超かわいい子犬の画像☆癒されるもの15連発☆

超かわいい子犬の画像☆癒されるもの15連発☆
みなさんはこれまでに子犬を飼ったことがありますか。子犬を飼ったことがある人、飼ったことがない人、いずれの人であっても、子犬というのは私たちにとって、本当に可愛く癒される存在ですよね。

犬は年齢が1歳になると、人間でいう大人と同等だと言われています。では、子犬というのは生後何か月頃までのことをさすのでしょうか。諸説はありますが、生後3か月や満1歳未満だといわれています。少なくとも1年経ってしまうと、子犬ではなく成犬になってしまうのです。

そう考えると子犬の時期というのはあっという間です。そんなわずかな貴重な時期におさめることができた、とても可愛い子犬の画像を集めてみました。忙しい日々の合間にほっこりと癒されてください。




超かわいい子犬の画像☆
癒されるもの15連発☆

 


 

その1:3匹の子チワワが、籠にのって何を見つめているのでしょう。前足を籠に乗せた状態で、とっても可愛らしいですね。

No1

 


 

その2:ぬいぐるみたちと一緒に籠から顔を覗かせています。どれが子犬でどれがぬいぐるみなのか、区別がつきますか。

No2

 


 

その3:ぐっすりと眠っている寝顔にうっとりします。

No3

 


 

その4:大きなお鼻が可愛さ満点です。

No4

 


 

その5:手のひらにすっぽりと入ってしまいます。

No5

 


 

その6:ウトウトうたた寝、もうまぶたが閉じてしまいそうです。

No6

 


 

その7:スニーカーを枕にしてぐっすり寝入ってます。

No7

 


 

その8:ゴールデンレトリーバーが大集合!

No8

 


 

その9:みんなで仲良くベンチでお昼寝してます。

No9

 


 

その10:なんという可愛さでしょう。

No10

 


 

その11:あどけないバーニー。成犬の大きさを想像できないくらい小さいです。

No11

 


 

その12:スイカの帽子をかぶった子犬です。可愛すぎます。

No12

 


 

その13:2匹は仲良しさんです。

No13

 


 

その14:何か見つけたようです。

No14

 


 

その15:2匹はどこへ行くにもいつも一緒です。

No15

 


 

どの子犬も小さくてとても可愛く癒されますね。子犬の頃と成犬の頃とは、体の大きさがだいぶ異なる種類もいます。その11のバーニーズマウンテンドッグが代表的な例です。子犬の頃は体重が10kgにも満たないのですが、成犬ともなると40~50kgにもなります。
子犬というのは手のひらにすっぽりと入ってしまうくらい小さいです。

一般的に犬の成長というのは、人間の7倍ものスピードで成長していくと言われています。私たちと同じ時間を過ごしているのに、犬だけが7倍も早く年を重ねてしまうのです。
そう考えると子犬でいられる期間は本当に限られてくるのです。この貴重な時間を大切に過ごしたいものですね。


まとめ

超かわいい子犬の画像☆癒されるもの15連発☆

その1:3匹の子犬チワワが、籠にのって何を見つめているのでしょう。前足を籠に乗せた状態で、とっても可愛らしいですね。
その2:ぬいぐるみたちと一緒に籠から顔を覗かせています。どれが子犬でどれがぬいぐるみなのか、区別がつきますか。
その3:ぐっすりと眠っている寝顔にうっとりします。
その4:大きなお鼻が可愛さ満点です。
その5:手のひらにすっぽりと入ってしまいます。
その6:ウトウトうたた寝、もうまぶたが閉じてしまいそうです。
その7:スニーカーを枕にしてぐっすり寝入ってます。
その8:ゴールデンレトリーバーが大集合!
その9:みんなで仲良くベンチでお昼寝してます。
その10:なんという可愛さでしょう。
その11:あどけないバーニー。成犬の大きさを想像できないくらい小さいです。
その12:スイカの帽子をかぶった子犬です。可愛すぎます。
その13:2匹は仲良しさんです。
その14:何か見つけたようです。
その15:2匹はどこへ行くにもいつも一緒です。