猫の種類で最近話題の子達を集めてみました

猫の種類で最近話題の子達を集めてみました

「猫の種類」と言われると、ぱっと思いつくのは、日本猫の他、マンチカンやアメリカンショートヘア、ロシアンブルーなどのペットショップでおなじみの猫たちでしょう。やはり、良く流通していて、飼いやすい猫の種類の方が、一般的には認知度が高いようです。

ペットショップだけではなく、TVの動物番組や、知り合いの家で飼っているのを目にする機会も多いですよね。ですが、最近になって話題の新しい猫種も、たくさん存在するのです。猫の新しい品種は、猫好きの中ではいつも話題の中心にいます。

そんな中で、今現在話題となっている猫の種類には、どんなものがあるのでしょうか。今回は、最近注目されている新しい猫の種類を、お伝えします。



 


猫の種類で最近話題の子達を
集めてみました

 


セルカーク・レックス


まずはこちら、セルカーク・レックスです。この猫は、1987年に発見された新しい猫の種類で、大柄な身体と、くりくりに巻いた体毛が特徴の猫です。このセルカーク・レックスは、偶然発見された巻き毛の猫を祖先として、ペルシャやエキゾチックショートヘアとの交配を繰り返し、新品種として登録されるに至りました。

性格は、ペルシャなどの血が濃く入っているために温厚で、人懐っこく飼いやすいと言われています。ただ、その特徴的な巻き毛が抜けやすく、まめにお手入れをしてあげる必要があるということが玉に瑕といったところでしょうか。

 


ナポレオン


「ナポレオン」と聞くと、古くからある品種のような印象を受けますが、猫の種類におけるナポレオンは、1996年に誕生したとても新しい猫です。2015年から「メヌエット」とも呼ばれるようになりましたが、猫好きの間では、以前からあるナポレオンの名の方が親しみがあるようです。

この猫種は、短足で愛らしいマンチカンと、ペルシャやヒマラヤン、エキゾチックショートヘアなどを掛け合わせて生まれました。身体の大きさは中型で、体毛は長め、そしてペルシャ譲りの温厚さと、マンチカン譲りの好奇心を併せ持っています。そのため、マイペースなところがある猫で、あまり構いすぎるとストレスを溜めてしまうようです。

 


リュコイ


猫なのにオオカミのような外見をしている、リュコイ。別名「ウェアウルフ・キャット」とも呼ばれるこの猫は、金色の目と鋭い顔つき、そして体毛の少なさが見た目の特徴として挙げられます。リュコイは性格が猫よりも犬に近いと言われ、キツそうな外見とは裏腹に、人懐っこくて人間に従順な性質を持つ、飼いやすい猫だそうです。

日本で好まれているような「愛らしさ」を前面に押し出したような猫たちとは一味違いますが、レアな猫を好むマニアの間では、順番待ちが生じるほど人気なのだとか。カッコいい猫が欲しい、という人には、打ってつけの猫の種類と言えるでしょう。

 


スフィンクスボブ


体毛が全く無く、ミステリアスな雰囲気を纏っている「スフィンクス」を祖先として誕生した、スフィンクスボブ。この猫は、これから登録される予定という、極めて新しい猫の種類です。スフィンクスは無毛の長い尻尾を持っていますが、このスフィンクスボブは尻尾の短い「ボブテイル」の血も引いているため、尻尾がほとんどありません。

皴の寄ったぬるりとした身体、ぎょろっとした大きな目、そして尻尾が無いというその姿は、一見するとギョッとしてしまいますが、ずっと見ていると、奇妙な中に独特な魅力があることがわかります。いかにも「猫!」というような種類を好む人にはあまり適さないかもしれませんが、マニア受けする猫だということは間違いありません。

 


ラガマフィン


「ぬいぐるみ」という意味を持つ、ラグドールを品種改良して生み出されたラガマフィン。身体の大きさや性格、毛の長さなどはラグドールと同じですが、一番の違いが、毛色の種類。本来、ラグドールの色は数種類のパターンしか存在しませんが、ラガマフィンは、品種改良によって、様々な体毛を見ることができます。

また、顔にも違いがあると言われ、ラグドールはおっとりと幼い顔立ちですが、ラガマフィンはきりっと引き締まった表情をしています。また、ラガマフィンは丈夫で長生きしやすいというデータがあるため、少しでも長く一緒に暮らせる猫を探しているのなら、おすすめしたい猫の種類と言えますね。

 

いかがでしたか。今、話題の新しい猫ちゃんたちを5種類挙げてご説明しました。あなたが知っている猫の名前はありましたか。それとも、全て初めて耳にするものばかりでしたでしょうか。とってもかわいい猫や凛々しい猫、そしてミステリアスな猫など、色々な特徴を持つ猫たちですが、あなたの好みのタイプの猫はこの中にいましたか?

ここでご紹介した猫たち、5種類の全てが、日本の一般人が入手できるものとは言い難いですが、ラガマフィンやセルカーク・レックスなど、日本にもブリーダーが存在し、徐々に一般家庭に浸透していっている猫たちも含まれています。もし、新しい猫や、変わった猫が欲しいのなら、この中から検討してみてはいかがでしょうか。

 


まとめ


猫の種類で最近話題の子達を集めてみると

・セルカーク・レックス
・ナポレオン
・リュコイ
・スフィンクスボブ
・ラガマフィン