猫のくしゃみ、知られざる怖い病気の秘密

猫のくしゃみ、知られざる怖い病気の秘密

猫もくしゃみを人間と同じようにしています。意外に思われるかもしれませんが、猫だって鼻の中に異物が入ればむずがゆく感じるもの。人間とは違い、首を横に回しながらくしゃみをしています。

生理現象である猫のくしゃみはほとんどの場合数回で終わり、繰り返されることはありません。しかしくしゃみが止まらなかったりいつまでも鼻をぐずぐずさせていたりするなら、猫カゼや鼻炎にとどまらない重要な病気にかかっている可能性があります。

猫のくしゃみだからといって決して馬鹿にはできないのです。飼い主である人間や他の猫にも感染するおそれのある重大な病気を持っている可能性も少なくありません。そのため、猫のくしゃみに関係する病気について正しい知識を持っていることが必要になります。



 


猫のくしゃみ、
知られざる怖い病気の秘密

 

 


猫のくしゃみ:副鼻腔炎の可能性


人間でいういわゆる「蓄膿」です。鼻の副鼻腔に炎症が発生し、くしゃみや鼻づまり、鼻が肥大化するなどの症状が起こります。くしゃみに関する他の病気を見分けるための参考にもなりますので、これらの症状が出ていたらすぐに動物病院で受診させてあげてください。

 


猫のくしゃみ:猫クラミジア感染症の可能性


生まれてから1年未満で免疫力の低い猫がかかることの多い病気です。くしゃみなど鼻炎のような症状が出ますが、悪化すれば目やにや呼吸器系の炎症も発生するようになります。

猫クラミジア感染症で恐ろしいのはその感染性です。多頭飼いしている猫だけではなく飼い主である人間にも感染することがあります。また、猫にとっては命にかかわる病気にもなりますので十分に注意してください。

 


猫のくしゃみ:クリプトコッカス症の可能性


クリプトコッカス症の症状には特徴があるので、比較的発見しやすいかもしれません。膿状あるいは血液の混じった鼻水、食欲の低下などの症状が見られます。

クリプトコッカス症が重症化すると中枢神経系に感染が広がり、運動失調や痙攣などが見られるようになるためとても危険です。その他目の病気を引き起こすこともあります。

ハトの糞から感染することが多いため、猫をお散歩させることの多い家庭は特に注意を払うようにしてください。

 


猫のくしゃみ:猫ウィルス性鼻気管炎の可能性


くしゃみ、咳、目の充血、涙、目やになど鼻や口、目の症状が目立つ病気です。その他発熱が見られることもあります。症状の悪化により結膜炎や角膜炎が発生することも。

猫ウィルス性鼻気管炎は猫クラミジア感染症やクリプトコッカス症と同様、人や猫、それ以外の動物に感染するおそれがあります。ただの鼻炎のようだからと放置せず、症状が重くなる前に病院を受診しましょう。

 


猫のくしゃみ:猫カリシウィルス感染症の可能性


生後1年未満の猫がかかりやすく、鼻水やくしゃみ、発熱など猫カゼと同じような症状が見られる感染症です。口内炎やよだれといった口の症状が発生することもあります。また、症状がひどくなると食欲不振に陥って体力が低下するという悪のスパイラルに発展することも。

猫カリシウィルス感染症の感染力は非常に強く、あっという間に人間や犬、猫に感染していきます。空気が感染している冬によく見られる感染症ですので、寒くなってきたら特に注意しましょう。

 


猫のくしゃみ:猫エイズウィルス感染症の可能性


人間と同様猫にもエイズウィルスがあります。猫の場合交尾に加えて喧嘩によっても体液を発するため、人間よりもエイズウィルスに感染する頻度は高いかもしれません。

猫エイズウィルスに猫が感染すると、リンパ節が腫れる、風邪のような症状が起こるなどの急性期が始まります。その後無症状キャリア期、エイズ発症期と続くのが特徴的です。

猫エイズウィルスは人間に感染することはあまりないので看過しがちですが、エイズにかかる猫の苦しみは相当なものです。風邪のような症状の他に下痢や嘔吐、免疫力の低下、皮膚炎など様々な病気に苦しめられます。

猫をお散歩させるときは特に注意するようにしてください。大事な猫ちゃんにできるだけ健康で幸せな日々を過ごしてもらうためにも必要な気遣いです。

 

以上、猫がくしゃみをしているときに考えられる病気の数々です。

「たかがくしゃみだから」と軽く考えがちですが、実はこんなにたくさんの重大な病気の可能性が潜んでいます。放置していると大事な猫ちゃんの体に過剰な負担がかかってしまうこともあるでしょう。

くしゃみや鼻水、鼻づまりと言った鼻炎状の症状の他、発熱や咳、目やに、食欲不振、下痢、嘔吐などの症状を併発することもあります。これらの症状や異変全てに常にアンテナを張っておきたいものです。

「猫はペット」とは言えども大切な家族の一員。家に迎えたからには最後まで健康で楽しく過ごせるように気を遣ってあげなければなりません。異変を感じたり苦しそうにしているのを目撃したらすぐに信頼できる動物病院に連れて行き、診察を受けるようにしてください。

 


■まとめ■


猫のくしゃみから推測される、恐ろしい病気の可能性

・副鼻腔炎のおそれ
・猫クラミジア感染症のおそれ
・クリプトコッカス症のおそれ
・猫ウィルス性鼻気管炎のおそれ
・猫カリシウィルス感染症のおそれ
・猫エイズウィルス感染症のおそれ