ペット火葬はこうする。亡くなった時に知っておくべき事

ペット火葬はこうする。亡くなった時に知っておくべき事

愛するペットを亡くして、悲嘆にくれる瞬間。どうすることも出来ません。思いっきり大声で泣きましょう。今までの思いの丈を吐き出してしまうことです。ペットを早く葬ってやりましょう。

近年、ペットといわれる、飼育動物は多くの家庭で育てられています。犬や猫の昨年の推定データーでは、二千万頭という数字を示しています。ペットを葬る方法は、ペット火葬が一般的です。

人と違わない略式の方法で葬られます。動物専用の寺や霊園に葬られる仕組みが作られています。これ以降、『ペット火葬はこうする。亡くなった時に知っておくべき事』を、あなたとご一緒に見ていきましょう。



 


ペット火葬はこうする。
亡くなった時に知っておくべき事

 


愛するペットを葬る準備をしよう


愛するペットを葬るために、用意するものがあります。ペット火葬の準備品。1)ペットの亡骸を寝かせる棺の代用になるダンボール箱。2)ペットシート、ペットの下に敷いて尿や汚物を吸収します。

3)好物やグッツなどで、燃やせない金属やプラスチックは避けます。4)一時的な祭壇。5)庭の花など。ペットの状態によって、アルコール綿や脱脂綿、保冷剤やドライアイスが必要になることもあります。

日々の生活はペットと共に明るく健やかに過ぎてきました。短い年から長い何月を過ぎて、何十年もペットと生活を共にしてきました。そして、別れが来ました。安らかに眠ってもらうために送り出してやりましょう。

 


亡くなった遺骸を処置しよう


愛するペットが亡くなった直後に、することがあります。犬は狂犬病予防法によって、市町村役場か保健所に届け出します。また、掛かりつけの動物病院で、口頭や電話で伝えて処理してくれることもあります。

ペット火葬する前に体が汚れていたら、濡れタオルやアルコール綿で清拭してあげます。病気や感染症を患っていたらプラスチック手袋をします。次に、体液や排泄物が流れ出ないように処置します。

口や鼻、耳や肛門の穴に脱脂綿を詰めます。死後硬直の概算時間です。小さなハムスターは、心肺停止直後。フェレット、30分。猫や小型犬、60分。中型犬、90分。大型犬、120分です。

 


ペット火葬する場所を決めよう


愛するペットの火葬ですることがあります。遺骸は腐敗していきます。安らかな成仏のためにも、速やかに火葬の手配をします。ペット火葬は、多くの自治体でもHPに乗せて安い単価で利用できるサービスです。

その場合は、ペットの亡骸を指定された焼却場に持ち込む必要があります。そして、お骨は持ち帰ります。他に、ペット葬儀専門の業者も数多くあり、お寺や霊園などを備えた有料のサービスをします。

サービスの中には、自宅まで亡骸を引き取りに来てくれます。ペット火葬もできます。お骨を埋葬することも出来ます。また、定期的な供養やペット専門のお墓に、いつでも参拝することもできます。

 


返骨されたお骨を供養しよう


愛するペットをペット火葬した後は、返骨されたお骨を供養します。自宅に持ち帰って、仮の祭壇の前で初七日や四十九日の法要を済ませてから、飼い主の意向に沿った埋葬や散骨をしていきます。

法要後に、改めてペット葬儀専門の業者にお骨を持ち込んで、納骨することもあります。また、お骨は家に持ち帰らずに、供養や納骨など一切合切を、ペット葬儀専門の業者のところで済ますこともできます。

ペット葬儀専門の業者には、霊園や納骨堂があり供養塔での永代供養や、年に何度かの合同法要を設けくれるところもあります。お骨は、メモリアルグッツに作り替えるサービスもあります。

 


お骨の埋葬方法を決めよう


愛するペットのお骨を供養した後、散骨や埋葬について決めます。ペット火葬されたお骨を埋葬する方法です。自宅の庭などへの埋葬。また、ペット動物専門の業者の個人墓や合同葬として埋葬する方法。

そして、海洋に散骨。樹木葬にするのかを選択します。その他に、火葬せずにフリーズドライ製法によって剥製にすることもあります。埋葬や散骨は、あなたの意向の通りに執り行っていきましょう。

しかし、公共の土地に埋葬。河川に遺骸を投棄。等や不用意に散骨すると刑法に罰せられます。愛するペットに向かい会っていくには、きちんとした方法でペットのお骨を取り扱っていきましょう。

 


埋葬後は法要や墓参りをしよう


愛するペットのお骨を、納骨したり埋葬したりします。ペット葬儀専門の業者が営むお寺や霊園などでは、墓地や納骨堂があります。墓地は、個別墓地や他のペットたちと埋葬する合同墓地があります。

個別墓地は、墓石に名前などを刻めます。また、合同慰霊祭を定期的に設けるところもあります。ペット火葬された遺骸は、人間と同じような葬式に模した仕組みで葬られていきます。

ペット動物専門の業者のところでは、お寺や住職やお墓、納骨堂や供養塔、焼き場などが整っています。そして、お寺では愛するペットの写真が飾られています。命日には法要が行われます。

 


ペット火葬の資料を検討してみよう


愛するペットは、家族の一員です。話し相手や癒しの対象として可愛がられてきました。そのペットが突然他界すると、人は大好きだった身内を失ったようなショックを受けます。悲しみに浸ってしまいます。

ペットレス症候群は、人の死とは少し違うようだと認識していても、心の傷を修復するには、かなりの癒しの時間が必要になります。最近では、ペットのお通夜など人間さまのお葬式を模したものまで表れています。

ペット火葬は普通に行われます。しかし、用いるときは口コミや評判を前もって知っていることや、事前に資料を取り寄せて検討しておく必要があります。見積もりや電話での応対にも、注意を怠らないことです。

 

いかがでしたか。ペットなどの飼育動物は、人間より寿命は短いものです。しかし、二十数年を生きる動物も多く見られます。ペットは、人間と共に生命のともし火を燃やしました。そして、亡くなりました。

人間に感謝して満足して生きたのだと思います。今は仏さまになってあなたを見守っています。昔はどこの家でも庭の片隅などに埋葬していました。それが当たり前でした。人々の意識は大きく変わってきました。

現代では、ペット火葬は広く世間に受け入れられています。さて、『ペット火葬はこうする。亡くなった時に知っておくべき事』を、あなたと共に見てきました。この項があなたのお役に立つことを願っています。

 


まとめ


ペット火葬はこうする。亡くなった時に知っておくべき事

・愛するペットを葬る準備をしよう
・亡くなった遺骸を処置しよう
・ペット火葬する場所を決めよう
・返骨されたお骨を供養しよう
・お骨の埋葬方法を決めよう
・埋葬後は法要や墓参りをしよう
・ペット火葬の資料を検討してみよう