ボンベイネコの飼い方で押さえておきたい7つの事項

ボンベイネコの飼い方で押さえておきたい7つの事項

「ボンベイネコ」と言えば、あの黒ヒョウのような漆黒の滑らかな被毛とゴールド(もしくはカッパー)の瞳が特徴の、とても美しい猫です。

しかしながら、そんなシャープなビジュアルの印象とはまったく違い、意外な事に、とても穏やかな性格で、飼い主さんとも、とても馴染みやすく、家族である子供達とも仲良くなれる品種だそうです。

そのような、ビジュアルと性格のギャップの面白さのお陰とでもいいますか、熱狂的ファンも多いという事です。

そんな魅力的な「ボンベイネコ」を家族として迎え入れるためには、どんなことに気を付けたらよいのか、考えてみましょう。



 


ボンベイネコの飼い方で
押さえておきたい7つの事項

 


運動が大好きな猫ちゃん


活発に体を動かすことが好きなタイプの猫です

セミコビータイプの、がっしりした体型で、骨格もしっかりしている風貌通り、筋肉質で動きも俊敏、まるで黒ヒョウ、そのものといったところも魅力です。実際に活発で、好奇心も強く運動好きです。

体力も十分ありますので、思いっきり運動できる広い空間、縦の運動ができる階段や「キャットタワー」を用意してあげれば、欲求を満たしてあげる事が出来るでしょう。

そして、高い所が好きなので、常にチェストの上などは整理しておく事が、大切です。また、ボールを投げて取って来ることを教えて、一緒に遊ぶ事も出来るそうです。たくさん遊んでコミュニケーションをとってあげましょう。

食欲も大変旺盛なタイプですので、食べた分は、きちんと運動をさせるなどの配慮をして、生活面にも十分注意を払い、健康を維持してあげましょう。栄養価の高い食事をバランスよく与える事が大切です。

 


ペットに最適な性格の猫ちゃん


賢くて甘え上手、順応性が高く穏やかな性格でペットに最適です.

性格は、優雅でクールな見た目とは逆で、実際は、明るく陽気な性格です。バーミーズ譲りの穏やかで、とても甘えん坊なところがあります。

人に抱かれたり、なでられたりするのも大好きで、順応性が高い事から、犬との共存も可能ですし、子供のいるご家庭でも安心でしょう。

また、賢くて活動的な一面もあります。リードをつけて散歩に行く、名前を呼べばやってくる、まるで犬の様な性格や知性の持ち主だと言われています。

猫というものは「気ままで自分勝手」という通説とは違い、「ボンベイネコ」は、人間と一緒に居るという行為も好み「ご主人さま、構って下さい」と言わんばかりに擦り寄って来ることも多いものです。

更に、家族のうち、一人だけに甘える訳ではなく、家族全員と触れ合うことを好む、可愛いタイプの猫だと言われています。

 


物静かな猫ちゃん


鳴き声が小さく温厚です。その為、鳴き声があまり気にならないので、猫飼育が初めての方でも飼いやすいと言えるでしょう。

鳴き声自体、とても小さいので、マンションなど集合住宅での飼育や、騒がしいといったご近所への迷惑を気にしている方にも適していると言えます。

 


お手入れは手間いらず


「ボンベイネコ」は、被毛が黒いだけではなく、鼻も目の際も肉球までも真っ黒です。

しかし、特徴である、あの見事な被毛も、生後すぐは色が薄かったり、アメリカンショートヘアのような縞模様が見られることもあるのです。また、目の色も被毛と同様に成長と共に変化していくそうです。

見た目が、あまりにも高級感や優美さを兼ね備えているので、さぞかし、日頃のケアも大変なのかなと思われる方もすくなくはないでしょう。

しかし、実際には、アンダーカバーが少ない短毛種なので、被毛の手入れはそれほど難しくはないのです。定期的なブラッシングやコーミングのみでかまいません。独特の美しい被毛を常に維持したいと思うのであれば、週に1度のブラッシングで艶やかなコートを保つことが可能なのです。

また、シャンプーも、一ヶ月に一回で十分です。

 


寝るのが大好きです


十分な睡眠時間を与えてあげましょう

「ボンベイネコ」に限らず、猫は寝るのが大好きな生き物です。特に、「ボンベイネコ」の場合、大人で1日15~16時間、赤ちゃんや老猫に至っては、20時間程、しっかり寝ると言われているそうです。

昼は昼寝、夜もきちんと睡眠をとるという生活リズムで活動しているのです。ですから、寝ている時間も大切な生活の一部なので、飼い主さんは遊びたい、構いたい気持ちをグッと堪えて、そっとしておいてあげて下さい。

 


好奇心旺盛で甘えん坊です


好奇心の強さと、甘えん坊の性格故のイタズラに注意しましょう。

「ボンベイネコ」は、穏やかである一方、好奇心も強い性格なので、多少のいたずらも仕方がありません。飼い主さんは、覚悟しておきましょう。

また、とても賢いので、飼い主さんが十分にかまってやらないと、注意を引く方法の一つとして、部屋を荒らしたり、散らかすなど、様々な手段を使って、興味関心をひこうとすることがある様です。

環境にも比較的上手く適応できる「ボンベイネコ」ですが、言い分や欲求はありますので、注意が必要です。

 


愛情いっぱいで育てよう


十分に愛情を注ぎ、幸せに暮らしましょう

平均寿命は14歳という事ですから、比較的健康的に優れた性質をもった猫と言えるでしょう。

家族の一員であるペットを長生きさせてあげる秘訣は、猫、個体そのものが生まれながらにして持っている生命力もありますが、やはり一番は、飼い主さんの愛情です。

愛されながら日々暮らす事こそ最も大切で、幸せな事ですから、惜しみない愛情を掛けてあげて下さい。

具体的に、注意したい病気は、皮膚疾患や尿路疾患です。
猫を病気から守るため、食事や健康面での管理、予防接種など、日々の注意が必要です。

 

いかがですか。あの精悍な顔立ちと輝く瞳。「漆黒の闇で怪しく光る目」インドの黒ヒョウを想像させる風貌が神秘的な「ボンベイネコ」、しかし、意外な事に、性格はとても甘えん坊で、人懐こく、大変賢い猫なのだという事が、おわかりになりましたか。

また、手間もかからず、大人しい「ボンベイネコ」は、この現代社会において、家族の一員として迎え入れるのに、これほど最適な品種は他にはいないと言っても過言ではないでしょう。

「ボンベイネコ」にとって快適な環境を整え、十分に愛情を注ぐ事が大切です。明るく元気な「ボンベイネコ」と日々、楽しく暮らしていきましょう。

 


まとめ


ボンベイネコの飼い方で押さえておきたい7つの事項

・運動が大好きな猫ちゃん
・ペットに最適な性格の猫ちゃん
・物静かな猫ちゃん
・お手入れは手間いらず
・寝るのが大好きです
・好奇心旺盛で甘えん坊です
・愛情いっぱいで育てよう