またたびで猫のストレスが軽減する☆上手な7つの使い方

またたびで猫のストレスが軽減する☆上手な7つの使い方

一般的には勝手気ままでのんびり、マイペース、自分の気持ちの赴くままに行動しているという印象が強い『猫ちゃん』ですが、そんな猫ちゃん達にもストレスってあるのでしょうか?

実は、猫ちゃんの中にも、とても深刻なストレスを抱えている子も少なくはないのです。猫ちゃんは、とても賢い生き物です。何も興味無さそうに見えて、意外に周囲の雰囲気をいち早く読み取り、自分が何をすべきか考えている節があります。

飼い主さんに気を使うあまり、本当は放っておいて欲しいのに飼い主さんの為に甘えてみたり、多頭飼いの環境の中で受けるストレス、完全室内飼いによるストレス。本来自由を好む生き物である猫ちゃんが、人間の我がままや勝手に付き合ってくれるのには、かなりのストレスになるはずです。

ストレスがたまった猫ちゃんに現れる症状も様々で、排泄などの問題行動や、異常なまでの毛繕いで禿げを作ったり、人間に対する攻撃的な行動などです。ですから、可愛いペットに辛い思いをさせない為に、飼い主さんは早めに猫ちゃんの心に気付き、ストレスを貯め込まない様、また、軽減する様、何をしたらよいでしょう。

そんな時、ふと頭に浮かぶのが、『猫にまたたび』のことわざです。またたびで猫のストレスが軽減できるのか、又、その効果的な上手な使い方を考えてみましょう。



 


またたびで猫のストレスが軽減する☆
上手な7つの使い方

 


猫ちゃんのお気に入りは、どんなまたたびでしょう


一般に店頭などで販売されている『またたび製品』にも様々な形状や使用方法があります。またたびの形状による猫ちゃんへの効果の違いがあるとも言われているのです。

そんな『またたび製品』には、例えば、粉末や液体に加工されている物、また、実や枝などまたたびそのもの、葉も販売されている様です。

それら『またたび製品』、効果の違いや効き目は、猫ちゃんによって違いはあれど、一般的には、その効果の強い順番として、粉末、液体、実、枝、葉の順だと言われています。

我が家の猫ちゃんには、どの形状が相性が良いのか、是非、試してあげて下さい。

 


ストレスには、小枝・実が効果的でしょう


ストレスを抱えていたり、元気がない猫ちゃん、そして、イライラしている猫ちゃんには、またたびの枝や実を少量与える事が最も効果的と言われています。

それと、またたびの『お香』も商品化され販売されているという事ですから、葉や枝、実などを燃やした煙にも効果があると考えられている訳ですね。また、これには、家の中で隠れている猫ちゃんをおびき寄せる効果もあるという事ですので、上手に利用するとよいでしょう。

 


粉末は、しつけに効果的でしょう


大切な家具や壁で爪とぎをされてしまい、可愛いはずの猫ちゃんが悪魔に見える一瞬ってありますよね。本来、猫ちゃんは爪とぎをするのは、当然の事で、それを人間から叱られるなんて不本意極まりない、ストレスになるのは当たり前です。

無理なく効果的に爪研ぎのしつけをしたいのであれば、爪とぎ板にまたたびの粉末を塗って、利用するのが一般的な使用法と言えるでしょう。

飼い主さんが猫ちゃんの為にと折角購入した爪研ぎやおもちゃに全く興味を示さず、知らんぷり!なんて事も残念ながら少なくはありません。そんな時には、またたびの登場です。

今まで見向きもしなかった爪研ぎやおもちゃにまたたびの『香り』をプラスした途端、それは猫ちゃんお気に入りのストレス発散グッズになることでしょう。また、運動不足解消の効果も期待出来ます。

 


食欲を高めるための粉末利用も有効でしょう


大切な猫ちゃんが食欲減退し、元気がないときに、猫ちゃんの普段のお食事にまたたびの粉末を少量混ぜて与えるのも大変効果的です。しかし、ここで注意して欲しい事は、深刻な病気の為、お食事が摂れない場合もありますので、そんな様子の猫ちゃんの場合、事前に獣医師に相談してから与える事をお勧めします。

