猫の下痢が止まらないときに試してほしい7つの対策

猫の下痢が止まらないときに試してほしい7つの対策

猫の下痢が続く時って、何が原因で、どうしてあげれば良いのでしょう。猫のウンチは大切な健康のバロメーターですから、異常があれば心配になってしまうのが、飼い主の親心です。しかもそれが一時的なものではなく、何日も続くとなれば、重い病気の疑いなども出てしまいます。また、下痢と言っても軟便程度のものから、水のようなものまで状態も様々。その様子を見分けて対処も考えなければならないため、気が休まらないこともあるでしょう。

そんな猫の下痢について、あなたは詳しい知識を持っていますか?間違った知識のもとでの対処法は、時に逆効果にもなり得ます。今回は、猫が下痢をした時、その中でも特に、病気などではないのに何日も続く場合の対策などについてお伝えします。



 


猫の下痢が止まらないときに
試してほしい7つの対策

 


猫の下痢が続く理由はたくさんある


猫は意外と下痢しやすく、食中毒や胃腸の異常による下痢の他、食べた物や環境の変化によっても下痢したりします。もし、下痢が長く続く場合は、病院に連れて行くことはもちろんですが、食事や住居環境などが原因となっている可能性があるので、そのあたりを改善してあげる必要があります。また、もしも猫の下痢を診てもらうために動物病院に連れて行く場合は、汚いと思うかもしれませんが、出したものを一緒に持って行って確認してもらうと、診断がつきやすいです。

 


水分不足にならないようにしよう


慢性的に下痢が出ているということは、ウンチと一緒に体内の水分が出続けているということです。そのため、そのまま放っておくと水分不足になり、脱水症状を引き起こしてしまう可能性も。そうならないために、下痢が続く猫には、水分をたくさん摂らせるようにして下さい。ただ、獣医師の判断によっては、水分制限を指示されることがあります。しかし、特別水分に関して何も言われなかった場合は、やはりたくさん摂らせるようにした方が良いでしょう。

 


食事の量を減らし、回数を増やそう


どんな下痢であれ、胃腸が正常に動いていないことには変わりありません。そんな弱った胃腸に負担をかけないために、一回の食事量を減らしてあげて下さい。そして、少なくした分、回数を増やして必要な栄養素を摂らせるようにするのです。こうすることで、一回に消化する分量が減り、胃腸の負担を軽減させることができます。猫は、食べ過ぎによっても下痢することがあるので、一回の量を減らせばそれだけで下痢が治まることもあります。

 


フードを変えよう


変なものや傷んだものを食べさせていないのに、食事のたびに下痢をするという場合、猫自身が持つ食物アレルギーという可能性があります。そんな時は、フードを変えてみましょう。これで下痢が治まれば、前のフードが猫の身体に合わなかったということです。また、食物アレルギーでなくても、繊細な猫なら新しい銘柄のフードに切り替えた時に下痢することがあります。こんな時は、前のフードと新しいフードを混ぜて与え、少しずつ新しいフードの割合を増やして慣らして行きましょう。

 


人間の食べ物を禁じよう


病気以外の原因で猫が下痢をする理由としては、猫用フード以外のものをうっかり与えてしまったということも考えられます。特に、手近にある人間の食べ物を、よく考えずに猫に食べさせたために下痢を引き起こすケースは多いようです。ネギ類やチョコレートなど、人間が食べても問題ないのに、猫にとっては毒物でしかない食品はたくさんあります。ですから、例え猫が欲しがったとしても、人間の食べ物を猫に与えるのは絶対にやめましょう。

 


薬が合っていない可能性がある


猫が下痢をし始める前から服用している薬のせいだということも考えられます。例えば、細菌感染症を治療するための抗生物質や、がん治療のための抗がん剤などは、腸内環境に影響を与え、軟便が出たり、下痢しやすくなることがあります。もし、薬を飲んでいる猫が、服用開始と同時に下痢するようになったとしたら、その薬を出してくれた獣医師に相談してみて下さい。効果は同じで、体質に合う別な薬に変更してもらえるかもしれません。

 


ブラッシングをしてあげよう


猫の下痢の意外な原因として挙げられるのが、毛玉が詰まって腸管にダメージを与えてしまうこと。これは、毛の生え変わり期に起きやすい症状で、対策としてはこまめにブラッシングして毛を落としてあげたり、猫草を用意して、毛玉を吐きだしやすくしてあげると良いでしょう。この毛玉による下痢はよくあることで、血便を伴うこともあります。ですが、毛が多い便をするので、様子の変化にはすぐに気付けるはずです。まずは、飲み込む毛の量を減らす工夫をしてあげて下さい。

 

いかがでしたか。猫の下痢の原因別に、飼い主が試してあげてほしい対策がこんなにもあるのです。こう見ると、猫には下痢をしやすい要素が山ほどあることがわかりますね。その一つ一つを潰していくのは、楽なことではありません。ですが、それぞれの対策を個別に見れば、どれも難しいことではないです。猫が長期間下痢をするようなら、思いつく可能性のものから順に、一つずつ対策してあげましょう。

人によっては、猫のトイレ掃除やウンチの始末が苦手という人もいるかもしれません。ですが、ウンチは猫の健康状態を顕著に表すものですから、目を伏せることはおすすめできません。排便は、食事と同じく毎日行うものですから、例え汚いものだとしても、しっかり様子を見張って、猫の健康管理をしてあげて下さいね。

 


まとめ


猫の下痢が止まらないときに試してほしい7つの対策とは

・猫の下痢が続く理由はたくさんある
・水分不足にならないようにしよう
・食事の量を減らし、回数を増やそう
・フードを変えよう
・人間の食べ物を禁じよう
・薬が合っていない可能性がある
・ブラッシングをしてあげよう