仔犬の里親を見つけよう。おすすめしたい里親募集掲示板

仔犬の里親を見つけよう。おすすめしたい里親募集掲示板

日本は世界に誇る先進国でありながら、犬の殺処分に大しては大幅な後進国です。同じ先進国のドイツが犬の殺処分が0頭なのにくらべ、日本は平成19年度で10万頭以上もの犬が保健所で殺されているのです。

犬を飼いたい、と思ったら、まずはお住まいの保健所に問い合わせてみて下さい。簡単な講習を受けるだけで、可愛い仔犬があなたのもとへやって来ます。ぜひペットショップに行く前に保健所へ相談して下さい。

どうしても柴犬が欲しい、などの犬種にこだわりがあるのなら、仔犬の里親募集を検索して下さい。

今回は、可愛い仔犬を見つけられるおすすめしたい里親募集掲示板の見方についてご紹介しましょう。



 


仔犬の里親を見つけよう。
おすすめしたい里親募集掲示板

 


まずは動物病院を訪ねよう


犬をペットとして登録したら、年に1度、狂犬病の注射が義務付けられています。まずは近くの動物病院を訪ねてみて下さい。

人気のある動物病院には、必ず犬や猫の里親募集掲示板があるはずです。動物病院で紹介される仔犬は、そこの病院で病気の有無や健康状態を確認してくれる場合が多く、安心して飼える仔犬が多いのです。

近所に住んでいる人が掲示板を出している事も多いので、見学や引き取りも比較的簡単です。仔犬を通して知り合いを増やすチャンスにもなりますから一石二鳥です。

 


必ず保健所のホームページを見てみよう


今ではどの都道府県の保健所も、収容されている犬や猫の姿をホームページ上で公開しています。

保健所に収容された犬は、最短で4日で殺処分される事もあります。心ある職員の方は必死で里親探しをしています。ホームページの里親募集掲示板に、気に入った仔犬がいなくても、まずは電話で相談して下さい。
保健所は必ずボランティアとつながりを取っています。里親募集のボランティアが定期的に保健所を訪れて、捨てられた犬を保護し、新しい里親さんを見つけるボランティアを熱心にやっているのです。

電話では忙しいと問い合わせても情報をくれない場合もあります。でも諦めずに定期的に電話してみて下さい。必ずあなたが欲しい情報が手に入るはずです。

保健所の仔犬にはメリットがあります。それは里親に出す仔犬を全て健康状態を調べ、無料でワクチンや治療をしてくれる事です。

ボランティアに引き取られた仔犬たちもケアは万全にやってくれていますが、引き取る場合実費を支払う事が多いのです。

保健所は原則無料ですから、ぜひ保健所の里親募集掲示板を利用して下さい。

 


ネットで検索してみよう


まず、ネットで里親、と検索するだけで、沢山の犬の里親募集サイトを目にする事が出来るでしょう。それくらい日本では犬が余っている状況なのです。

ネットの里親募集掲示板のメリットは、自分の欲しい仔犬をピンポイントで探せる点です。特に人気が高いゴールデンレトリーバーなどは、その犬だけを預かって里親を募集しているボランティアもいます。

飼い方、飼育の環境、家族構成まで厳しくチェックされますが、それだけ犬の幸せを真剣に考えているのです。可愛いから、寂しいからと安易な気持ちで犬を飼うのは止めて下さいと最初から毅然とした態度で臨んでいます。

ネットサイトで仔犬を見つけ、引き取りにいく場合は、原則引き取る時にワクチン代、健康状態によっては治療代として数万円かかります。去勢していない場合は必ず去勢するように誓約書を書かされる場合もあります。

 


ペットショップものぞいてみよう


ペットショップの仔犬は買わない、と思っていても、ペットショップをのぞくメリットはあります。

ペットショップには近所の飼い主がペットフードやおもちゃなどを頻繁に買いにきますから、里親掲示板を置いている所もあるのです。

またあまり知られていませんが、ペットショップでも売れ残って大きくなりすぎてしまった犬は処分せざるを得ないのです。頻繁にペットショップをのぞいてお店の人と仲良くなると、こっそり表にでない情報を教えてもらう事ができるかもしれません。

 


市区町村のお知らせ欄にも注目しよう


全国の市区町村、特に人口の少ない地方程、個人的なお知らせや、これあげますコーナー、里親募集してますといった記事を掲載しています。

個人と個人の取引になりますから、公共の記事で見つけたとはいえきちんとした対応を取りましょう。連絡して欲しい時間帯を載せていたら、その時間帯に必ず連絡を取るのが礼儀です。実際に見せてもらう場合は簡単な手みやげを用意するのも大人のマナーといえるでしょう。

仔犬を引き取る時は無料の場合が多いようですが、お互いの気持ち次第でいくらかのお礼をしても良いかもしれませんね。

 

いかがですか。仔犬を欲しい場合、いきなりペットショップに行かず、里親募集掲示板を利用しましょう。

日本と同じ先進国のドイツが殺処分ゼロの理由は、仔犬の売買を禁止しているというのがあげられます。ドイツではよくしつけられた成犬を飼うのが当たり前となっています。仔犬の時は親犬や仲間とべったりと暮らして生活のルールをきっちりと身につけるのです。

仔犬を飼いたいなら、しつけはあなたの責任です。大きくなって近所の人に噛み付いて怪我をさせた場合、飼い主に責任がくるのです。やっぱり仔犬がいいか、それともしつけられた成犬がいいのか、よく考えてみて下さいね。

 


まとめ


仔犬の里親を見つけよう。おすすめしたい里親募集掲示板

.まずは動物病院を訪ねよう
.必ず保健所のホームページを見てみよう
.ネットで検索してみよう
.ペットショップものぞいてみよう
.市区町村のお知らせ欄にも注目しよう