子犬の里親探しに必要な5つの情報

子犬の里親探しに必要な5つの情報

子犬の里親を探す機会、犬を飼っている人にはいつ訪れるかわかりませんよね。例えば、ブリーダーをしていている犬に子犬が産まれた場合。ブリーダーでなくてもペットの犬が子犬を産み、自分ではこれ以上飼育できないということもあるでしょう。

生まれてきた子犬を自分で飼えないのなら、他の人に飼ってもらうより他ありません。しかし、子犬の里親さん探しもなかなか大変で、なかなか決まらなかったり、知らないうちに詐欺に巻き込まれてしまったりします。

せっかくこの世に生まれた子犬たちの命が浮かばれないことになってしまうという最悪のケースも。そうした事態を防ぐために知っておきたいのが、子犬の里親探しをする際に必要な5つの情報です。しっかりとチェックし、いざというときにすぐに行動できるようにしておきましょう。



 


子犬の里親探しに必要な
5つの情報

 


子犬の里親探しに必要な情報:①母犬の出産時期


生後間もない子犬を発見したけれど飼えないから里親を探すというのではなく、家に出産を控えた母犬がいるからその子犬たちの里親を探したいというのなら、大体の出産時期はわかっていますよね。そのため、子犬が産まれる前から告知などをしておくと里親さんを見つけやすくなります。

ただ、子犬が産まれたからといってすぐに里親さんに引き渡せるわけではないので要注意。子犬そのものの健康状態などを考慮し、獣医さんのアドバイスを仰ぎながら引き渡し時期を決めましょう。

また、里親募集サイトなどではまだ生まれていない子犬の情報提供を禁止しているところもあります。個人間で取り引きする場合には問題ありませんが、保護団体などを通じてやりとりをするならその団体のルールをしっかり守りましょう。

 


子犬の里親探しに必要な情報:②里親募集サイト、保護団体などを調べる


生まれたばかりの子犬を拾った、または家で飼育している犬が出産したなどして子犬の里親が必要になったら、里親募集サイトや保護団体などのチェックを始めます。できれば住んでいる地域に根差したサイトや団体が便利でしょう。引き渡しの際に遠出をすることがなく、子犬にストレスがかからないためです。

また、なるべく近場で里親さんを見つけることができれば、子犬の様子をちょくちょく見に行くことができます。引き取り先で子犬が幸せに暮らすことができるかが何よりの優先事項となりますので、それをチェックするには近ければ近いほど有利でしょう。

 


子犬の里親探しに必要な情報:③子犬の健康状態


子犬を里親さんに引き渡す前に必ずチェックしたい情報の一つに、子犬の健康状態があります。というのも、病気などの問題があるのに「健康体」として譲ってしまっては詐欺行為とも捉えられかねないからです。

そのため、子犬を里親さんに譲り渡す前に必ず動物病院での健康診断やワクチン接種などを行うようにしてください。万が一重大な病気にかかっていたとしても早期発見できれば完治できるという例もあるため、子犬のこれからの生活のためにもぜひ手間を惜しまずしてあげたいものです。

 


子犬の里親探しに必要な情報:④里親の個人情報


失敗のない里親探しをするためには、子犬の里親となる人の連絡先をしっかり把握しておく必要があります。きちんと確認の取れている電話番号や住所、メールアドレスなどといった情報をセットで提供してもらいましょう。

もちろん、この時点で難色を示す里親候補者は少なくありません。しかしここで自分の個人情報や連絡先情報を気持ち良く提供できない候補者はあまり信頼ができる人物ではないので、ふるい分けしてしまって問題ないと言えます。

一番大切なのは子犬の人生なのです。子犬に本当に幸せになってもらうためにも、妥協せず根気よく里親探しを続けましょう。

 


子犬の里親探しに必要な情報:⑤里親を本当に信頼できるか


子犬の里親探しをする上で何よりも重要なのは、信頼できる里親さんを見つけること。野良犬として捨てられていた、あるいはせっかく生まれてきた子犬に本当に幸せになってもらうためにも、誠実な心を持った里親さんを探す必要があります。

里親さんに実際に会ったりトライアル期間を設けて飼い方を確認したりなど、徹底的な下準備をしましょう。里親さんと友達になり、近況報告をしてもらいやすい環境を整えるという手もあります。

 

子犬の里親探しをするときにチェックしたい情報5つ、いかがでしたか。

自分で飼っている犬が子犬を出産したのなら、出産前から里親募集告知を出すとスムーズです。とはいえ、里親募集サイトの中にはまだ生まれていない子犬への記載を禁じているものもあります。それぞれのルールを守って利用しましょう。

また、譲渡先との仲介を行う募集サイトの本拠地や保護団体はなるべく近場のものを選んでください。実際に子犬の引き渡しをするときに手間がかからず、また子犬自体にもストレスが変わらないからです。

最後に、里親候補が本当に信用できる人物であるかどうかをしっかりと確認しましょう。個人情報の提供や近況報告を惜しまない候補者を優先的に選んでいくと失敗がありません。

 


■まとめ■


子犬の里親を探すとき、絶対に見逃せない5つの情報とは?

・子犬が産まれる時期を把握しておく
・近場の里親募集団体をチェックする
・子犬の健康状態を正確に把握する
・里親候補に連絡先を提示してもらう
・里親候補の信用性をきちんと確認する