犬の里親になりたい!大切に迎えるための5つの準備

犬の里親になりたい!大切に迎えるための5つの準備

犬を飼う上で里親になる方法を1つの選択肢として考えている方もいらっしゃいますよね。ほとんど人はペットショップやブリーダーに行って探すことが多いでしょうが、犬の里親になりたい人はどうしたら里親になれるのか実際よくわからないですよね。

犬の里親とは、何かしらの事情で飼えなくなった人の代わりに迎え入れ育てることです。飼い主のいなくなった犬たちは、里親のように次の飼い主が見つからない場合は殺処分となってしまいますので、里親として犬を迎え入れるということは、犬の命を救うことにつながります。

ペットショップで買おうと思っている方も1匹でも多くの命を救うために犬の里親になることを検討してみませんか。そこで今回は、犬の里親になるために準備する方法を5つお伝えします。



 

犬の里親になりたい!
大切に迎えるための5つの準備

 

家族の同意を得る


犬の里親になるということは、犬の最期のその時まで責任を持って飼うということです。一時の興味や飽きたら捨てるなんてことはあってはなりません。事情はあるにせよ、里親を探している犬の多くは、身勝手な飼い主に捨てられています。

捨てられるといった悲しい経験を再びさせるのは可哀想ですよね。まず里親になりたいと思ったら家族に相談しましょう。里親になるには家族全員の同意が必要な場合があります。そもそも家族に迎えいれる以上、自分以外の家族が里親になることをどのように考えているのか知る必要があります。

 

里親支援をしている団体を探す


犬の里親の募集は保健所や保健所から委託を受けた団体などが行っています。ネットでも里親募集のコミュニティが存在しますので、まずは情報収集をしてみましょう。どのような犬を扱っているのかやその団体の考え方などを知ることが重要です。

もし自分が求めている条件に一致、考え方に賛同できるところが見つかったら問い合わせあるいは見学に行きましょう。迎え入れる時の犬の年齢にもよりますが、10年以上飼う事にもなりえるのですから、焦らず慎重に探すようにしましょう。

 

里親になれる条件を確認する


里親を支援する団体に連絡をすると、里親として相応しいかの審査を受けることになります。団体によっても異なりますが、犬を飼うことになる住環境の確認、共働きではない、すでに動物を飼っている場合は共存が可能かなどについてとなります。

里親支援団体は信頼できる飼い主を探しています。条件の確認があったら詐称することなく話しましょう。もし条件に合わない場合は諦めることも犬への愛情です。また、条件に合わないことで解消できる点があるなら、環境を整えてから出直しましょう。

 

どの犬を迎えるか決定する


犬の里親としての条件に適していると判断されたら、いよいよどの犬にするのかの決定です。里親支援団体を探している時から目星をつけている方も多いですが、もし飼いたい犬種などがある場合は希望を伝えます。

犬を飼うのが初めての場合は大人しい犬種など状況に合わせて選ぶのもよいでしょう。また、犬によって気性が違いますので団体の人に確認しておくことが大切ですね。また、団体によってはトライアル期間を設けている場合があります。希望の犬を期間限定で飼ってみてから最終決定ができるというものです。実際に家に連れて帰って、本当に迎え入れることが可能か、家族全員でしっかり見極めましょう。

 

犬を家族に迎え入れるにあたって


トライアルなどを経て、ついに我が家に迎えいれる日がきました。犬にとって慣れない場所や慣れない人たちとの生活は不安なもの。まずは犬が安心して過ごせる環境作りに専念しましょう。犬小屋やおもちゃ、えさの用意など、犬が到着する前にしっかり揃えておきましょう。

また、犬によっては前の飼い主から辛い目にあっていて人間に対して攻撃的な場合もあります。あせらずゆっくり犬と向き合いましょう。もし迎え入れた後で躾や気性で気になることがあったら、サポートを受けられる所があるか事前に確認しておくとよいでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。

里親になるということは犬の命を預かることでもあります。犬を里親として迎え入れてくれる人が増えるのは喜ばしいことですが、一方で無責任な人に飼われることで、犬が不幸になってしまっては意味がありませんよね。

まず里親になりたいと思ったら、犬が暮らすために最適な環境を整えること、家族でよく話し合いをして気持ちを揃えることです。そして里親支援の人と信頼関係を結ぶことで、よい犬に出会えるだけでなく、トラブルを防ぐことができます。

飼いだしたら家族の一員として長い付き合いになる犬。半端な覚悟で飼うことは許されません。しかし、ひとりでも多くの人が里親となることで犬の命を救うことができますよ。一度は居場所をなくしてしまった犬たちに、温かい家族との場所を作ってあげましょう。もし犬を飼いたいと思ったら、里親になることをぜひ検討してみてください。

 

まとめ

犬の里親となると決めたら考えること、確認すること

・家族の同意を得る
・里親支援をしている団体を探す
・里親になれる条件を確認する
・どの犬を迎えるか決定する
・犬を家族に迎え入れるにあたって