猫の鳴き声の意味☆ペットの気持ちが理解できる7つの特徴

猫の鳴き声の意味☆ペットの気持ちが理解できる7つの特徴

猫を飼っていたら、猫の気持ちが分かったらいいなと思ったことはありませんか。猫の鳴き声にはいろいろありますが、この鳴き声はどんな意味があるのだろうと気になりますね。猫の鳴き声にはすべて意味があります。猫の表情は分かりにくいかもしれませんが、鳴き声で飼い主に気持ちを伝えています。猫は言葉を話せませんが、人間に一生懸命気持ちを伝えていることがあります。

これは飼い主は猫の鳴き声で気持ちを理解しないといけないですね。猫の鳴き声の意味は、鳴き声だけではなく、その時の行動や場面で判断しなくてはなりません。いろいろ総合的に見て、何を伝えようとしているのかが理解できるようになります。ペットを飼う以上は、動物の気持ちを汲み取って理解してあげたいですね。

猫の気持ちを理解できたら、飼い主としてこんなにうれしいことはないでしょう。そこで今回は、猫の鳴き声の意味とペットの気持ちが理解できる特徴をお伝えします。



 

猫の鳴き声の意味☆
ペットの気持ちが理解できる7つの特徴

 

「ニャーニャー」と鳴く時の意味を知ろう


猫の鳴き声の意味で、一番知りたいのは「ニャーニャー」「ニャオ」「ニャーオー」などの鳴き声でしょう。猫の鳴き声で一番よく聞かれる鳴き声です。これは、食事の催促や、飼い主の関心を引きたい時、何かをしたいのにできなくて不満がある時の鳴き声です。

食べたい、甘えたい、遊んでなどの要求する気持ちを表しています。餌を食べたばかりなら、「遊んでほしいよ」「なでて」かもしれませんね。猫の鳴き声の意味を考えると、これは可愛らしい要求でしょう。

 

「ニャッ」と短めに鳴く時の意味を知ろう


猫の鳴き声の意味の中でも、「ニャッ」と短めに泣く時の意味を知ると興味深いです。これは、猫にとっては挨拶を意味します。猫の名前を呼んだ時や、飼い主に話しかけられた時に、猫は「ニャッ」と鳴いて返事をしているのです。

この時、猫は飼い主の顔を見て、機嫌良くしっぽを立てているはずです。飼い主を仲間だと思って安心している鳴き声です。猫同士の挨拶でも「ニャッ」「ウニャ」と短く鳴くこともあります。猫の鳴き声の意味を益々深く知りたくなりますね。

 

「ゴロゴロ」と喉を鳴らす意味を知ろう


猫の鳴き声の意味を知る時に、「ゴロゴロ」「グルグル」などと喉を鳴らす意味をまず知らなくてはなりません。これは、猫に取って安心、満足、リラックスしている時に鳴らす音です。「ゴロゴロ」と喉を鳴らす音は元々は猫の親子間のコミュニケーションの手段です。

しかし、大人の猫でもゴロゴロと喉を鳴らします。子猫の時から愛情を込めて育てられた猫ほど、人間にも甘えてゴロゴロと喉を鳴らす傾向があります。猫の鳴き声の意味では、飼い主に安心しきって甘えている声ですので、満足しているという意味です。

 

高い声で「ゴロゴロ」と喉を鳴らす意味を知ろう


猫の鳴き声の意味を知る上で、高い声で「ゴロゴロ」と喉を鳴らす時の気持ちも理解してあげましょう。普段の満足の意味の「ゴロゴロ」の周波数は平均26Hzですが、高い声の「ゴロゴロ」は220〜520Hzです。人間の赤ちゃんが泣く時の周波数に近いです。

高い声の「ゴロゴロ」は要求を意味していて、「遊んでほしい」「餌が欲しい」など何か要求している時に出す鳴き声です。猫の鳴き声の意味でも、高い声の「ゴロゴロ」は注意してあげて下さい。

 

「シャーッ」と声を出す時の意味を知ろう


猫の鳴き声の意味でも「シャーッ」とか「フーッ」という声は相手を威嚇する時の鳴き声です。これは緊張している時に出す声で、猫が威嚇や防御態勢になっている時に出す声です。交尾の時にも発することがあります。見知らぬ猫同士で威嚇や警戒している時に「シャーッ」と言って距離を取ろうとします。

「なんだよ」「こっちに来るな」という意味です。餌を食べている時に触ったら「ウーッ」と鳴く猫もいます。猫の鳴き声の意味では、餌を取られまいとして威嚇している訳です。

 

高い声で「ミャー」と鳴く時の意味を知ろう


猫の鳴き声の意味でも、特に子猫が「ミャー」と高い声で鳴き続ける時は甘えたいサインです。小さい声で寂しそうに鳴いたりする声は甘えたい気持ちがある時です。飼い主がなでてあげたりして可愛がってあげましょう。大人の猫でも長時間の留守番で寂しかった時など、このような鳴き声を出しておでこや体をすり寄せてきます。留守番がよくできたことを褒めてあげて、猫を可愛がってあげましょう。

 

「ウギャアー」と大声で泣く時の意味を知ろう


猫の鳴き声の意味の中で、「ウギャアー」「ギャオーン」と大きく叫ぶように何度も鳴く時には意味があります。これは猫が恐怖、パニック、怒っている時の鳴き声です。例えば喧嘩をしている猫同士が町内に響き渡るような大きな声を上げている時です。

猫同士で一触即発の状態の時の鳴き声です。喧嘩以外では、どこか痛い時にもこんな声を出すので、その時は飼い主さんは気を付けてあげて下さい。猫の鳴き声の意味では「痛い」「怖いよ」という意味もあります。

 

いかがでしたでしょうか。

猫の鳴き声の意味でペットの気持ちが理解できる特徴を紹介しました。他にも獲物や興味のある物に手が届かない時に「カッカッ」「カチカチ」と鳴いたりもします。これは、もどかしいという気持ちを表しています。猫の可愛い声で「プルル」「クルクル」という鳴き声もあります。

これは猫が甘えていて、遊んでほしいという気持ちの時に出す声です。猫の鳴き声には意味がたくさんあります。猫の鳴き声だけで判断するのではなく、その時の行動とかしっぽの様子、耳や背中の毛も合わせて判断する必要があります。

しっぽを真っ直ぐに立てて先だけ動かしている時は、興味と緊張のある時の動作です。耳を伏せて背中の毛を逆立てて背中を丸くしている時は、喧嘩をしようとしている動作ですね。猫の鳴き声は16種類以上あると言われていて、同じような鳴き声でも抑揚によって違ってきます。

逆にあまり鳴かない猫もいて、そういう場合は態度で判断する方が良いでしょう。飼い主さんは自分の猫の鳴き声の意味を知って、気持ちを理解してあげられると良いですね。

 

まとめ

猫の鳴き声の意味☆ペットの気持ちが理解できる特徴は

・「ニャーニャー」と鳴く時は、食べたい、甘えたい、遊んでほしいなどの意味があります
・「ニャッ」と短めに泣く時は、挨拶や返事を意味しています
・「ゴロゴロ」と喉を鳴らすのは、安心、満足、リラックスしている時の声です
・高い声で「ゴロゴロ」と喉を鳴らす時は、遊んでほしい、餌が欲しいなど要求の意味があります
・「シャーッ」という鳴き声は、威嚇や防御態勢になっている時の声です
・高い声で「ミャー」と鳴く時は、甘えたい、寂しかったという時の声です
・「ウギャアー」と大声で泣く時は、恐怖、パニック、怒っている時の鳴き声です