ペットロスから立ち直る7つの方法

ペットロスから立ち直る7つの方法

大事にしている家族同然のペットが亡くなったら、悲しくて悲しくて立ち直れないくらい落ち込むものです。所詮ペットではありません。やっぱり、家族同然に愛していたペットがある日亡くなってしまったら、落ち込んで世界が暗く見えるのが当たり前だと思います。けれども、いつか別れはやってくるもの。大事なペットが天国にいってしまった時、私達はどうしたらいいのでしょう。ペットロスをどう乗り越えたらいいのでしょう。

天国に飛んでいってしまったペットが再び地上に戻ってくることはありません。けれども私達はペットロスを乗り越えて、生きていかなければならない。もうすぐそばに、いつもいたかわいらしいペットがいなくても、それでも生きていかなければならないのです。

つらいペットロス。ペットを飼っていた人になら誰にでもわかる悲しい思い。乗り越えていくにはどうしたらいいでしょう。ペットロスから立ち直っていく方法をお伝えします。



 


ペットロスから立ち直る
7つの方法

 


泣きたいだけ泣く


悲しい思いを閉じ込めたらいけません。いたずらに泣いていても仕方がないと、無理やり涙をふいて、悲しい思いに背中を向けて、まるで悲しい気持ちを箱に閉じ込めて、フタをしてしまうように、思い出さないようにする人がいるものですが、あまりよくないかもしれません。悲しい時、泣きたい時には、思いきり泣きましょう。

大事にしていたものをなくした時に悲しいのが当然です。こんなに泣いていてはペットロスになってしまうなんて恐れてはいけません。泣きたい時には思いきり泣く。これが大切なことなんです。悲しみを閉じ込めたら、それは体の中に黒い毒のようにたまってしまいます。そしてある日、病気となって発症してしまうこともあるのです。

悲しい時には思いきり泣いて、悲しみをためこまないようにしましょう。それが、ペットロスから立ち直る一つの方法です。

 


思い出の品を大事に飾ろう


あなたの大事なペットの思い出の品ってありますよね。例えば、犬ならば、その犬が使っていたリードや食事の皿、着ていた服やベットなど、いろいろな記念品があると思います。できれば、大事にとっておきましょう。

いつまでもひきずるのはよくないからと処分してしまうこともありますが、ひきずっていいんです。悲しんでいいんです。思い出の品、あなたの大事なペットの匂いが残っているものは大事に取って飾ってみましょう。その品に残る匂いがペットロスのあなたをなぐさめてくれます。

 


写真やビデオを整理しよう


あなたのペットをうつした写真やビデオはたくさんありますか。たくさんあれば、それらを整理するのもペットロスから立ち直る一つの方法です。アルバムなどにきれいに整理をしてみましょう。戸棚の奥や、パソコンにためこんだ写真を引っ張り出せば、たくさんあるかもしれません。そんな写真を見て、家族で思い出を語り合ったり、一人、しみじみと思い出しながら、ゆっくりと整理するのもいいですよ。

楽しかったたくさんの思い出が、胸をギュッとしめつけもしますが、同時にペットロスで、ペットが懐かしくてたまらないあなたを癒してもくれるでしょう。

 


ぬいぐるみを作る


「羊毛フェルト」ってご存知ですか。手芸屋さんなどに行けば、セットが売っていますけれども、羊毛を専用の針でチクチクさしてフェルト状に固めて、ぬいぐるみを作っていくことができるんです。この羊毛と、あなたの犬や猫の毛を混ぜて、あなたの犬や猫にそっくりのぬいぐるみを作ってみてはどうでしょう。

あなたの犬や猫の毛を使った、あなたのペットにそっくりのぬいぐるみ。不器用な人でも作れます。自分の手で心をこめて作ることで驚くほど癒されますよ。

もちろん、お金を出せば、あなたの犬の毛でものすごく上手にぬいぐるみを作ってくれる会社もあります。けれど、ペットロスを乗り越えようと思ったら、自分の手で作るのが一番です。時間のある時にコツコツとあなたの犬の毛と向き合い、写真をじっと観察しながら作っていく。できあがった時、もう一度、あなたの大事なペットと再会したような気持ちになれます。ペットロスを乗り越えたい方は、ぜひ、ぬいぐるみを作ってみて下さい。

 


新しい子犬や子猫を飼う


新しい子犬や子猫を飼うことも、ペットロスを乗り越える一つの方法です。あの子以外にはとても飼う気になれない…と思う方もいらっしゃるかもしれません。天国に飛んでいってしまった大切なあの子のことは決して忘れることはないでしょう。けれども、どの子にもそれぞれの可愛さがあるものです。日々、犬や猫がそばにいてくれると、自然に笑顔になって、ペットロスも癒されてしまいます。

 


近所の犬や猫とふれあおう


高齢で、もう一度子犬や子猫を飼うのはむずかしい…という方は、近所の犬や猫などとふれあっても楽しいです。散歩している犬をなでされてもらったり、近所の猫とふれあったり。生き物とふれあうとペットロスも、少しずつ癒されます。温かい手触りやぬくもりにふれて、悲しい心を癒してみてはどうでしょう。

 


保護施設のボランティアにいこう


捨てられた犬や猫を保護している愛護団体などには、お世話をしてもらえない犬や猫がたくさんいます。それらの犬や猫の里親になってやれたら一番ですが、家庭の問題や、年齢的な問題、仕事的な問題など様々な問題により、そう簡単に、次のペットを飼えないことってありますよね。そんな時は、ボランティアの仕事をしてみてはどうでしょう。

どの保護施設でも大抵いつも、ボランティアさんを募集していると思います。保護犬たちの散歩をしたり、遊び相手になったり、なでてあげたり。保護猫たちと遊んであげたり、ひざの上に乗せてあげたり、ご飯をあげたり。今まで十分にかまってもらえなかった犬や猫たちは、きっと喜びます。そういうふれあいを通して、あなたのペットロスも癒されていくでしょう。

 

いかがでしたか。基本的には、ペットロスは立ち直れるものではありません。悲しい思いはいつまでも胸に残ります。時々、胸がしめつけられるような気持ちになったり、思い出して悲しかったり、いつまでも泣けてきたりするものです。この地上では、決して決して、二度と会うことはできない。あなたが次、天国にいくまで会うことはできないんですから、それまで悲しい思いは基本的には消えることはないでしょう。

けれども、夢の中ではいつでも会いにいくことができます。思い出の中でいつでも会うことができます。楽しかった思い出は、あなたのものです。どんなことがあったって、それが壊れることはありません。

大切な人はあなたが思い出している限り、決して死なないものだといいます。ペットだって同じでしょう。あなたが思い出す限り、あなたのペットはいつだってあなたのそばにいて、きっと優しく見守っているにちがいないのです。

あなたのペットはいつだってあなたのそばで、風になり、光になり、雲になり、虹となってあなたを見守ってくれるでしょう。つらい時、きっと、助けになってくれることでしょう。そばで見守ってくれていると信じて、また天国で再会できる日を楽しみに自分の人生を生きていけたらいいですね。

 


まとめ


ペットロスから立ち直る方法とは

・泣きたいだけ泣く
・思い出の品を大事に飾ろう
・写真やビデオを整理しよう
・ぬいぐるみを作ってみよう
・新しい子犬や子猫を飼おう
・近所の犬や猫とふれあおう
・保護施設にボランティアに出かけよう