猫を多頭飼いする時に気を付けたい7つの事とは

猫を多頭飼いする時に気を付けたい7つの事とは

猫の多頭飼いは、猫好きな人にとってはまさにパラダイスです。ただでさえ愛らしい猫ちゃんが一緒に遊んだりお昼寝したり、お互いの毛づくろいをしたりする姿を見られるなんて、可愛らしさに悶絶してしまいそうですよね。愛する猫ちゃんにお友だちを作ってあげたいという気持ちもあります。

でもご察しの通り、猫の多頭飼いは思い立ったからといってそう簡単にできるものではありません。それどころか、アプローチや準備を間違えると猫ちゃんたちにとっても飼い主にとっても悲しい結果をもたらすことにもなるのです。

そこで、猫の多頭飼いを成功させるために気を付けたい7つの事についてお伝えします。新しい家族の一員を迎えるという機会を実りあるものにするためにも、ぜひ参考にしてください。



 


猫を多頭飼いする時に
気を付けたい7つの事とは

 


出費が増えることを理解する


猫の多頭飼いを検討するうえで何よりも先に考えたいのは、多頭飼いをすることにより増える出費についてです。当然のことながら、多くの猫を飼えば飼うほどその食費や病院の診察代などは倍になっていきますよね。

それに気づかないまま多頭飼いを行うと飼い主にとっての金銭的負担が驚くほど増え、結果として猫ちゃんを捨てなければならないという事態にもつながりかねません。本当にお金に余裕があるときだけ猫の多頭飼いを始めるようにしましょう。

 


病気の有無をチェック


新しい猫ちゃんを迎えるのに十分な金銭的余裕があることを確認できたら、次は猫ちゃんたちの健康チェックです。先住猫と新入り猫の両方に重大な病気がないかチェックしてください。

なぜなら、多頭飼いにすればするほど猫ちゃんの間で病気が伝染する虞が高まるからです。最終的には全頭の命に関わったり、飼い主に伝染したりと最悪の結果に発展することもあります。もし先住猫、新入り猫のどちらかに病気の疑いがある場合はそれが治ってから多頭飼いを始めましょう。

 


先住猫に多頭飼いについて気づかせるには


猫の多頭飼いを始めるにあたっては先住猫の方にも心の準備が必要になります。新入り猫のニオイのついたタオルなどを用意できるのであれば先住猫に与え、そのニオイに慣れてもらいましょう。

こうすることで、先住猫は新入り猫に対面するときに比較的余裕を持って接することができます。両方にできるだけ仲良くなってもらうためのコツの一つですのでぜひ実践してみてください。

 


環境に慣れさせる


猫を多頭飼いすることが決まりいざ新入り猫を迎えることになったら、まずは新入り猫に新しい環境に慣れさせるようにしましょう。なるべく先住猫のいない場所を自由に動き回れるようにし、万が一隠れたいと思ったときに避難できる場所も用意します。

そこにはエサを入れるお皿やトイレ、ベッドも一緒に置いてあげてください。ここで新入り猫が慣れてきたらやっと先住猫と対面させることができます。

 


先住猫も可愛がる


猫は人には無関心な生き物とは言われますが、他の猫が自分よりも注目を浴びていることを敏感に察知し、嫉妬します。嫉妬すればするほど新入り猫との仲が悪くなってしまいますので、愛情を注ぐバランスについても考えてあげましょう。

特に、先住猫が新入り猫に寛大な態度を見せたときには褒めてあげると効果的です。そうすることにより猫も「多頭飼いは良いことなのだ」と理解できるようになります。

 


しばらくは隔離する


猫を多頭飼いするときに気を付けたいポイントとして一番注目されているのは、「すぐに一緒にはしないこと」です。多頭飼いを初めてすぐに一緒の空間に置くのではなく、しばらくお互いを隔離させ新しい環境に徐々に慣れさせなければなりません。

両者がなかなか仲良くならなければ、少しでも一緒にいるときに褒めてあげたり、同じおもちゃを使って協力させながら遊んであげたりと工夫しましょう。そうすれば段々慣れてきてくれます。

 


成猫と子猫の組み合わせがグッド


猫の多頭飼いを行うなら、大人の猫と子猫の組み合わせが無難です。たいていの猫は子猫を見て可愛いと思いますし、愛情表現の豊かな猫なら子猫の世話を進んで行おうとしてくれるでしょう。子猫の方でも母猫の代わりになる存在を見つけることができ、安心することができます。

ただ、中には子猫が嫌いな成猫もいるので要注意。あくまで相性を確認してから多頭飼いを決めるようにしましょう。

 

猫の多頭飼いを始めるために注意したい7つのポイント、いかがでしたか。

ポイントの中には少々厳しく感じられるものもあったかもしれません。猫の多頭飼いのための金銭的な余裕があるのかどうかを確認すること、病気の有無のチェックなど、「猫が可愛い」だけでは解決できない問題もあります。しかし、どちらも猫を本当に幸せにするには欠かせないことです。

その他にも、時間をかけながら先住猫と新入り猫の関係を丁寧に深めていくためのポイントをご説明しました。

一朝一夕には実現せず根気良い注意と努力が必要になりますが、猫ちゃんたちが仲の良い姿を見せてくれる日はいつか訪れます。その日が来るまで、猫ちゃんたちが本当に幸せになれるよう頑張りましょう♪

 


■まとめ■


猫の多頭飼いを成功させるために知っておきたい7つのポイントをチェック!

・まずは多頭飼いのための金銭的余裕があるかチェック
・病気のチェックを怠ると大変なことに!
・新入りさんのニオイがわかるアイテムを先住猫に与え、慣れさせよう
・新入り猫にお家を探検させよう
・先住猫へのフォローもしっかりと
・すぐに一緒にせず、しばらく隔離するのが大事
・成猫と子猫の組み合わせは成功しやすい