猫などが元になったのではないかということです。

ノルウェージャンフォレストキャットは、足など若干の違いはあるもののメインクーンそっくりな猫です。この猫種は、北欧の大型長毛土着猫が元猫になっています。

また、サイベリアンという、やはり似た猫がいて、こちらはロシアの大型長毛土着猫が元になっているそうです。これらの系統がメインクーンの元猫になったことは間違いないようです。

 


体の特徴のこと


メインクーンは、胸が幅広く、骨格筋肉ともにがっしりして筋肉は引き締まり、力強い感じがします。また、メインクーンは、寒さと雪におおわれた土地に対応できる姿形をしています。

メインクーンは、長毛の愛玩猫ではなく、厳しい寒さの土地で農家などに飼われていたセミロングの被毛の土着猫という感じです。

また耳から飾り毛が伸びているのところや、鳴き声がすごく甲高い綺麗な鳴き声なの が特徴です。

純血種の中ではもっとも大きい種類のネコで、虚勢されたオスは10~12kg程度の ネコも珍しくないようです。

脚はがっしりして足先も丸く大きく、胴体は非常に長く全体的に頑丈なイメージです。

ネコで身長の記録はメインクーンが持っており、鼻から尻 尾まで121.9センチでシカゴのレオくん。体重も15.8キロあります。しかし成長が遅く、体重が成猫の重さになるまで3~5年かかるそうです。

 


歴史のこと


メインクーンの名の由来は、メイン州のラクーン(アライグマ)との混血と言う伝説 から 生まれています。

大柄なネコであり、水遊びが好きで良く水を手でとる仕草もからもアライグマとの混 血と 言う伝説が生まれたのではないかとされてます。

元々は17世紀に移民してきた人が連れてきたイングランドのネコと、19世紀にメイン 州に貿易などで持ち込まれた ロシアあるいはスカンジナビアの長毛種のネコが混血化し、現地に適応し生まれたと されています。

1950年代には、ペルシャを始めとする長毛種に人気を奪われて「絶滅した」とまで言われました。しかしその後、熱心な愛好家たちの尽力により、1980年代に復活を遂げています。

 


性格のこと


メインクーンはとても聡明で意志が強い猫ですが、温和で物静かな性格の子が多いようです。とても人懐っこい猫ですが、過度にベタベタしてきたりはしません。一定の距離を保ちながら、さりげなく飼い主と一緒のお部屋にいるのがスキです。

性格は穏やかで、いつもリラックスしてのんびりと行動します。一般に男の子は甘えん坊。女の子は独立心旺盛で気取りやさん。

でも男の子も女の子も茶目っ気たっぷりでとってもかわいいです。飼い主と遊ぶのも大好きで、ボールを投げるとくわえて戻ってきて、「また投げて~!」なんて遊びをしたりします。犬みたいです。

メインクーンはその穏やかな気質から、他の猫種や子供、犬とも比較的仲良くやっていけるようです。多頭飼いに適した猫といえるでしょう。

 


育て方のこと


大人の[メインクーン]で1日15~16時間、赤ちゃん、年をとった時は20時間程寝ると言われています。

昼は昼寝を繰り返して、夜はぐっすりです。[メインクーン]は、昼寝以外は基本的に人間と同じようなリズムで生活しています。昼寝ばかりしているから怠けている!というわけではなく、そういう動物なのでそっとしておいてあげましょう。

[メインクーン]は一年中抜け毛をしています。夏前くらいには大量の抜け毛がおきます。
でもこれは病気でも何でもありません。そういう季節なのです。抜け毛は基本的に体に付着したままになっていてポロポロ落ちて家中に落っこちることになります。しかし、ブラッシングすればまとめてとることができます。

この時に、自分の抜け毛を飲み込んだり、口にためこんでしまい、毛玉をまとめて吐くことがあります。

吐くのはいいのですが、吐かないでこれがお腹にたまってしまい、食べ物が食べれなくなってしまう病気があります。そうならないように、予防としてブラッシングで毛をいつもとってあげるように心がけましょう。

 

いかがでしたか。とてもひとなつこく飼いやすい猫ちゃんです。体が大きいので存在感もたっぷり。時には犬のようにボールをとったりする一面もありますが、残念ながら犬ではありませんので、飼い主との主従関係の構築は難しいです。

遊ぶのが大好きなメインクーン。起きている時間が非常に短いので、できるだけ起きている時間は楽しく元気に遊んであげることをおすすめします。

あなたとメインクーンの生活がもっと楽しいものとなりますように。

 


まとめ


メインクーンの歴史から性格育て方まで一挙ご紹介☆

・出生のこと
・体の特徴のこと
・歴史のこと
・性格のこと
・育て方のこと