犬の名前、ヒント集☆名付けに悩むあなたへのアドバイス

犬の名前、ヒント集☆名付けに悩むあなたへのアドバイス

待ちに待った愛犬の名前は素敵な名前にしたいですね。犬の名前ってヒトと違って法律で決まりがあったり、戸籍があるわけではないので自由につけて良いのですが、自由なばかりにあれやこれや迷ってしまいますよね。

犬の名前は他のペットたちに比べるとかなり重要です。犬はかなり賢く自分の名前を認識します。さらに名前の呼ばれ方でヒトの喜怒哀楽といった感情を理解します。さらに、愛されて犬の名前を呼ばれた犬はより人間に寄り添いヒトとの意思疎通が双方向になり賢く頼りがいのある犬に成長していくのです。

新しい家族を迎えるにあたり重要な犬の名前の付け方はいろいろありますが、今回は性別、犬種に関係なく犬の名前を決めるとき、犬も飼い主も幸せになるためのアドバイスをまとめましたのでお伝えします。



 

犬の名前、ヒント集☆
名付けに悩むあなたへのアドバイス

 

呼びやすい名前を付けると小さい時からしつけが楽になる


犬の名前は「シロ」「ジョン」「ショコラ」など呼びやすい名前を付けましょう。犬の記憶は個体差はありますがヒトでいうところの2〜3歳児程度なので一音節でよべる名前を付けましょう。

長くても「アレクサンドラ」「ポリネシアン」程度にして、どうしても長い名前を付けるときは犬の名前とは別に呼称として「武者小路実篤」なら「さね」とか「マルコポーロ」なら「マル」のようにニックネームを一緒に考えるようにしましょう。犬は自分を認識できると知能がぐーんと高くなり、ヒトと暮らすためのルールをより理解してくれます。

 

犬の名前もヒトと同じように姓名判断を使うことができる


赤ちゃんの名前付けの参考に姓名判断は広く活用されていますが、姓名判断は単なる占いにあらず。膨大な過去から現在に至るまでの名前と人生を統計処理したもので事実に基づく理論の裏付けがあります。犬と言えど家族の一員、人と同等に運命を共にしているわけなので姓名判断の傾向としては適応するのです。新たな家族に素敵な将来が訪れることを祈り幸運な名前を付けてあげたいですね。

 

飼い主の大好きが犬の名前になると愛情が伝わりやすくなります


言葉には「言霊」や「心理分析」に基づく表面化してはいない秘めたパワーがあります。大好きな食べ物、大好きな人の名前を呼ぶときに犬に対する愛情プラス言葉の秘めたパワーを届けてあげましょう。

「ケン」「モルツ」「さくら」飼い主自身も大好きなものの名前を声に出すだけでウキウキした気持ちになってきませんか?名前を呼んだ方も呼ばれた方も幸せな気持ちになる名前って素敵です。明るい気持ちで名前を呼ばれた犬は明るい犬に成長しもっともっと大好きな存在になってくれます。

 

直感型の名づけは出会った瞬間にひらめいた言葉をつけましょう


あれこれ犬の名前を考えて決まらないまま感動の初対面を迎えた時、フッと頭に浮かんできた言葉を名前に使うのも「アリ」です。なぜなら、第一印象って先入観なく大まかなアウトラインが抑えられていることが多分にあるからです。

「クロ」や「マーブル」といった毛色の印象や「マル」や「ロング」といった体つきの印象人によってはゲージの隅っこで丸くなっていた姿から「スミー」とかよく吠えるから「バウ」とつけた人も実際にいます。犬自身もすっきりとなじむ名前を付けようとおもっている時はこの直感を信じる方法はぴったりです。

 

犬の名前だけでなく壮大なストーリーを思わせる名づけは夢がある


「ルフィ」なら船長さん、「劉備」なら中国の三国志時代、「シャア」なら赤い彗星と犬そのものだけでなく誰もが思い描くストーリーを犬のバックにしたい時にどこかのストーリーに登場するキャラクターの名前を付けましょう。人間生きていればいろんなことがあります。

悲しかったり、へこんだ時に犬の名前を呼びつつチョット現実逃避とか、うれしいがあふれて止まらない時家の中だけでなく壮大な世界までうれしいを膨らませてみたり。ヒトと寄り添って生きる犬にプラスワンをしてみましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

犬とヒトは互いに寄り添って幸せになるために毎日を過ごします。犬の名前はその犬と過ごす時間の中で何回呼ぶのでしょう。朝起きた時、ご飯の時間、お散歩の途中などざっくりとカウントして一日10回なら15年その犬が生きた場合54750回と気の遠くなる回数名前を呼ぶことになります。

だからこそ、犬の名前選びはとても大切なことなのです。古典的な「ポチ」や「コロ」、キラキラの「獅子(レオ)」や「心愛(ココア)」飼い主のセンスで犬の名前の選び方は様々ですが、相思相愛になるべく愛情をもって呼んであげられる名前を付けましょう。

犬と言えど大切な家族です。想いあってこそ幸福が生まれるのです。素敵な名前をたくさん呼んで、出会う前に想像していた犬との生活をもっともっと素敵なものにしましょう。

 

まとめ

犬の名前をつけるための5つのアドバイス

・呼びやすい名前を付けると小さい時からしつけが楽になる
・犬の名飼い主の大好きが犬の名前になると愛情が伝わりやすくなります
・前もヒトと同じように姓名判断を使うことができる
・直感型の名づけは出会った瞬間にひらめいた言葉をつけましょう
・犬の名前だけでなく壮大なストーリーを思わせる名づけは夢がある