猫が食欲不振にならないようにするリラックス法

猫が食欲不振にならないようにするリラックス法

猫は、些細なことで食欲不振に陥る動物だということをご存知でしょうか。病気、ケガなどによって食欲が無くなる場合もありますが、それよりも多いのは、緊張状態が続くことによる食欲不振、つまりストレスです。猫はストレスを感じやすい生き物のため、知らない人が訪問したり、いつもと家具の配置が変わったという程度でも、精神的にダメージを受けてしまいます。猫はストレスを感じやすいばかりか、ストレスによって食欲以外の影響も受けやすく、体調を崩しやすくなってしまうのです。食欲が無い程度なら……と思って甘く見ていると、すぐに痩せ細って身体を壊すことになりかねません。

今回は、猫が食欲不振にならず、落ち着いて食事を摂れる精神状態を維持できるように覚えておきたい、猫にとってのリラックス法をお伝えします。



 


猫が食欲不振にならないようにする
リラックス法

 


食欲不振と好き嫌いの違いを知ろう


猫は好き嫌いが多く、気に入らない餌には全く手を付けないのに、自分が好きなものはモリモリ食べることが珍しくありません。ここで、猫の食欲不振と好き嫌いの違いを見分けられるようになりましょう。まず、猫は温度や食感に対する好みにうるさいです。人肌程度の食事を好み、濃厚な食感をのものを喜んで食べます。逆に言うと、食に特にうるさいタイプのグルメ猫の場合は、この条件をクリアしていないと手を付けてくれないということです。

また、人間の食べ物の味を覚えると、キャットフードが物足りなく感じてしまい、食べなくなることがあります。ですから、人間の食べ物はなるべく与えないようにしましょう。まず、猫の食欲不振を疑ったときは、色々と餌を変えてみて、ただの好き嫌いかどうかを判定することから始めて下さい。

 


猫のストレス状態を姿勢で知ろう


猫が普段、どのような姿勢でいるかで、ストレス度を測ることができます。例えば、のびのびと寝転がっているなら、リラックスできている証拠です。逆に、しり込みするような姿勢を取ることが多かったり、立っていることが多いようなら、猫にとっては緊張が強い状態と言えるでしょう。もし、猫が食欲不振に陥って、病気などが無いようなら、普段の姿勢を見てあげて下さい。そこで、緊張度の高い姿勢を取ることが多いようなら、リラックスさせてあげる必要があります。

猫の警戒度は、足に出ると言われています。警戒が強い場合は、すぐにでも逃げ出せるように座っていても足に力が入った状態でいることが多いようです。

 


猫にとって落ち着く環境を作ってあげよう


猫は、自分が慣れた環境でないと、リラックスできません。例えば引っ越し、模様替え、繊細な猫なら、トイレや餌の容器が変わっただけで、緊張して体調を崩してしまいます。このように猫がリラックスできない状態を作ってしまってはいけません。猫が食欲不振にならないためにも、常に猫の目線から見て環境を崩さないように気を付けましょう。飼い主の気まぐれで模様替えなどするのは厳禁です。

そうは言っても、止むを得ず引っ越しなどをすることもあると思います。そんな時は、猫が使い慣れたグッズを引っ越し先でも使わせ、寝床なども猫自身のニオイが付いたものを用意してあげて下さい。

 


ストレス源になるものを遠ざけよう


環境の変化以外にも、猫が食欲不振になるほど緊張してしまう場面はたくさんあります。まず、家族の増員や慣れない人の訪問などは、猫にとって大きなストレスになります。また、人だけでなく、気の合わない猫の存在も、常に厳戒態勢をとらねばならず、食欲が失せてしまうようです。このような人的要因も、猫にとっては食欲不振になり得るほどのストレスです。気の合わない人や猫はなるべく遠ざけるか、どうしても近づけなければいけない場合は、少しずつ慣らしていくところから始めましょう。

相手に慣れて猫がリラックスできるようになったら、じきに食欲も戻ります。

 


リラックスマッサージをしてあげよう


マッサージによって猫をリラックスさせる方法があることをご存知でしょうか。人間で言う肩もみのようなものですが、筋肉の緊張をほぐしてあげるだけで、猫はかなりリラックスします。簡単なものだと、首筋や背骨周りを指先でつまんだり強めに撫でたりしてほぐしてあげる方法があります。よく動かす部分ですから、相当こっていることが予想されます。この部分をほぐしてあげると、血行が良くなり、気持ちよくなって緊張が解けます。

ただ、猫が嫌がるようなら、更なるストレスを与えるだけですから、嫌がらない時だけ、マッサージしてあげるようにしましょう。

 

いかがでしたか。猫が食欲不振になると、飼い主は大変心配になるものです。ですが、病気などでないなら、その原因は飼い主の手で取り除くことができるものが大半です。人間も猫も、食事は生きるために必要ですよね。それが摂れなくなってしまうとなると、健康を維持することが難しくなり、思わぬ病気を招き入れることにもなりかねません。

ですから、たかが猫の食欲不振と思わずに、猫が餌を食べなくなってしまったら、その原因究明をするようにしましょう。そして、その原因を取り除いて、猫にとってリラックスできる環境を作ってあげれば、すぐに食欲は戻るはずです。毎日ちゃんと食事を食べられることは、健康のために一番大切なことです。どうか、猫が不安なく何でも美味しく食べられる環境作りをしてあげて下さいね。

 


まとめ


猫が食欲不振にならないようにするリラックス法とは

・食欲不振と好き嫌いの違いを知ろう
・猫のストレス状態を姿勢で知ろう
・猫にとって落ち着く環境を作ってあげよう
・ストレス源になるものを遠ざけよう
・リラックスマッサージをしてあげよう