猫顔メイクを収得するのに揃えておきたい化粧道具7種

猫顔メイクを収得するのに揃えておきたい化粧道具7種

小悪魔系、と呼ばれる女性は猫のような瞳が特徴です。アーモンド型の大きな瞳は、それだけで美人メイクを完成させてしまいますよね。

芸能人のスッピンブログが話題を呼んでいますが、皆一様に違うのは目の大きさです。特に猫顔メイクをした場合、瞳の大きさは1・5倍は大きく見せる事が出来るでしょう。

猫顔を完成させるには、化粧道具は欠かせません。中でもどうしても必要なメーク用品、あったら便利な道具もあります。

多少お金はかかりますが、優秀な化粧道具は毎日のお化粧の出来を左右します。やはり揃えておいて損はないはず。今回は猫顔メイクを収得するのに揃えておきたい化粧道具7種を基本猫目の書き方なども踏まえてお伝えしていきます。



 


猫顔メイクを収得するのに
揃えておきたい化粧道具7種

 


アイライナー


アイライナーはペンシルタイプ、ジェルタイプなど様々な種類がありますが、猫顔メイクを収得するならリキッドタイプがオススメです。

使い慣れないうちはきれいに目元にラインが引けないかもしれませんが、日常的に使うことで楽にラインがひけるようになります。最初はブラウン系などで練習するといいかも知れません。

リキッドタイプはしっかりと発色します。猫の瞳のように目元を大きくはっきり見せてくれます。

 


アイシャドー


猫顔メイクには、単色のものではなく、ハイライトやメインのカラーが数色セットになっているパレットタイプのものがオススメです。猫の顔は瞳が一番のポイント。まずは自分に合う色を見つけて下さい。

まずは、その商品のパッケージについている使い方の例を、そっくりそのまま真似して着けて練習しましょう。すると簡単にアイメイクが完成します。

手頃なもので色々なカラーを試してみて、似合う色が見つかったら少し高級なものを購入するのも良いでしょう。目元周りは重点的にメークをきっちりするとより猫顔メイクに近づきます。

 


マスカラ


アイメイクの必須道具です。猫顔メイクにはマスカラは絶対に欠かせません。ボリュームが出るもの、まつげを長く見せるもの、様々なタイプがありますが、ウォータープルーフで落ちにくいものを選ぶことをおすすめします。

色は、ブラックが一番まつげをはっきり見せることができます。優しい目元に見せたい方には、ブラウンもおすすめですが、やはり目をぱっちりと見せるにはブラックがおすすめです。

まつげの多い人はマスカラはあまり必要ないかもしれません。しかしそんな時はまつげの先をカラーマスカラで遊んでみるのも素敵です。レッドやパープルカラーのマスカラを目尻にちょっと乗せるだけで、ミステリアスな猫顔メイクが完成します。

マスカラ付けすぎると、だんだんと落ちてくる事もあります。しっかり付けたかったら、1度塗ったあと、時間を置いてまた重ね塗りすると持ちがよくなります。

マスカラが落ちて、目の周りが黒くなると恥ずかしいので、時々鏡をみて確認して下さいね。

 


ビューラー


マスカラをきれいにぬるために、ビューラーは必需品です。メーカーによってカーブやまつ毛を挟むゴムの部分などが微妙に異なります。

自分の目に合ったものを最初から見つけるのは大変です。今では100円ショップでも手軽に購入できますが、できれば資生堂やカネボウなどの国産ブランドで販売しているものが安心です。

力を入れすぎてまつげが抜けた、という話も良く聞きます。その点国産で作られたビューラーは、日本人の目に合うように考えられて作られているので、おすすめです。

 


カラーコンタクト


猫顔メイクの特徴を際立たせてくれるのがカラーコンタクトです。まさに猫の瞳を思わせるグリーンやブルー、猫のオッド・アイのように瞳の色を交互に変えてもオシャレです。

今は瞳孔を大きく見せる商品の他、瞳孔部分にハートや星、薔薇といったマークを小さく描かれたカラーコンタクトもあります。

アニメの主人公の名前がついたカラーコンタクトなども個性的です。

つけるだけで、印象をガラッと変えられるカラーコンタクトですが、使用する場合は必ず眼科で処方して貰いましょう。

安易に自分の判断でカラーコンタクトを購入して使用したら、眼球に傷をつけてしまったり、感染症になるといった危険があります。自己判断で安易に使用するのはやめて下さいね。

 


リップメイク


アイメイクをしたら、グロスやルージュでリップメイクも忘れずにしましょう。リップライナーで唇の輪郭をなぞってからルージュやグロスを塗ると、初心者でも失敗せず、メイク上手に見せることができます。

リップはブランドものであっても値段も高すぎないですし、何色か持っていると気分に合わせて変えられるのでおすすめです。猫顔は瞳と唇が特徴です。リップメイクは自分の顔色に合わせて、一番顔色がよく見えるカラーを選びましょう。

 


チーク


チークはピンク系やオレンジ系、ブラウン系など、色に幅があります。好きな色を選ぶというよりは、自分の顔に似合う色を見つけて下さい。猫顔メイクを際立たせたいなら、あまり派手な色を使うと瞳を強調できません。

また、色がつきすぎると不自然になってしまうので、最初は桃色やコーラルピンクなど、肌の色とあまり変わらない薄めの色を選ぶと良いでしょう。

 

いかがですか。猫顔メイク、重要ポイントはアイメークです。アイシャドー、アイライナー、マスカラは、必須アイテム。あまり安い商品を選ぶと後からにじんだり、うまくラインを引けないかもしれませんから、よく吟味して選んで下さい。

マスカラ1つとっても、メーカーによってつけ心地や持ち具合が異なります。できれば購入前にコスメブティックのサンプルで試した方が安心です。

デパートの化粧品売り場が苦手な方は、地下鉄駅構内にあるコスメショップなどで試してみても良いでしょう。比較的新商品が販売されていますし、値段もお手頃です。

メイクのできばえは化粧道具で変わります。自分にあったメイク道具を、是非見つけてみて下さい。

 


まとめ


猫顔メイクに必要な化粧道具は、

・アイライナー
・アイシャドー
・マスカラ
・ビューラー
・カラーコンタクト
・リップメイク
・チーク