猫砂は性格別に分けると家が汚れにくい!その理由とは

猫砂は性格別に分けると家が汚れにくい!その理由とは

皆さんは猫を飼っていますか?昔は放し飼いで飼われていた猫も最近は室内で飼う事が多くなりました。皆さんのおうちの猫ちゃんはどうでしょうか?家の中で飼うとなるとやはりポイントは猫砂です。そこで今回はそんな猫砂について取扱います。猫に合わせてトイレを用意するといいとの事ですがどうでしょうか?

そんな謎に今回は迫ります。猫は魅力的なペットです。猫砂は家を汚さない為にもとても重要な選択肢です。キチンと把握して猫ちゃんに合った猫砂を選びましょう。それが上手に猫を飼う事に繋がります。猫にとってトイレはどのようなものであるのかしっかりと覚えましょう。  



 


猫砂は性格別に分けると家が汚れにくい!
その理由とは

 


猫はそれぞれ臭いがある。


猫は外で生活でどのようなところでトイレをするのでしょうか?基本柔らかい土や砂を掘ってトイレをします。猫は小さいながらの肉食の動物でその糞の臭いを撒き散らかす事はしない生き物なのです。例外としてオスのマーキング行動があるくらいです。基本決まったトイレが野生でもあるようです。他の動物などは地中に埋めたりはしませんが猫はちょっと違っているのです。

猫にはそれぞれの臭いがあります。多頭飼いしている場合トイレも猫砂も出来る事なら猫数分用意したいものです。猫ちゃんは他猫のトイレは基本嫌がります。たまにしっかりとしつければ一緒のトイレを利用してくれます。その場合はある程度汚れを覚悟する必要があります。猫にはそれぞれ臭いがある為やはり同じ箇所トイレの中央部で全猫がするとは限らないからです。

 


猫はそれぞれトイレの仕方がある。


猫砂の使い方も猫によって微妙に違っています。中には穴を深く掘る事をする猫また浅く掘る猫ほとんど掘らない猫など猫ちゃんによってもトイレの仕方が異なります。それぞれのトイレの仕方に合ったトイレと猫砂を選ぶ必要があります。

猫は野生では基本自分の縄張りの中にいます。その縄張りの中でそれぞれ生活をしています。トイレもその縄張りの中に当然あります。土の柔らかい箇所から砂地の場所まで様々です。こうして生きているので猫にはそれぞれトイレの仕方も違ってくるのです。小さい頃からしっかりと親の教育を受けている猫や先住猫がいる場合はそれを見真似てやったりもしますが微妙にやり方は違うようです。

 


多頭飼い猫のストレス。


多頭飼いは猫にとっては非常にストレスなのです。その一番困るのがトイレと言えるでしょう。猫は元々集団で生活する生き物ではありません。人間との関係上そうなっただけで基本他猫の事は知らんぷりです。中には親子の絆を持ったりする猫もいますがそれは実生活の中で慣らされてきた結果であり本来のものではありません。トイレも同じことが言えます。

トイレを共用している場合きっと使う箇所が猫によって異なっているのではないでしょうか?そのせいでトイレ周辺に砂が飛び散ったりします。トイレをした後必ず隠す動作をするのにも多頭飼い猫のストレスとなる事でしょう。ともかく自分専用のトイレがない事は猫にとってはストレスになるのです。汚しているのはそのせいではないのかと推測されます。

 


猫は気まぐれ。


猫は気まぐれな生き物です。基本自分の縄張りと認識している地域の中の自由な場所に陣取ります。トイレもその一部で猫にとっては怒られるからキチンとトイレで用を足すのであってトイレとはそのような役割をする1つの道具に過ぎません。

多頭飼いの場合は猫に合ったトイレを使う事でその気まぐれな部分を補う事が出来るのです。猫砂も好き嫌いがあります。鉱物系が好きな猫もいれば木が好きな猫もいます。一律同じと言う訳にはいかないのです。猫は基本気まぐれです。自由な時にトイレをします。

その猫に合わせたニーズに答える必要があります。室内で飼う場合はしっかりとしつければこれはちゃんとやってくれるようになりますが、トイレを共同で使っている場合はやはり汚れる危険性が高くなります。

 


猫のトイレは重要なイベント。


猫にとって排泄はとても大事な一日のイベントです。これをきちっと出来るかどうかで猫の生活が決まります。猫砂はそのパートナーであると言えます。ある種汚くなるのは猫からのサインではないのかと思う事もあります。トイレに対して何らかの不満の現れが出ているものであると言えます。猫にとっての一日の大事なイベントを汚い他猫と一緒のトイレで行う事は嫌だという表現とも受け取れます。

自分専用であれば自分の糞尿だけで済みますが他猫と共同で使っている場合は他猫の糞尿で汚れる事になります。これでは大事なイベントは台無しです。猫にとって一日を快適に過ごす為にトイレの猫砂は大事なパートナーなのです。

 


猫の習性を知る。


猫砂は猫にとっては自分の排泄物を隠す為に必要なものです。猫の習性として自分の汚物を見せないで隠す事は昔からの猫そのものが持っているものであると言えます。猫砂もそれにあったものを選べばいいのです。猫自体は個体差がある生き物です。いろいろな性格があります。それに合わせて猫砂を選ぶ事が猫にとっては快適な空間になります。

自然界ではトイレが共同という事はありません。猫の習性からいってもトイレは分けるべきなのです。親の真似などをしてトイレを使うようになったなどは除き個猫専用のトイレを用意する事は猫の習性を理解するものであると言えます。

 


猫砂の特徴を知る事。


猫砂の特徴を知る事もまた大事です。まずは鉱物系です。これは砂に一番近いもので吸収に優れ穴掘りが得意な猫ちゃんに向いています。欠点は重い事です。それを改善するのが木で出来たものです。これは穴掘りの魅力に欠けますが消臭力などに優れています。

紙系も人気があります。尿を瞬時に吸収出来るのとトイレに流せる点がいいのです。トイレからよく砂をくっつけて出てきてしまう猫ちゃんに向いています。シリカ系は吸収力に優れます。欠点は固まるとコロコロと転がってしまうので外にこぼれるようなトイレをする猫ちゃんには向いていません。

 

いかがでしょうか。猫砂と一口に言ってもその種類は豊富でどれを選んでいいのか良く解りませんよね。基本、先住猫と同じものをはじめは使ってその様子や汚れ具合を見て変えてみるという手もあります。始めは先住猫の真似をしますのでそれから個猫用のトイレを用意すると良いです。猫の性格によってトイレの仕方はかなり異なります。見様見真似で覚えたものですからしょうがないという考えもあります。

猫ちゃんに合わせたトイレ猫砂選びが必要になる事は確かです。トイレを分ける事によって健康管理も個体ごとにも出来ます。上手に利用してみましょう。

 


まとめ


家を汚さない為猫の習性に合わせて猫砂選びしよう。

・猫にはそれぞれのスタイルがある事理解しよう。
・多頭飼い猫の習性を理解しよう。
・猫は気まぐれである事理解しよう。
・トイレは重要なイベントである事を理解しよう。
・猫の習性を知ってトイレを分けよう。
・猫砂の特徴を知って猫に合った猫砂を選ぼう。