猫の名前はこうつけよう、他と変わった視点からアドバイス

猫の名前はこうつけよう、他と変わった視点からアドバイス

かわいい猫を飼うことになるのは、とっても嬉しい素敵な出来事ですよね。これから始まるめくるめく猫との甘い日々に想いを馳せて、いろいろと準備をなさることでしょう。

猫の生活スタイルを整えることは重要ですが、何より大事なのはやっぱり猫の名前。猫とコミュニケーションを取るのに必要ですし、より一層愛着が湧くきっかけにもなります。

毎日呼ぶであろう猫の名前の決め方は、熟考を重ねる方もいれば、インスピレーションで決める方もいらっしゃるでしょう。迷いすぎて着地点がわからなくなってしまうこともあるかもしれません。ちょっと違う角度から考えてみるのもいいですよ。



 


猫の名前はこうつけよう、
他と変わった視点からアドバイス

 


似た響きは避けよう


猫の名前は、猫も理解するものです。自分のことを呼んでいるんだな、と覚えてもらうためには、猫が混乱するものはやめておいたほうが良いでしょう。

飼い主の家族や恋人、飼い主本人の名前などから猫の名前をとってしまうと、人間を呼んだのか猫を呼んだのか、わからなくなってしまいますので呼び方を全く違うものにするなど工夫がいるでしょう。

多頭飼いの場合も、猫同士の名前を似たものにしてしまうと猫側がよくわからなくなってしまいます。母音がそろうと似やすくなるので、違った響きの名前を考えて見ましょう。

 


呼びやすい名前にしよう


猫の名前を凝った感じのものにしたい、他には無いとても個性的な名前にしたい、と難しい名前をつけてしまうと、日常的に呼びにくい名前になってしまうことがあります。

呼びにくい名前は、はじめのうちは頑張って名前の通りに呼ぼうとし、そのうち諦めて呼びやすい簡略化した名前に変えてしまったり……と、呼び名がコロコロ変えてしまいがちになるのです。

呼び方が変わると猫の認識もそのたびにリセットされることになります。互いの関係を早く安定させるためにも、呼び方が変わらない呼びやすい名前をつけることをおすすめします。

 


出会った日を大事にしよう


どんな名前をつけるか困ったら、見た目などから取るのもいいですが、愛猫と出会った日から名付けるのも一つの方法です。

1年365日、毎日なにかしらの記念日が制定されています。誕生花も日々違ってありますし、過去の著名人などの情報もあります。

そういったところから気に入ったフレーズのものや、好きな著名人の名前をとると、世界の流れに自分たちが組み込まれたようで、ワールドワイドな気分にもなれますよ。

 


本猫に選んでもらおう


「意味」というものにこだわらないのなら、本猫に自分で名前を選んでもらうという方法もあります。

地図や辞書などをパラパラして、猫の手が指したところの名前をつける。あいうえお五十音のカードを散らばして、猫が踏んだ数枚を組み合わせて名前にするなど、選ばせ方もいろいろ考えられます。

五十音から好きな文字を選ばせる方法だと、世界にひとつだけの特別な名前になることもあるでしょう。他には絶対に無い名前をつけたい方にはおすすめですよ。

 


好きなものでシリーズ化しよう


多頭飼いしている方や、これから猫を増やしていきたい方は、名前をシリーズ化させるのもおもしろい方法です。

お菓子やジュースなどの商品名から取る、好きな食べ物の材料でそろえる、音楽のジャンル名で名付けていくなど、統一感を持った名前を考えてみましょう。

ある程度枠がしぼられるので、次の名前を考えるときに支点となって、イチから迷わなくて済むという利点もあります。人に紹介するときにも面白みがでますよ。

 


他言語に変換しよう


日本では「猫」と呼ばれますが、世界では「カッツェ」「ガット」「コーシカ」「カーツィ」「アイルーロス」など、猫という単語ひとつ取ってもそれぞれの言語によって変わってきます。

気に入った名前が日本語でありがちな響きを持っているとしたら、同じ意味で他の国の言葉に変換してみましょう。

好きな国でよく付けられている猫の名前からピックアップしてみるのも、普段聞かない響きのものがあって新鮮ですよ。

 


趣味に走るときは外部対策をしておこう


子供の名前だと付けづらいけれど、猫の名前だからちょっと趣味に走った名前を付けたいと考える方もいらっしゃるでしょう。アニメのキャラクターやキラキラネームなど、確かに猫であれば付けても猫生に支障はありません。

問題になるのは、病院にかかったときなど、他人に名前を明かす必要があるときです。自分で呼ぶ分にはいいけれど人にはちょっと……と思う方は、ミドルネームなどの逃げ場を用意しておきましょう。

本名として長い名前を用意しておき、普段呼ぶときは気に入ったフレーズで呼ぶ。こうすれば他者への恥じらいも多少薄くなります。

 

いかがでしたでしょうか。猫は長生きする動物ですので、名前を付けるときには慎重になりますよね。猫の名前にはこだわらないという方ももちろんいらっしゃいますが、それでも気にしておいたほうが良いことも多少あります。

犯罪が関わるような名前や、法に反するような名前はもちろん止めておきましょう。倫理に反するようなことを名前にしてつけるのは良くないことです。

飼い主であるあなたが呼びたくないような名前、気持ちがささくれるような名前は、猫の幸せにもつながりません。猫の名前には、愛着の持てるフレーズや響きを取り入れてあげましょう。

 


まとめ


猫の名前はこうつけよう、他と変わった視点からアドバイス

・似た響きは避けよう
・呼びやすい名前にしよう
・出会った日を大事にしよう
・本猫に選んでもらおう
・好きなものでシリーズ化しよう
・他言語に変換しよう
・趣味に走るときは外部対策をしておこう