猫の正しいしつけ方。仲良く暮らす説得術

猫の正しいしつけ方。仲良く暮らす説得術

猫を飼ってらっしゃる方はいますか?どんな猫ちゃんですか?言う事は聞きますか?

今回は猫のしつけについて取り扱っていきます。猫と一緒に生活するのはお互いの信頼関係がないと上手くいきません。基本なつく人は食事などの準備をする人かトイレの掃除などをする人です。

そういった世話をしているしていないに関わらず猫とコミュニケーションがとりたいものです。猫の正しいしつけ方を覚えてそれを実践してみましょう。あなたの猫ちゃんもきっと言う事を聞くようになるはずです。

猫の正しいしつけ方を上手く利用し愛猫といい距離感ですごせるようにしたいですね。



 


猫の正しいしつけ方。
仲良く暮らす説得術

 


自然にしておこう。


猫は基本しつけを必要としません。しかしトイレと爪とぎのどの行動はある程度制限する必要があります。環境をキチンと整えてあげればそれは自然に覚えるものです。

何か問題がある時それは環境に問題があったりするのです。トイレはキチンと掃除していますか?爪とぎ場所は猫にとって良い場所に設置していますか?

これらをキチンとやる事です。無理に覚えさせる事は猫にとってもストレスになります。それではいい関係は築けません。

 


撫でて褒めよう。


猫をしつけるのに必要なのは褒める事です。それもちょっとオーバー目に撫でて褒める事です。例えばキチンとトイレをして後はちゃんと褒めて撫でてあげるといった行動を繰り返す事によって覚えていきます。

出来ない時は何もしないけどちゃんと出来た後は褒めて撫でてくれるという差が猫にとっては正しい事か正しくない事かを判断する材料になります。焦ってしつけをしてもダメです。特に外で飼っていて外を覚えた猫を家の中で飼う事などはとても苦労します。

きちんと出来た時はオーバー目に褒めましょう。それが愛猫との長いいいパートナーシップを築いていく事になります。思いっきり褒めてあげましょう。

 


言葉を覚えさせよう。


猫は言葉を覚えます。我が家でも帰ってきたら「お帰り」と声をかけると「ただいま」と応じているかはわかりませんが「ニャー」と鳴いてくれます。ご飯が欲しい時の声と呼ぶ声も違います。

猫は猫なりに言葉を覚えてそれを実践しているのです。特に名前を呼ぶ事は重要にありますので必ず呼びかけてあげてください。良くする事が散歩です。

猫の名前を呼びながら散歩しているとついてきます。そうして公園などで遊ばせています。木登りしたり追いかけっこしたりそれは人間といいコミュニケーションがとれていると言う証拠です。

猫個人をしつけるのに名前は使えます。呼びかけるなどして覚えてもらいましょう。特に怒る時に使えます。

 


猫の成長を知ろう。


猫は1歳までに経験した世界で出来上がっています。上手くしつけをするのはこの1歳までの間にすると楽でいいです。多くの場合は失敗しながら覚えていくのですが失敗が大きなものでは危険な事です。

そういう事は危険であると言う事を知らせると共にやってはいけないとしつけましょう。1歳を超えてから扱う場合はその猫の個性にある程度任せる事も必要になります。無理にしつけをするとストレスになります。

仔猫のうちは可愛い可愛いと接しているだけでなくキチンとしつけましょう。多頭飼いの時は前にいる猫を真似してやるようになります。1歳までに出来上がった生活を変える事は非常に困難です。

不可能ではないですが猫はストレスを感じます。引っ越しなどにも注意が必要です。

 


やさしく怒ろう。


怒る時はやさしく怒る事はしつけとして大事です。猫で困る行動と言えばオス猫のスプレー行為や関係のない所での爪とぎなどが挙げられます。その都度やさしく叱る事です。

たたいたり痛みを負わせる行為はしないでください。それは猫にとっては無意味な教育になります。怒る事案が発生したときにはしっかり怒る事も大事ですがやさしく諭してあげましょう。

これで猫も理解するのです。非常に賢い動物です。人間とのパートナーシップを図る動物ですのでやさしく怒るだけで十分なのです。

 


猫の不満を抑えよう。


しつけに対して言う事を聞かないのはひょっとして不満を抱えているのかも知れません。例えば狭いケージでの環境が嫌で外に出たいのかも知れません。トイレが汚れていてストレスになっているのかも知れません。

そういった不満も猫は言葉はしゃべらないけれども行動で表す事があります。ちょっと異常な行動を発見したのなら猫の不満はないのか探してみる事です。それが意外に身近なものであったりするものです。

猫も不満が出ないようにしっかりと世話をしてあげましょう。特に家の中で飼う場合などは環境をキッチリ整えてあげる事が必要になります。外で自由にさせている場合はそれで勝手に自分の行動をしますので大丈夫です。

 


食べ物で釣ろう。


しつけの方法として食べ物でしつけをすると言う事があります。良い事をしたらおやつをあげたりする事です。逆に悪い事をしたらご飯のお預けと言う事はやめてください。

猫の健康に関わりますので、良い事をした時だけしっかり褒めておやつをあげるといった行動が猫が自分で良い事を覚えていく材料になります。猫はその辺に敏感に察知する能力があります。

上手く甘えてきたりする事は猫の処世術です。人間はしっかり良い事と悪い事の反応をしてあげてください。食べ物で釣るのはいい方法ですがくれぐれもあげ過ぎには注意が必要です。

 

いかがでしょうか。猫は基本自由な生き物です。それはしつけと言う面では上手くいかない事もあります。

だからといってただ怒るというのではなくキッチリ諭してあげる事が重要な事です。自然にしておけば覚えてくれる事も沢山あるでしょう。放置していても大丈夫なところが飼いやすいところでもあるでしょう。

しかし細かい所にまで目を配る事は愛猫との関係を良好にする為には必要なものです。猫とコミュニケーションは食べ物の時だけというのではあまりに寂しいものです。可愛い猫は人間にとって癒しです。

そんな癒しの恩恵を受けるためにもしっかりと世話をしてあげる事です。特に家の中で飼う猫は自分で環境を選べません。特に気を遣ってほしいものです。

 


まとめ


猫の正しいしつけ方。仲良く暮らす説得術

・自然にしておこう。
・撫でて褒めよう。
・言葉を覚えさせよう。
・猫の成長を知ろう。
・やさしく怒ろう。
・猫の不満を抑えよう。
・食べ物で釣ろう。