また、既に病気と診断されている猫ちゃんの場合にも同様で、処方されているお薬との飲み合わせなども考慮し、獣医師の指示に従いまたたびを与える事が望ましいでしょう。

そして、この様に飲食に使用する場合、注意して欲しい事は、お食事としっかり混ぜることです。お食事とまたたびの粉末が、完全に混ざっていない場合、またたびのみを舐めて結局お食事は残ってしまうなどという事も多いものです。

また、猫ちゃんの健康上の問題で、飲む水の量を増やしたい場合に、粉末を飲み水に混ぜるという事を試してみようと思われるかもしれませんが、それにも注意が必要です。またたび効果のお陰で、猫ちゃんは、たちまちスリスリ、ゴロゴロ。水の入った容器をひっくり返してしまうなんて危険もあるのです。

 


またたびの香りを嗅ぐだけでも緊張緩和できるでしょう


猫ちゃんは、またたびの匂いを嗅ぐことで緊張感がほぐれることもあります。例えば、多頭飼いのお宅であれば、時折起こる猫ちゃん同士の激しいじゃれあいの末、喧嘩に発展してしまい、そんな時には飼い主さんでも不用意に手出しは禁物です。喧嘩の仲裁には、またたびをうまく利用してみましょう。

そして、猫ちゃんといえども、自分にとって嫌なシチュエーションは察知します。怪我や病気、予防接種など動物病院に連れて行こうとキャリーケースに入れる際、御苦労される経験も少なくは無いでしょう。そんな時、またたびで飼い主さんにとっても猫ちゃんにとってもストレスなくキャリーに導いてあげる事が可能ではないでしょうか。

 


時々、1日に1g、5~10分以内の使用が最適でしょう


マタタビとは猫科の動物を性的に興奮 させる媚薬です。与えればかなり喜ぶ猫ちゃんもいます。

しかしながら、またたびの強い刺激のため、痙攣、麻痺、呼吸困難を起こすケースもあるという報告もされていて、実際に、またたびが原因で、死に至ったとされる猫ちゃんもいるとの事ですので使用には充分注意が必要です。

またたびの効果が持続する時間が、5~10分以内。一度に大量に与えれば、猫ちゃんの命をも危険にさらしかねないという事から、粉なら、鼻息で吹き飛んでしまう程、実であれば、1個で十分という程度のほんのわずかな量が望ましいのです。

また、毎日使用するのではなく、適宜必要と判断された時のみの使用が良いでしょう。

 


使用中は、万全の注意を払いましょう


適宜、適量を守った上で使用するにも、更に配慮が必要です。それは、またたびの効果で猫ちゃんは短時間ではありますが、 興奮、酩酊、恍惚状態になります。

そんな状態が続いている間の猫ちゃんは、人間がお酒をのんでひどい泥酔状態になっているのと同じです。ですから、思わぬ行動をとったり、思う様に動けなかったり、意思と行動が伴わない状態になる事もありますので、ケガなどをしないように、目を離さず、見守ってあげる事が大切です。
 

いかがですか。以上が、またたびを上手に利用して猫のストレスを軽減する方法です。実際にまたたびを与えると数分~数十分程度は、猫ちゃんは酩酊(酔っぱらったような)状態になります。

人間が嫌な事を忘れたいがためにアルコールやたばこ、また、これは全く正当化してはいけない事ですが麻薬などに走るのを連想してしまいますが、このまたたびに関しては、常習性や持続性はなく、すぐに日頃の状態に戻るというのが特徴ですから、きちんと効果や及ぼす影響、使用方法を知った上で上手に使用することが大切な猫ちゃんへの飼い主さんの思いやりとも言えるでしょう。

因みに、このまたたび、子猫ちゃんやメス猫ちゃんは全く興味を示さないこともあるようです。また、メス猫ちゃんよりもオス猫ちゃんの方が、一般的に反応する様ですが、そんなオス猫ちゃんの中でも去勢手術を受けている猫ちゃんは反応しないこともある様です。ma2
まとめ


またたびで猫のストレスが軽減する☆上手な7つの使い方

・猫ちゃんのお気に入りは、どんなまたたびでしょう
・ストレスには、小枝・実が効果的でしょう
・粉末は、しつけに効果的でしょう
・食欲を高めるための粉末利用も有効でしょう
・またたびの香りを嗅ぐだけでも緊張緩和でるでしょう
・1日に1g、5~10分以内の使用が最適でしょう
・使用中は、万全の注意を払いましょう