カッパの飼い方。もしもいたら・・・こんなペットライフに

カッパの飼い方。もしもいたら・・・こんなペットライフに

『カッパの飼い方』(石川優吾)という漫画が出されてはいるものの、カッパの実際の飼い方やカッパと過ごすペットライフについてはあまり知られていませんよね。それもそのはず、カッパとはあくまでも想像上の生き物。実在するという確証がないため、カッパとの生活について知ることはそもそも不可能なのです。

本物のカッパが本当にいるなら非常に素晴らしくわくわくとしますが、今の時点ではカッパを目撃したという確かな情報は極端に少なく、昔話や妖怪話の域を出ていません。

だからこそカッパの飼い方やカッパとの生活について考えてみるのは面白いですよね。実際にカッパと過ごしてみたらどんな風になるか、いろいろなデータを踏まえつつイメージしてみました。



 


カッパの飼い方。もしもいたら・・・
こんなペットライフに

 


カッパの飼い方:そこらじゅうで評判に


カッパを飼い始めてまず起こる生活の変化はやはり周囲からの評判でしょう。自宅でひっそりと飼育するならまだしも、今はインターネットやSNSが普及した情報飽和時代。瞬く間に話題になるに決まっています。

カッパ君、カッパちゃんとの自撮りや日常生活の画像や動画を投稿すれば一瞬で注目を集め、びっくりするほど拡散されていくでしょう。カッパのおかげだとはいえ、インターネットの人気者になれることは間違いなしです。ペットのカッパの写真集やカレンダー、その他ファングッズを出すのも夢ではありません。

ただ、カッパ自身がこのような世間からの注目を好むかどうかはわからないもの。中には喜んで応じてくれるサービス精神旺盛なカッパもいるかもしれませんが、人目を浴びることによってストレスを感じるカッパだっているでしょう。それぞれの性格を重視して対処してあげたいものです。

 


カッパの飼い方:水場が必要


カッパが水の中に住んでいるという特徴はとても有名ですよね。水生動物としても語られるカッパだけに、この特徴はあながちウソではないようです。そのため、カッパを飼育するためにはカッパのための水場を用意してあげなければなりません。

自由に庭を掘ってため池を作ることのできる一戸建ての人にとっては有利になるでしょう(水道水の塩素には注意)。また、普段はその辺の川や湖に住まわせておき、たまに会いに行くというスタイルもアリかもしれません。

とにかく、水場を用意してあげるというのがカッパの飼い方の基本です。常に体を湿らせているというカッパの特性を大事にしてあげましょう。

 


カッパの飼い方:泳ぎがうまくなるかも


カッパは非常に泳ぎのうまい動物、いや妖怪であることは非常によく知られています。もともとは水の中に住む動物、いや妖怪ですので上手に泳げるのが当然なのです。泳げなければカッパでないと言っても過言ではありません。

そのため、カッパと一緒に暮らす中で共に水泳を楽しめば、飼い主であるこちら側の水泳技術も上達するでしょう。ただ、プールに連れて行くと目立ちますし、プールの水中の塩素がカッパの肌に合わないこともあります。泳ぎがうまいからといって無理にオリンピック出場を目指したりすると大変です。

できれば湖、もしくは川などで一緒に水泳を楽しみましょう。危険があればカッパが助けてくれる「はず」ですが、ピラニアなど危険な水生動物のいる水場は避けてください。カッパとはいえ対処できない場合があります。

 


カッパの飼い方:食べ物は?


カッパの飼い方である意味一番困るのは食べ物の用意かもしれません。カッパの常食メニューについての確かな情報がほとんどないからです。最も有名なのはきゅうりですが、生魚が好きだという説や人間の子供を食べるという伝承もあります。

一応カッパにきゅうりを食べさせてみて、気に入るようであれば与え続けるのが無難でしょう。また、元々は川や湖に住む動物ですのでエサは自分で取るように教えるのも良いかもしれません。

 


カッパの飼い方:体調管理には注意


水場や食べ物の用意と並び、カッパの飼い方について一番困る点はカッパの「体調管理」。生き物である以上は様々な病気や怪我をする可能性がありますが、そうした健康問題に対処できる動物病院は現状あまりないからです。

したがって、カッパのヘルスチェックには常に気を配らなければなりません。カッパに過大なストレスがかからないような生活を心がけましょう。また、人間との生活にどうしても慣れないようだと感じたらすぐに野生に戻してあげてください。

 

カッパの飼い方やペットライフについてのまとめ、いかがでしたか。

まず、カッパを飼い始めたらご近所やインターネットの世界で大評判になることは確実でしょう。画像を投稿すればすぐに拡散され、テレビの取材も来るかもしれません。ただ、このような注目がカッパにとってストレスにならないか考えるのが何よりも大切です。

また、水場の用意や食べ物の選び方にも注意を配る必要があります。この点に関しては川や湖の近くに住んでいる人が有利になるでしょう。住まわせる場所や食べさせるもの(人間の子供以外)に困ったら、好きにさせてあげれば良いからです。

さらに、プールや水道水に含まれる塩素には十分注意しなければならないものの、カッパと住んでいればこちらの泳ぎも上達するのは確実。一緒に楽しいウォーターライフを満喫できると良いですね♪

 


■まとめ■


カッパの飼い方やカッパと一緒のライフスタイルはどんな感じ?

・インターネットの人気者になれる!
・川や湖などの水場が必須
・飼い主の泳ぎも上達する可能性
・食べ物については自給自足がベスト?
・カッパの体調管理に気をつけなければならない理由