猫を拾ったら考えてほしい5つのこと

猫を拾ったら

あなたの近くにたった一匹だけ猫がいたら、心配でつい拾いたくなりますよね。猫を拾ったのなら、次にその猫をどうしてあげるのが一番いいか考えますよね。拾った猫の様子や、まわりの状況も色々あると思いますが、一度猫を拾ったのであれば、その瞬間からその猫のこれからのことを、自分で背負う責任が生まれます。

その猫の命を守れるのはあなた自身しかいないのです。また見捨てるという無責任なことをすることになるのであれば、猫を可哀想だと安易に拾うのはよくないことです。最後まで責任を持って、拾った猫の面倒を見られる覚悟をきちんと持ちましょう。

それでは、猫を拾ったら一体どうしたらいいのか、今回はそのことについてを5つのポイントと共にお伝えします。拾った猫にとって最善の道が切り開かれ、猫を拾った自分も、猫に対して安心して満足できる結果に繋がることになると良いですね。ではご覧ください。



 

猫を拾ったら

考えてほしい5つのこと

 

猫の様子を見る


まず猫を拾ったら、その猫の様子を観察しましょう。怪我をしていないか、病気をしているように見えないか、体調や機嫌が良いかを確認します。もしそこに問題がないようであれば、次に首輪がついていないか確認します。首輪がついていなくても、有名な種類の猫だったり、毛艶も良く体が綺麗な状態に見えるのなら、迷い猫の可能性も上がってきます。

 

猫を病気に連れて行く


猫を拾ったらすぐ自宅などに連れて行かず、はじめに猫を診てもらえる病院へ連れて行くことをお勧めします。目に見えない箇所を怪我をしていたり、病気になっていたり、体に障害のある場合もありますし、猫について獣医とよく相談し、理解できる良い機会になります。

また、今のペットショップで販売されている猫には、マイクロチップが埋め込まれていることが多いので、もしマイクロチップが埋め込まれていたのなら、それを使って飼い主を探すことも可能になります。

 

猫を自分で飼う


猫を拾ったら、自分で飼うことができるかどうか、まずよく考えましょう。猫を拾った責任がある以上、それが一番いいことです。自分の家が猫を飼える環境であるか確認し、安心して猫を迎え入れられるのが一番の理想です。やはり一度猫を拾ったのなら、その猫がこれからどうなるのか、あなたには最後まで見届けなければいけない義務もありますし、拾った猫に対して情が湧いていることでしょう。

それならばできる限り、自分の力で猫を守って、猫のこれからをしっかり見届けていけるのが一番安心できていいでしょうから、猫を拾ったら、なるべく自分で飼うという決意を固めてから拾うことが一番いいことになります。

 

猫の里親探し


一匹ならともかく、複数の猫を拾った場合や、やむを得ず自分では飼うことが難しい場合には、次に猫の里親を探すことを考えましょう。里親を探すには、動物に関心のある人がよく通りかかる動物病院に頼んで、ポスターを貼らせて呼びかけてもらったり、地域にもよりますが、市や役所に相談すれば、掲示板に猫の情報を載せてもらえる所もあります。

またインターネットを使い、ペットの里親探しのホームページサイトを利用したり、今はSNS内で猫の里親情報を拡散することでも、猫の里親を探す効果が期待できます。

 

保健所へ連れて行く


猫を拾ったら保健所に連れていくのは、悲しいことですが拾った猫の最終的なひとつの手段になります。保健所でも里親探しを積極的に行っている施設を選び、できるだけ譲渡会を開いてくれている所を選ぶといいでしょう。

しかし拾った猫を処分せずに、預かれる期間や里親を探す期間は、施設によりかなり限られてきてしまいます。なので猫を拾ったら、最終的な手段として保健所に連れて行くよう、拾った猫の命を確実に守れるように、なるべく自分や自分のまわりにいる人々の力で、最後まで猫の里親を探す努力をしましょう。

 

いかがでしょう。猫を拾ったということは、生き物を拾ったということ尊い小さな命を拾ったということと同じことです。猫を拾うことは簡単ですが、猫を拾ったのは、猫を救うためのきっかけにすぎません。あなたのこれからの行動に、猫を救うことができるかが掛かってくるということを、しっかりと受け止め、その猫を最後まで見放さないよう、大切に扱いましょう

今回紹介した、猫を拾ったら考えてほしい5つのポイントが、あなたと拾われた猫の力になることで、少しでも猫にとって良い結果に繋がってくれることになるでしょう。猫にとっていい結果にするためには、自分ひとりで抱え込まず、たくさんの人たちにも協力してもらえることも忘れないでくださいね。

精一杯生きようとする猫と共に、精一杯自分もできる限りのことを尽くしてあげて、拾った猫のためにできることを最後まで諦めずに、頑張って取り組んでいきましょう

 

まとめ

猫を拾ったら…

・猫の体の状態、首輪がついていないかを確認する
・一度病院に連れて行き、猫の体を診察してもらう
・まず自分でその猫を飼えるかどうか考える
・病院や役所のポスターや、インターネットを使って猫の里親を探す
・最終的な判断として、譲渡会などを積極的に行っている保健所へ連れて行く