猫の飼育方法、絶対押さえたい基本7ステップ

猫の飼育方法、絶対押さえたい基本7ステップ

猫を飼育する上で、ちゃんと押さえるべきポイントを押さえられている人は少ないのではないでしょうか。自分の手で生き物を育てるのですから「飼いたいから飼う」というだけでは済まされないことは、たくさんあります。猫にとって環境はどうか、しつけはできるのか、もしもの時に備えて、色々な準備ができているのか……などなど、猫を家に迎え入れる前に考えるべきことは山ほどありますよね。当然ですが猫だって命ある存在ですから、人間の都合に振り回されるのは避けてあげたいところです。でも、そんな基本的なことは、どこで学べばよいのかと思う人もいるはずです。

今回は、猫と人間の両方が幸せに暮らすために、猫を飼う上で絶対に押さえておきたい基本的なことをお伝えします。



 


猫の飼育方法、
絶対押さえたい基本7ステップ

 

 


ペット可の住まいかどうか確認しよう


まずは、猫を迎え入れる前に、あなたの住まいが猫を飼育することができる家かどうかを確認しましょう。持ち家なら問題ありませんが、賃貸住宅なら、規約上ペットの飼育可能かどうかを確認するのが当然のマナーです。ペット飼育不可の物件でこっそりと飼う人がたまにいますが、これは、貸主、借主、そして猫自身にとって良くありません。バレた場合のトラブルは大きな問題になりますし、バレなくても息を潜めて生活するのは、猫も飼い主もストレスになるからです。

 


ワクチン接種はちゃんと行おう


ペットショップで購入した猫の場合は、既にワクチンが接種されていたり、今後の接種スケジュールを教えてくれたりします。ですが、知人の家で産まれた子猫を貰い受けるときなどは、ワクチン接種は自分で調べて行う必要があります。ここで、お金がもったいないからといつまでも受けさせないでいると、後で大変なことになります。猫の健康管理は飼い主の大事な務めですから、面倒だとかお金がかかるなどの理由を付けておろそかにするようでは、猫を飼う資格はありません。

 


しつけをしっかり行おう


猫を飼育し始めたら、早い段階でしつけをするようにしましょう。トイレ、爪とぎ場所などを教えてあげるようにして下さい。猫種によってしつけのしやすさに多少の違いがあると言われていますが、なかなか覚えてくれない猫だからと言って、しつけせずに好き放題させてはいけません。時には、猫を叱ったり、根気よく教える必要が出たりしますが、これから長い間、猫と共同生活をする上ではしつけは欠かせないことです。最初は叱るのも心が痛んだりするでしょうが、長い目で見れば猫のためになると思って、心を鬼にしましょう。

 


健康維持のための食事を用意しよう


猫の生活にも欠かせない要素である、食事。猫用のフードには二つの分類があり、「総合栄養食」というものと、「一般栄養食」というものがあります。特に体調不良などが無い場合は、「総合栄養食」とお水だけで、日常に必要な栄養素は摂取できるように配合されています。では、「一般栄養食」は何かというと、食欲が無い猫が食べやすいように作られていたり、何か特定の栄養素に特化されたものなので、こちらを日常的に与えるのはNGです。また、人間の食事をアレンジして猫に与える人がいますが、これは、栄養の偏りや猫用フードを受け付けない原因になるので、絶対にやめましょう。

 


他の人への迷惑も忘れずに考えよう


猫を飼育する上では、自分以外の人に迷惑をかけないことも大切です。同居の家族がいる場合は、全員の理解を得て、且つ猫アレルギーなどの健康上の問題が無いかをクリアしましょう。また、ペット可の住まいだとしても、近隣住民の迷惑が無いように、足音や鳴き声などへの配慮はしっかり行って下さい。これは、猫よりも人間を優先するということではなく、猫が他人にとって迷惑な存在になり、飼育を継続できなくなる事態を避けるために必要なことです。

 


身元がわかるものを身に付けさせよう


猫を外飼いするならもちろん、外飼いしないつもりでも、名入りの首輪や名札などを着用させて、もしもの行方不明の時に身元がわかるようにしておきましょう。今では、ICチップを埋め込んで身元情報を確認できるものもあるので、これを利用するのも一つの手です。身元がわからない猫は、どこかで捕獲されたとき、飼い主の手元に戻る前に処分されてしまう場合があります。こんな悲しい事態を防ぐためにも、身元が確認できるものは常に身に着けさせるようにして下さい。

 


寿命を全うするまで飼い続ける覚悟を持とう


最後に、基本の基本とも言える心構えをお教えします。それは、猫を飼育することになったら、絶対に途中で投げ出さず、猫が天寿を全うするまで共に暮らす覚悟を持つこと。引っ越しで飼えなくなったから、結婚相手が猫アレルギーだったから、子供が生まれたから、猫が病気になって死ぬのを見たくないから……と、自分勝手な理由で猫の飼育を放棄することは許されません。猫を飼えなくなりそうな、あらゆるケースを乗り越える覚悟を持ってから、猫の飼育を決断しましょう。せめて、あなたにもしものことがあった時に、猫の身元を引き受けてくれる先は、確保しておいて下さい。

 

いかがでしたでしょうか。猫を飼育する上で、絶対に押さえるべきポイントを7つお伝えしました。どれも当たり前のことばかりに見えますが、猫を飼育することを甘く見て、これらをクリアしていない飼い主は、意外と多く存在します。そしてその人々はもれなく、猫との幸せな生活がどこかで崩れるリスクを背負っています。そんな危うい環境での猫の飼育は、猫にとっても飼い主にとっても、望ましくないことです。

あなたも、これから猫を飼いたいなら、今回ご説明した内容をしっかり踏まえて、事前に起こり得る問題を全てクリアておくようにしましょう。そして、何の心配もなく、大きな心で猫を迎え入れられるように準備しておくことをおすすめします。

 


まとめ


猫の飼育方法、絶対押さえたい基本7ステップとは

・猫が慣れやすいように、住環境を整えてあげよう
・ワクチン接種はちゃんと行おう
・しつけをしっかり行おう
・他の人への迷惑も忘れずに考えよう
・健康維持のための食事を用意しよう
・身元がわかるものを身に付けさせよう
・寿命を全うするまで飼い続ける覚悟を持とう