猫の画像で珍しいものだけ11選集めてみました。

猫の画像で珍しいものだけ11選集めてみました。

あなたは猫がお好きですか。既婚率が下がっている昨今では、単身世帯が増えてきているため、何かペットを飼う人も多いです。あなたが帰宅してペットが出迎えてくれたら、寂しくないですよね。

ペットといえば、犬が圧倒的に人気が高いのですが、単身で飼育するとなるとハードルが高くなってしまいます。毎日散歩させるとなると、日々忙しいなか、あなたの負担となってしまいます。そこで単身者に人気なのが猫です。

猫は散歩へ連れ出す必要はありません。自宅の室内だけでも十分に飼育することができます。犬とは異なり、猫の過剰すぎない親密具合が、単身者にはたまらなく良いという声も多いです。

そんな魅力たっぷりな猫ですが、世の中にはとても珍しい猫がいるのです。猫の画像をつけてご紹介します。



 


猫の画像で珍しいものだけ
11選集めてみました。

 


希少種の猫


No.1

ノルウェージャンフォレストキャットという品種の猫で、ノルウェーが原産国の珍しい猫です。

 


ミステリアスキャット


No.2

左右の目の色が異なります。オッドアイと言って、とても珍しい猫です。

 


ダンシングキャット


No.3

猫が人間のように、腰をツイストして踊っています。

 


何故か落ち着く


No.4

両手を身体の下に入れてしまっています。あまり見かけない珍しい体勢です。

 


白い毛に映える


No.5

目の色が対照的です。とても綺麗で見とれてしまいます。

 


どうしてこの色に?


No.6

左側が黒色、右側が茶色と、まっぷたつに色が分かれています。珍しいですね。

 


より目上手


No.7

より目をしている猫です。目が回っているのでしょうか。みなさんもより目できますか。

 


世紀の対決


No.8

お散歩の途中で蛇と遭遇している猫。さて、どちらが勝つのでしょうか。

 


仲良しこよし


No.9

うさぎにとって猫は天敵なので、このショットは珍しいですね。

 


ラブリーなお尻


No.10

しっぽの先端がハート型です。しっぽ自体も太くて珍しいです。

 


いつも一緒


No.11

同じ体型、顔立ちをしていて、同じ仕草をしています。とても珍しく可愛らしいです。

 

いかがでしょうか。今回ご紹介した猫の画像では、毛の色が珍しい猫が多かったですね。そもそも、なぜ珍しい毛の色になるのでしょうか。

猫の毛がどのようになるのかは、さまざまな要因があり、猫自身が本来もつ遺伝子によっても、異なってきます。基礎の色となるベースカラーがどんな色か、親から受け継ぐ遺伝子がどんな色か、その組み合わせは多種多様です。

人間の赤ちゃんも同じですが、猫の場合でも、まったく同じ猫は一匹もおらず、みんな個性を持って産まれてきます。今回ご紹介した画像の猫は、そんな可能性のなかから産まれた猫たちなのです。奇跡に近いですね。

これからもどんな珍しい猫が出てくるのか、楽しみに待ってみることにしましょう。