猫アレルギー症状が出てしまったらやってほしい改善法

猫アレルギー症状が出てしまったらやってほしい改善法

やっと念願叶って猫を飼いはじめたと思ったら、いつの間にかアレルギー症状らしきものが出て来てしまって困った、というケースは、よくあります。事前に猫アレルギーだとわかっていたなら、飼うのを諦めるという手段もありますが、飼ってしまってからの猫アレルギー症状は本当に困りもの。既に家族の一員として迎え入れている猫を追い出すわけにはいかないし、だからと言って、辛い症状を我慢し続けるのにも無理があります。こんな時には、病院に行く以外に対処のしようが無いと思っていませんか?実は、自分でできる改善法も、いくつかあるのです。

今回は、猫アレルギーの症状をどうにかして抑えたいという人にお役立ちの、改善法をお伝えします。



 


猫アレルギー症状が出てしまったら
やってほしい改善法

 


掃除をこまめにしよう


まず大切なのは、アレルゲンである猫の体毛や剥がれ落ちたフケなどをなるべく除去すること。そのために一番大切なのは、もちろん掃除です。ですが、掃除機でガーッと吸い込んだだけでは、猫アレルギー症状への対策にはなりません。猫から出るフケの破片は大変細かく、掃除機のフィルターを通り抜けてしまうことがあります。そのため、掃除機だけではいくらきれいに塵を吸い込んだつもりでも、後ろの排気口からアレルゲンを排出し続けるので、効果が無いのと同じです。

猫アレルギー対策の掃除として適切なのは、掃除機に加えて、こまめな水拭きをすることです。水で濡らした雑巾で拭けば、猫のフケもきれいに取り除けます。

 


寝室に猫を入れないようにしよう


家に一部屋は、猫が立ち入れない部屋を作るようにしましょう。そうすれば、猫アレルギー症状が酷い時の避難場所にもできますし、大事な衣類など、アレルゲンを付けないものを保管する場所にもなります。この避難場所としておすすめなのは、やはり寝室です。寝室に猫を入れると、就寝時にアレルギー症状が出て落ち着いて寝られなくなり、疲労が溜まってますます症状が酷くなります。そして、就寝する時は大抵の人が入浴してから眠ると思いますので、お風呂できれいにアレルゲンを流した後、きれいな寝巻に着替えて、猫に触れないようにして眠りましょう。

せっかく猫と暮らしているのに、と思うかもしれませんが、猫と接する時間と接しない時間を分けることは、アレルギー持ちにとって大切なことです。

 


漢方薬を飲んでみよう


漢方薬は、西洋医学の薬と違って根本的な体質改善を目的とします。それはアレルギーも例外ではなく、漢方治療によって猫アレルギー症状を克服した人も少なくないようです。この漢方薬は、漢方医に処方してもらうか、漢方薬局に相談すれば出してもらえます。ただ、漢方による治療は長期間かかることが当たり前で、薬を飲んですぐに症状が無くなるようなものではありません。せっかく猫を飼い始めたのなら、アレルギー症状を抑えるために長期戦になることを覚悟しておきましょう。

漢方薬は保険の適用にならないものが多いので、薬代も一般の病院よりかかるということを忘れずに。

 


免疫力を強化しよう


猫に限らず、アレルギー症状は免疫の異常によって起こるものです。ですから、免疫力を高めることにより、症状が出にくくなります。免疫力を高める方法はたくさんありますが、簡単にできるものならば、ストレスを溜めないことと、身体を温めることです。まず、ストレスを溜めないことですが、これはストレスを慢性的に感じると交感神経が優位の状態が続き、アレルゲンへの感受性が高くなってしまうと考えられています。また、身体を温めると、体内の免疫力を司る酵素が活性化し、様々な病気を遠ざける効果があることがわかっています。

もちろん猫アレルギー症状も例外ではなく、冷え性を改善し、体温を上げるようにすると、症状が出にくくなるようです。

 


食生活を改善し、アレルギーに強い身体になろう


生活習慣からアレルギーを改善するためには、食生活も大切なことです。まず避けたいことは、暴飲暴食です。暴飲暴食をすることによって消化器官が疲れてしまい、免疫力を低下させます。また、便秘にならないために、食物繊維が豊富な食事を心がけるようにしましょう。便秘をすると大腸に留まった便が腐敗し、毒素が血中に溶け込むようになってしまい、アレルギー反応が起こりやすくなります。

他には、ポリフェノールやビタミンC、Eなどを多く含む、抗酸化作用のある食べ物を積極的に食べることでも、アレルギー症状が起こりにくくなります。

 

いかがでしたでしょうか。このように、猫アレルギー症状を改善するために効果的な方法はいくつもあるのです。猫アレルギーが出てしまったからと、猫を飼うこと自体を絶望視する必要はありません。上手に生活スペースを分けたり、生活習慣を改善することで、猫と仲良く生活することも夢ではないのです。ただ、完全にアレルギー症状自体をなくするわけではなく、起こりにくくしたり、症状を軽減させる程度しか効果が出ないかもしれません。

これらの生活習慣によって起こる体調の変化には個人差があり、よく効くという人もいれば、あまり効いた気がしないという人もいるでしょう。ですが、猫アレルギーでも猫を飼いたいという人にとっては、絶対に試す価値がある方法ばかりですので、一度実践してみて下さいね。

 


まとめ


猫アレルギー症状が出てしまったらやってほしい改善法とは

掃除をこまめにしよう
寝室に猫を入れないようにしよう
漢方薬を飲んでみよう
免疫力を強化しよう
食生活を改善し、アレルギーに強い身体になろう