猫ちゃんが猫パンチするときの心理状態とは?

猫ちゃんが猫パンチするときの心理状態とは?

猫の仕草で最も印象的なのは、やはり『猫パンチ』ですよね。猫はこの猫パンチを頻繁に見せてくれます。飼い主、仲間の猫、自分と違う動物、あるいはよくわからない物にまで、様々なものに猫パンチをよくヒットさせています。ところでこの猫パンチ、これは一体猫ちゃんにとってどういった心境のときにしてくるのでしょう。

色々な場面を考えることができますが、猫パンチをする猫ちゃんの気持ちを、詳しく知っているひとはあまりいないのではないでしょうか。そこで今回は、そんな強烈な猫ちゃんの必殺技、猫パンチについての心境の真理を、3つのポイントにしてまとめてみましたので、猫ちゃんの気持ちをよりよく理解してあげられるために読み解いていきましょう。



 


猫ちゃんが猫パンチするときの
心理状態とは?

 


怒っているときのパンチ


猫が猫パンチを繰り出す1番の理由は、不満や怒りからの攻撃としてしてくるものです。猫はきまぐれで自由な存在。そんな猫をしつこく撫で回したり、ハイテンションで近づいたり、その猫の触られたくない体の場所を触ったりすると「やめてよ」と怒りのパンチが繰り出されます。

猫にも気持ちがあります。そうゆう気分じゃないときにベタベタ触られるのは、猫にとってとてもうざったく感じられてしまいますし、大声を出したり、急に近づいたりすれば、びっくりして怖がり、警戒の上で攻撃のパンチをしてきます。

そして猫が嫌がる体の場所というと『足先、尻尾、お腹、背中』が多いと言われています。お腹をごろんと見せてきたり、背中を擦り付けてくるような心を開いてくれている猫ならともかく、それを許していない場合は、お腹や背中は普段視界外の場所であるのと、尻尾は猫にとってとても敏感な場所なので、触られたくないと思っている猫が多いです。そして足先は反射的に手が出てしまうという具合です。

猫は基本的に争いを避けたがるのですが、仲間同士で猫パンチをする場合は「これ以上私を怒らせたら、ひっ掻いて噛み付くぞ。ただじゃおかないぞ。」という争いの前触れとして、猫パンチして威嚇をしていると考えられます。

 


遊びのときのパンチ


次に猫パンチが多い理由は、じゃれついて遊んでいる場合のときのパンチです。飼い主にも攻撃しているのかと勘違いしてしまうくらい痛くて強烈なパンチをしてしまうのは、猫にはパンチの加減が分からない為だと言われます。これは子猫に多く、大人の猫になるにつれて飼い主さんの反応を見て学習し、だんだんとじゃれつきの猫パンチ加減が分かるようになってきます。

また、素早く動く獲物に見立て、玩具をはたき落とそうと狙いをよく定めて猫パンチを繰り出してきている場合は、野生のときの狩りの本能を刺激され、じゃれついて遊んでいると考えていいでしょう。致命傷を与えず、長く遊んでいられるよう、爪を出さずに加減しながら猫パンチをしてきます。

また興味本意から「これはなにかな?」と手を出してみて反応を確認している場合のときもあります。このときの猫パンチも、ほとんどの場合は爪を出さずに、警戒しつつちょいちょいと探りながら触るように猫パンチします。

 


病気のサインのときのパンチ


前にも記述した通り、猫は不快感から猫パンチをしてくることが多いです。いつも触っていて喜んで許してくれている体の場所を触り、強烈な猫パンチをお見舞いされたのなら、病気や怪我をしていて「痛いから触らないでよ」と自分を守る防衛反応として猫パンチをしてきている可能性があります。

その場合、よく触った猫の体の箇所を観察したり、猫ちゃんには悪いですが、またその体の箇所を触ってみて、異常がないかよく確認してあげて下さい。何か少しでも異常があった場合は、すぐに獣医さんに診てもらうようにしましょう。大切な猫ちゃんの飼い主はあなただけです。飼い主として、猫ちゃんの健康維持のためにも、どんな些細な異常も見逃さないように気をつけていきましょう。

 

いかがでしたか。この3つのポイントから、猫の繰り出す猫パンチには、猫にとって様々な意味合いが含まれていることがお分かりになりましたでしょうか。猫ちゃんのパンチは一見、人間からは可愛らしい仕草のひとつにも見えますが、猫ちゃんたちにとっては、けっこう重要な意味合いとして放たれる場合もたくさんあるんですね。

そんな猫パンチの真理をよく知ることができた今、猫ちゃんたちの繰り出す猫パンチの状況や気持ちをよく見極めて、猫の気持ちをよく理解することは、猫と一緒に暮らしたり、仲良く触れ合いながら絆を深めていくときにはとても重要なことのひとつなので、是非猫ちゃんたちのためにも気に留めておいてあげるようにして下さいね。

 


まとめ


猫ちゃんが猫パンチする理由は…

・不快感や怒り、威嚇からの本気の攻撃の前兆
・遊びのじゃれつき、興味本意から
・病気や怪我をした箇所を触られたくないため