ラガマフィンの歴史から性格まで7つの視点で大解剖

ラガマフィンの歴史から性格まで7つの視点で大解剖
アメリカ出身の優しくて素直で人懐っこい、そしてよく遊びよく寝る!そんなかわいい性格の猫!それがラガマフィンです。

ラガマフィンと言えば、別品種のラグドールによく似た、タイプの猫ちゃんです。それらの違いは?と尋ねてもおそらく毛色のタイプの違いくらいなんじゃないかと認識している方も多いのではないでしょうか。

そんなラガマフィンとは、一体どんな猫ちゃんなのか、ラガマフィンの歴史から性格まで7つの視点で大解剖してみましょう。



 


ラガマフィンの歴史から性格まで
7つの視点で大解剖

 


1980年代に、アメリカで人為的に交配された猫ちゃんです


ラガマフィンの『歴史』は少し複雑です1994年に作られた猫ちゃんの品種がラガマフィンです。インアン・ベイカーがIRCAという独自組織を立ち上げて、ラグドールの繁殖・売買・名前の使用を独占しようと ラグドールを元にして、作りだしたのが起源です。

その後、1975年に一部のグループがIRCAから離脱し、ラグドールを開発し、1994年にIRCAの厳しい規約を嫌った第2のグループが独立し、ラガマフィンを開発したと言われています。

また、『ラガマフィン』という名前は当初、冗談で付けられたものだそうです。しかし、取り消し不能なためそのまま定着してしまったというエピソードもある様です。

当時、グループが5代に渡る近親交配を危惧し、長毛種であるペルシャ猫とヒマラヤン、また、その他異品種との掛け合わせを実行し、これによってラガマフィンはラグドールと区別されることになる訳です。

 


大柄でがっしりタイプの猫ちゃんです


ボディはロング&サブスタンシャルタイプです。ラグドールから派生した猫ちゃんのため、ラグドールと同様に、ボディーは長く、胸板が厚く、成猫では10キロに達する程の、とても大柄でがっしりした筋肉質の猫ちゃんです。

また、成長のスピードはゆっくりで、大人になるまでに3~4年かかる様です。体格同様、四肢もしっかりした骨格と肉付きがよく、前肢より後肢が長いのが特徴となっています。

 


シルキーな長毛が美しい猫ちゃんです


ラガマフィンの被毛は、とっても柔らかなダブルコートが特徴です。被毛は首のあたりで長くなり、手触りはシルキーで、まるでラビットファーのようだ、とも言われます。尾も豊かな被毛に覆われ、ボディーと同じぐらいの長さがあります。

ラグドールとの大きな違いは、色の規定がなく、毛色にパターンも無い事です。ソリッドもいればタビーもいて、ブラック&ホワイト、ブルーリンクスポイント、トーティシェルなど全ての毛色、また様々なカラーバリエーションが認められていることにあるでしょう。

ラガマフィンは、あの大きな身体にシルクのように柔らかな被毛をまとった、とても美しい猫と言えます。

 


全体的に丸みを帯びた印象で可愛らしい表情の猫ちゃんです


やや釣りあがった卵形の目で、やや離れ気味なのが特徴です。また、その瞳の色も実に自由で様々、被毛の色に準ずるといわれます。

耳は、中くらいの大きさの耳が、やや前方に傾いた状態で頭部に付いているという印象です。その頭部は、丸く幅広で、上から見るとV字型であると表現される形をしています。

口元、いわゆるマズルは、短く、丸みを帯びています。ウィスカーパッドと言われるヒゲの生えている根元部分のふくらみは、ふっくらと豊かなのが特徴です。

 


賢く好奇心旺盛、愛らしい性格の猫ちゃんです


見た目と同様、こちらも原種となったラグドールと似通っています。ラガマフィンの性格は至って優しく、頭も良く、よく遊び、よく寝ます。好奇心旺盛で、それは大人になっても変わらず、いつまでも愛らしい子ネコのような猫ちゃんです。

また、非常に素直で、かつ温厚、人懐っこくとても人間好きなタイプの猫ちゃんですから、ペットとしては申し分のない猫ちゃんでしょう。

抱きしめると『くた~』としてしまう仕草も魅力の一つと言えるでしょう。環境への適応能力はとても高く、馴染みやすいとされています。

その優しい性格から、のんびりと生活出来る『室内飼い』が推奨されています。また、鳴き声も、時折鳴く程度と考えて良いでしょう。

 


食事はしっかり、運動もたっぷりさせてあげましょう


ラガマフィンにとって望ましい生活環境としては、ラグドール同様、猫ちゃんの中でも特に大型種に位置づけられる猫ちゃんですから、当然、高カロリー高たんぱくの食事を与える必要があります。食事の量も比較的多い猫ちゃんと認識しておくべきでしょう。

また、運動もたっぷりさせてあげる必要があります。例えば、登り木やタンスなど、上下運動など充分にさせてあげられる環境づくりに配慮しましょう。

 


グルーミングは朝晩各1回してあげましょう


ラガマフィンのお手入れ法としは、あの見事な被毛を保つ為の朝晩1回づつのブラッシングとコーミング、丁寧なグルーミングが理想的と言えるでしょう。

 

いかがですか。ラガマフィンの歴史から性格まで7つの視点で大解剖してみてわかった事、それは、つまり、ラガマフィンとは、ラグドールとペルシャをもとに作りだされた新種の猫ちゃんだったということになります。

ですから、ラガマフィンの様々な特徴一つをとってみても、その歴史に由来し、ラガマフィンとラグドールは、性質や性格がとても類似しているというのは当然の事であるという訳です。

 


まとめ


ラガマフィンの歴史から性格まで7つの視点で大解剖

・1980年代に、アメリカで人為的に交配された猫ちゃんです
・大柄でがっしりタイプの猫ちゃんです
・シルキーな長毛が美しい猫ちゃんです
・全体的に丸みを帯びた印象で可愛らしい表情の猫ちゃんです
・賢く好奇心旺盛、愛らしい性格の猫ちゃんです
・食事はしっかり、運動もたっぷりさせてあげましょう
・グルーミングは朝晩各1回してあげましょう