野良猫が保護されたらどうなる? その実態に迫る!

 

野良猫を保護して、うちの子にしてあげようと思う人は多いことでしょう。野良猫はいたるところにたくさんいます。公園や、道端で野良猫をよく見かけますね。

野良猫が保護されたらどうなる? その実態に迫る!野良猫が、あなたの家がすっかり気にいって、あなたの庭先に住みついてしまったりしたら、保護したくもなるでしょう。猫を飼う条件がそろっていれば、野良猫を保護して、迎え入れることは、とても良いことです。

しかし、ペットショップから飼ってきた猫と違って、どこをほっつき歩いていたかわからない猫たちですから、やはり、気をつけなければいけないことはいろいろとあります。野良猫を保護するならば、最低限の知識はちゃんと身につけて、保護をすることにしましょう。

公園などで、よく野良猫にエサをやる人々もいますけれども、自分の飼っている猫でないのに、やたらにエサをやるのはよくないと一般的には言われています。

もしも、公園などにいる野良猫のことが気になるならば、思い切ってあなたが飼育してしまいましょう。そこで今日は野良猫を保護するのに必要なあれこれをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

野良猫を保護したらまず行ってほしいこと5つ

野良猫を保護したらまず行ってほしいこと5つ

やせ細って震えている野良猫を見かけたら、猫好きなら放ってはおけませんよね。そんな野良猫を保護しようと思い立ったら、まず何をすれば良いか、知っていますか。

ただその場で餌をあげたり、何の準備もせずに連れ帰るだけではいけません。野良猫を保護するにあたり、注意したいことや、必ず行うべきことがたくさんあります。野良猫を保護することはもちろん推奨されるべき行動なのですが、近隣住民への迷惑を考えないような、独りよがりな気持ちでしてはいけないことなのです。

野良猫のために、そして一緒に暮らしている家族や近隣住民のためにも一番いい方法を考えたいものです。そこで今回は、野良猫の保護を行う際に、必ず行って欲しいことについてご説明します。
[ →続きを読む… ]