ペットショップの売れ残り犬猫ちゃんを飼うメリット

ペットショップの売れ残り犬猫ちゃんを飼うメリット

ペットショップの売れ残りとなってしまったわんちゃんや、猫ちゃん達がどうなっているか考えたことはありますか。生後まもない子犬や子猫は、見るからに愛らしく、どんどん売れていきます。犬の場合では、小型犬などは世話をしやすいという理由から、引き取り手も多いとは思いますが、大型犬になると、世話が大変という理由から、なかなか引き取り手は少なくなってしまいます。

生後半年ともなると、わんちゃんも、猫ちゃんも、ペットショップで売れ残りになってしまうことがよくあります。そんな誰も貰い手のなかったわんちゃんや、猫ちゃんたちは、いったいどうなるのでしょうか。

生後まもない赤ん坊のような子犬や子猫は、もちろんかわいい。けれども、もう、ペットショップのケースは狭すぎるような、大きくなってしまった子犬や子猫を引き取って、育ててあげるのも、大切なことかもしれません。そこで今日は、そんなペットショップで、売れ残りになってしまった犬猫ちゃんを飼うメリットについてお伝えします。



 

ペットショップの売れ残り

犬猫ちゃんを飼うメリット

 

悲惨な運命から救える可能性があります。


やはり、人気なのは、月齢の低い子達。ですから、犬でも猫でも、生後半年ともなると、ほぼ、貰い手はなくなります。ペットショップの売れ残りとなってしまった子達は、運がよければ、店員さんなどに引き取ってもらえるか、里親さんを探してもらえるか。けれども多くは、保健所で殺処分。あるいは、悪質なブリーダーなどに引き取られ、繁殖機械のように扱われ、掃除もしてもらえないゲージの中で、ひたすら赤ん坊を産み続ける…という生き地獄のような暮らしを送る羽目に陥ってしまう場合もあります。

大切に慈しんで育てたら、楽しく生きることができるかもしれなかった犬や、猫たち。まだあどけない子犬や子猫を、人間の都合で、ペットショップのガラスケースの中に押し込め、あげくのはてに殺すか、繁殖機械にするかなんて、あまりにも残酷すぎる仕打ちではないでしょうか。生後半年を過ぎた子を引き取ったら、そんな悲しい運命から、救ってあげることができるかもしれません。

子犬や子猫の時期が、しつけに一番大切な時期だと言われています。月齢が低いうちに、社会化させて、人間や他の犬や外の世界のさまざまなものに慣らしておいた方がいいということも本当です。だから、月齢の低い子を飼いたくなるかもしれませんが、生後半年を過ぎた子だって、あなたのとてもよいパートナーになる可能性は、十分にあります。

ペットショップにいったら、どうしても、月齢の低いあどけない子犬や子猫を、注目してしまいがちですが、ペットショップの売れ残りの大きな子達のことも、注目してあげてください

 

値段はお安くなります


やはり、月齢の低い人気のある子たちの方が、高い値段がつけられます。売れなければ売れないほど、値段はどんどん安くなりますから、お買い得ともいえるでしょう。その上、生後半年過ぎていたって、やっぱり、子犬も子猫もかわいらしいですから、ペットショップの売れ残りの子たちを、買い取る価値は十分にあります。

生後半年過ぎの子でも、おりこうな子はたくさんいます


生後半年過ぎても、ペットショップにいた子なんて、社会化が全然できていなくて、しつけに苦労するかもしれないというイメージが強いかもしれません。先程も書いたように、犬でも、猫でも、しつけを開始する時期が、早ければ早いほど、飲みこみもスムーズにいくということは事実。子犬や子猫の頃に覚えたことは、一生ずっと覚えていますから、子犬や子猫の間に、たくさんのことを覚え込ませた方が、後々、穏やかにくらせます。

だからといって、生後半年過ぎるまで、ずっとペットショップにいた大きな子が、問題行動を起こすような子ばかりかというと、そうでもありません。実際、生後半年過ぎるまで、ペットショップにいた柴犬の男の子がいますけれども、特に大きな問題はなく、他の犬や人ともトラブルを起こすこともなく、穏やかに暮らしています。

大きくなりすぎてしまった子だから、しつけが大変だと一概にはいえません。ペットショップの売れ残りの大きな子たちだって、おりこうな子はたくさんいます。

 

いかがでしょう。ペットショップをのぞいたら、犬や猫の赤ん坊がズラリと並んでいて、やはり可愛いですよね。でも、一方で、裏側にはとても残酷で、悲しい面があるのもまた事実。可愛くて、健康的な子たちは、どんどん売れていきます。けれども、病気が見つかったり、大きくなりすぎてしまった子たちには、ペットショップで売れ残りになってしまい、楽しい未来は待っていません。悲惨な運命が、待ち構えているのです。

病気だから、大きすぎるからという理由は、犬や猫たちのせいではありません。それなのに、残酷な扱いを受けなければならないなんて、あまりにも悲痛すぎるのではないでしょうか。そんな今の日本をいきなり変える事はできませんけれども、もしも、ペットショップで、犬や猫を飼おうかなと思っている方は、ペットショップの売れ残りの犬や猫の事を、気にしてみて下さい。その子たちが、あなたのかけがえのないパートナーになってくれるかもしれません。

 

まとめ

ペットショップの売れ残りの子たちを引き取るメリットとは

・売れ残った子たちがたどる悲惨な運命から救い出すことができる
・売れ残った子たちは、値段がお安い
・売れ残った子でも、おりこうさんは多い