一人暮らしだけどペットが飼いたい!お世話しやすい動物達

一人暮らしだけどペットが飼いたい!お世話しやすい動物達

一人暮らしだけどペットを飼いたい!と思っている人。正直なところ、不在がちだからペットだけで留守番させられるのだろうか、世話をひとりですることができるのだろうかといった不安はつきものですよね。しかし、実際には一人暮らしでペットを飼って問題なく生活している人が大勢います。

もし一人暮らしでペットを飼うことに不安があるのなら、一人暮らしの人でもお世話をしやすいペットを飼ってみるのはいかがでしょうか。散歩の必要ない、お世話に時間を取られないペットなどを一人暮らしの方のために、ご紹介していきます。ペットのいる暮らしはとても楽しいですよ!

自身のライフスタイルやペットのお世話にかけられる時間などを考えながら、お気に入りのペットを選んでいきましょうね。今回は一人暮らしでもお世話しやすいペットをお伝えします。



 

一人暮らしだけどペットが飼いたい!
お世話しやすい動物達

 

一人暮らしの話相手に「鳥」


朝が早い、帰りが遅いなど、散歩の時間を取れない人には「鳥」をおすすめします。手乗り文鳥やおしゃべりインコといったように、懐いてくれる鳥は飼い主を癒してくれることでしょう。

特におすすめなのが「文鳥」です。文鳥の寿命は8年ほどで価格も1万円以下と初めての一人暮らしさんのペットにはぴったりです。餌も鳥用のフードで食べる量もそんなに多くなく経済的なのも嬉しいです。鳴き声も小さいので近所に気を使う必要はないのもおすすめポイントです。

 

末永いお付き合い「亀」


亀の中で飼育しやすいのが「ヘルマンリクガメ」「ギリシャリクガメ」「ロシアリクガメ」などのリクガメ達です。価格は2万円前後で寿命はなんと30年ある個体もいます。ただ亀は、環境を整える必要があるので、保温用の電球や紫外線ライトなど設備代がかかります。

電気代は一ヶ月3000円程度ですが、犬猫のようにブラッシングなどの手入れは必要としないので、あまり時間が取れない人にはおすすめです。ある程度大きくなれば、洗面台で沐浴させたり、外に連れ出だしたりすることも可能です。亀を連れて出かけたら、街で注目の的ですね。

 

ワンルームでも飼いやすい「ウサギ」


ワンルームのようにあまり部屋が広くない場合でも飼いやすいのが「うさぎ」です。少しの時間ゲージから出してあげて部屋の中をぴょんぴょん歩かせてあげるだけでも十分な運動になります。もし散歩に連れていきたい場合はリードを着けていきましょう。うさぎの散歩のことを「うさんぽ」と呼びます。

なんて可愛い!しっかり躾をすればトイレを覚えることもできますので、あまり世話の時間を取れない一人暮らしでも安心です。最後に、「うさぎは寂しいと死んでしまう」といった噂ですが、これはまったくの嘘です。一人暮らしのペットにしてもご心配なく。

 

夜行性な「ハリネズミ」


トゲがチクチクしていて、ペットにできるの?と疑問に持つ方もいると思いますが、一人暮らしのペットとして向いているのがこの「ハリネズミ」です。トゲを出すのは警戒して攻撃をしようとしているからであって、慣れてくればトゲを出してくるようなことはありません。

まだ慣れない飼い始めの頃は手袋をするとトゲを防げます。夜行性の動物なので昼間は活動せずほとんど寝て過ごします。昼間家を空けていることの多い、一人暮らしペットにぴったりなのはそのためです。ただ低温に弱いので温度管理には注意が必要となります。ハムスターと同じく運動用のホイールをゲージに設置してあげると、クルクル回ってくれるので、そんな姿を見るのは癒し効果抜群です。

 

賢くて育てやすい「フェレット」


最も一人暮らしさんにおすすめなペットが「フェレット」です。小さいころから飼ってしっかり躾をすると犬並に躾が入るとされています。また、ほとんど鳴かないのも飼いやすい動物とされる理由です。子供時代にしっかり遊んであげることで自分の名前に反応をするし、簡単な芸も覚えます。

犬や猫に近い反応を楽しめるので、実家で犬や猫を飼っていたような動物好きな人にはとてもおすすめです。留守時は大きめのゲージにおもちゃなどを一緒に入れておけば、勝手に遊んで寝て過ごしてくれます。餌も必要量以外は食べずに残しておけるので、多頭飼いや食事をすぐにあげられない場合でも困りません。とにかく賢い!

 

「犬」よりは「猫」がおすすめ


ペットの王道の「猫」です。犬と人気を二分する存在ですが、一人暮らしのペットとしては「猫」をおすすめします。基本的に散歩の必要はありませんので生活が不規則な人でも飼いやすいです。躾もしやすく、トイレも自分でできるので、必要以上にお世話をしなくてもよい「自立」したペットといえます。

猫を飼う最大のメリットはやはり一緒に遊べるという点です。表情も豊かで、話しかければ何かしら反応をしてくれるもの嬉しいところ。疲れて帰ってきても猫が出迎えてくれたら疲れなんて吹き飛んでしまいます。

 

いかがでしたでしょうか。

一人暮らしでペットを飼うのはハードルが高いと思っていたかもしれませんが、そんなことはありません。自分のライフスタイルに合わせて選択肢はいくつかありますので、もし飼育状況が気になるならペットショップで質問したり、一人暮らしでペットを飼ったりしている人のブログなどを参考にするとよいでしょう。

しかし、ペットを飼うからには、忙しすぎて構えずペットの様子がおかしいことに気付かなかったなんてことはあってはいけません。自分のせいでペットが病気になってしまったなんてことになったらとても悲しいです。

万が一の場合に備えて、預けられる場所や動物病院についても確認しておくようにしましょう。一人暮らしだからこそ家でペットが待っていてくれる喜びは大きいです。ぜひ自分に合ったペットに出会いましょう。

 

まとめ

一人暮らしのペットにするならこの動物

・一人暮らしの話相手に「鳥」
・末永いお付き合い「亀」
・ワンルームでも飼いやすい「ウサギ」
・夜行性な「ハリネズミ」
・「犬」よりは「猫」がおすすめ