シャルトリューが大好きな人のための7画像

シャルトリューが大好きな人のための7画像

シャルトリューといえば、ロシアンブルーや、コラットと並び、ブルーの御三家とも呼ばれていますよね。最近知ったのですがブルーというか、銀灰色といいますか、毛並の色が美しいこの猫は、フランスを原産地とする猫で、フランスの宝とか、生きたフランスの記念碑などと呼ばれる呼び名だけ見るだけでも、どんなに高貴で上品な猫かわかるような猫ちゃんです。

フランスの宝とだけ呼ばれるだけあって、非常に忍耐強く、懐が深く穏やかな性格の猫。
うちはなんでもフランスの品物でそろえているから、猫ちゃんも飼うなら、シャルトリューにしようとか、それとも、ペットショップに座っていたシャルリューの子猫に一目ぼれしたから、どうしても飼いたくなったとか、シャルトリューを飼う理由もいろいろとあるでしょう。

シャルトリューを今飼っているという方、シャルトリューが大好きでたまらないという方、シャルトリューを飼いたいのに、家の事情で飼えないという方のために、シャルトリューのかわいい画像をご紹介します。



 


シャルトリューが
大好きな人のための7画像

 


四匹のかわいい子猫


シャルトリュー1

なんといってもかわいい子猫。四匹の子猫が集まったら、どんな種類の猫だってかわいらしいものですけれども、シャルトリューが四匹集まったら格別です。

 


青畳のシャルトリュー


シャルトリュー2

フランスのシャトーなんかに置いておきたい猫ですが、子猫はどんなところにいたってかわいいですから、青畳の上に座っていたって、キュンッとするほどかわいいですね。

 


神秘の瞳


シャルトリュー3

思わず、目に吸い込まれてしまいそうな瞳。シャルトリューの瞳の中に吸い込まれたら、そこにはどんな神秘の世界が広がっているんでしょう…。

 


ピンクの背景でより美しく


シャルトリュー4

ピンクの布の上に半ば横たわるシャルトリュー。ピンクの上に寝転がっていると、その美しい色の毛並が、ますます際立ちます。

 


寝転がってはい、かわいい


シャルトリュー5

犬みたいにお腹になってコローンとしているシャルトリュー。前足をウゴウゴ動かして、何を招いているのかな。

 


太りすぎているけれど


シャルトリュー6

まるで、ブルーの敷き物みたい。暖かそうでやわらかそうなシャルトリュー。とてもとても太っているところがまたかわいいけれども、健康的には大丈夫かな?

 


母と子


シャルトリュー7

母猫と子猫のほほえましい姿。子猫にとっては、お母さんの上で眠るのが一番安心。こんな様子を見ていたら、何もかも忘れて、ボーッと一日中、猫ばかり見ていたくなりますね。

 

いかがでしたか。誰しもぐったり疲れることはありますし、ストレスが続いて精神的につらく、かわいい癒しをもとめたくなる時があるもの。家にシャルトリューがいるのが一番癒されるかもしれませんが、そうはいかないご家庭だってたくさんありますよね。

一人暮らしの人こそ、仲間が欲しいものですが、猫といえども、一人暮らしの人が飼うのが危険。いくら、散歩に出ないからといっても、猫にだってお世話が必要です。その人突然、事故にあって死んでしまったら、その猫は不幸になってしまいます。ですから、最低、家に二人はいないと、やすやすと動物は飼えない。でも、やっぱり疲れた時にはうんとかわいい癒しがほしい…

そんな人は、ぜひ、シャルトリューのかわいらしい画像を見て癒されて下さい。うんと、うんと癒されて下さい。いろいろと猫の気持ちを想像しながら見ると、楽しいですよ。我を忘れて、猫に見入る時間だって大切です。猫に癒されて、明日も一日頑張ってください。