猫の寿命を延ばすためにやってあげたい5つのこと

猫の寿命を延ばすためにやってあげたい5つのこと

猫の寿命は約10年から15年程度と言われていましたが、ペットとして飼われている猫の中には、20年経っても元気に過ごしている猫も少なくありません。それはやはり大切に飼われている証。出来るだけ長生きして欲しい、愛猫の寿命を延ばしてあげたい、そう願う飼い主さんも多いことでしょう。

でも、ただ闇雲に猫の寿命を延ばしたいと様々な方法を行うことは、あまりおすすめしません。間違ったことをしてしまうと、猫の寿命を延ばすはずが結果的に猫の寿命を縮めてしまうことにもなりかねないからです。

ここでは、猫の寿命を延ばすためにやってあげたい5つのことについて解説します。ぜひ参考にして、あなたの愛猫が一日でも長く元気に長生きできるよう、役立ててください。



 


猫の寿命を延ばすために
やってあげたい5つのこと

 


食べ物に気をつけましょう


人間にとっても何を食べるかということが寿命を左右するように、猫の寿命を延ばしたいと思うのであれば、まずは食べ物から気をつけてあげてください。特に、人間が食べるものと同じものを与えることは絶対にNG。室内飼いをしていると、人間が食事をしているところにやってくるため、おねだりされてついつい…という光景を見かけますが、これは絶対にやめてください。

「おねだりする姿が可愛いから」「あげないとかわいそうだから」という理由は、猫には通用しません。人間が食べているものは、塩分や糖分が過剰に含まれていたり、保存料や着色料などが含まれていたりと猫が食べてよい成分ではないということをまずは頭に入れておきましょう。食事をきっかけに高血圧になってしまうこともありえます。愛猫の寿命を延ばしてあげたいと思うのであれば、人間と同じ食事を与えることはやめましょう。

 


ストレスを発散させてあげましょう


ストレスが過剰に溜まると、健康に悪影響を及ぼしてしまうのは人間も猫も同じこと。猫にとって眠っているときに起こされることは何よりのストレスですから、睡眠の邪魔をしないようにしましょう。また、嫌がっているのに無理に触ったり抱っこしたり、というのも禁物です。

その他、室内飼いの猫は、運動不足にもなりがちです。運動不足解消とストレス発散が同時に出来るように、室内にキャットタワーなど猫の遊び場をつくってあげるのも良いでしょう。本来、猫は犬と違って飼い主に従うという発想がない生き物です。無理に飼い主の都合に合わせずに自由にさせてあげましょう。それが結果的に、猫の寿命を延ばすことにつながります。

 


毎日健康チェックをしてあげましょう


猫の健康をチェックするための一番わかりやすい方法は、尿や便を見ること。普段と何か違うと思ったら、すぐに獣医さんに連れて行きましょう。猫の寿命を延ばすためには、日々心身を健康に保つための努力も大切ですが、病気の早期発見も大切です。

その他、普段はしないような行動をしている、えさを急に食べなくなったという場合も同様です。あまり神経質になりすぎる必要はありませんが、放任主義でいすぎるのは考え物。猫は言葉で体調不良を伝えることができない生き物ですから、その点をしっかり管理してあげてください。

 


肥満対策をしてあげましょう


猫にとっても肥満は大問題。特に、去勢や避妊手術が原因でホルモンバランスが崩れた上に、飼い猫で運動不足という状態がメタボな猫を生み出している現実があります。毎日の美味しい食事やあたたかい寝床を与えるのは、飼い主さんの義務でもありますがメタボから脱出させてあげることも、とても大切な役目。

そしてこちらも人間と同じく、太りすぎてしまうと良いことはありません。メタボ=猫の寿命も縮むということを頭の片隅に入れておいてください。寿命まで直結しなくても、やはり病気になる確率がアップします。

ですが、いきなり餌を減らしたり、眠っているところをたたき起こして運動させる…というのはNG。ストレスが溜まり、盗み食いをしてしまったり、空腹から暴れてしまうということも考えられます。市販のダイエットフードを与えたり、かかりつけの獣医さんに相談したりして、計画的なダイエットを考えましょう。

 


定期健診に連れていきましょう


猫の寿命を延ばすために欠かせないものといえば、やはり定期健診。毎日飼い主さんが愛猫の体調を見て、気遣うことも大切なことですが、内臓など表面に現れない病気もたくさんあります。また、猫が年をとるスピードはとても速いもの。猫にとっての1年は、人間で言う5歳にあたります。

飼い始めた頃は、自分より年下だった猫が今ではすっかり年上に…というのもよくあること。定期健診に連れて行き、その時の身体の状態をチェックすると同時に、その年齢に合った食事や運動のアドバイスも貰いましょう。

 

いかがでしたか。ここでは猫の寿命を延ばすためにやってあげたい5つのことについてお伝えしましたが、その内容はとてもシンプルだと気付かれた方も多いのではないでしょうか。食事や運動、肥満対策や定期健診は、人間の健康にもあてはまるものばかり。猫の寿命を延ばすためには特別なことが必要かもしれない、と肩肘はることなく、家族の一員のように接することで、愛猫の寿命もきっと延びていくはずです。

食べ物だけは、家族と同じというわけにはいきませんが、その他の部分は愛情を持ち毎日のケアを行うことで、きっと猫も長生きしてくれるはず。愛猫といつまでも幸せに暮らせるように、今回ご紹介した猫の寿命を延ばすための方法をぜひ実践してください。

 


今日のまとめ


猫の寿命を延ばすためにやってあげたい5つのこと

・食べ物に気をつけましょう
・ストレスを発散させてあげましょう
・毎日健康チェックをしてあげましょう
・肥満対策をしてあげましょう
・定期健診に連れていきましょう