可愛い猫を写真に撮るための7つのコツ

可愛い猫を写真に撮るための7つのコツ

自分で飼っている、もしくは街で見かけた可愛い猫を写真に収めようと思うことって、よくありますよね。ですが、シャッターチャンスを逃すまいと、手持ちのスマホなどでとりあえず撮るだけでは、可愛い猫の良さは100%写しきることはできません。

そう、猫のような動く被写体を上手に撮影するには、それなりの技術やコツが要るのです。そんな、猫を撮影するコツについて、この機会に覚えてみませんか?

どんな写真でも、上手に撮るとなると、高価な道具や難しい設定、そして熟練の経験が必要だと思われがちですが、実際はそうとは言い切れません。今回は、可愛い猫の魅力を最大限に引き出すための、誰でもすぐに実践できる簡単なコツについて、お伝えします。



 


可愛い猫を
写真に撮るための7つのコツ

 


フラッシュを切っておこう


スマホでもデジカメでも、猫を撮影するときはフラッシュは厳禁です。「赤目」と言って、猫の目が赤く光った写真になってしまいますし、猫の目にも悪影響を与えてしまうからです。

もし、可愛い猫を見かけたらすぐに写真を撮りたいのなら、フラッシュは常にOFF設定にしておいた方が、操作に焦る必要が無くなります。フラッシュが無いとうまく撮影できないような暗さの時は、撮影自体を諦めましょう。

 


気を引くアイテムを活用しよう


可愛い猫の表情はたくさんありますが、やはりカメラ目線でこちらを見つめているものが良いですよね。

そんな写真を撮るためには、猫の目線を撮影者側に引き付けなければいけません。ここで用意するのが、おもちゃやおやつの類です。これらを上手にちらつかせ、猫がカメラの方を向いてくれるように目線を誘導して下さい。おもちゃの他にも、缶切りなど猫が好むような音が出るものを活用するのも一つの方法です。

 


焦らずシャッターチャンスを狙おう


通りすがりに可愛い猫を撮影したくなった時は別ですが、「今日は猫を撮るぞ!」と事前に決めているのなら、焦らないことが重要です。

じっくり時間をかけて猫と過ごせば、必ずシャッターチャンスが訪れるので、そのタイミングを狙って写真を撮りましょう。時間に追われるように猫にカメラを向けては、その焦りが猫に伝わって警戒されてしまい、良い写真が撮れなくなってしまいます。撮影者がリラックスすれば、猫も次第にリラックスしてくれるはずです。

 


望遠レンズ、またはズーム機能を上手に使おう


近寄ると逃げてしまう猫を撮影したい場合には、望遠レンズやズーム機能を上手に使い、離れていても猫をアップで撮れるようにしましょう。

お使いのカメラが望遠レンズを付けられるものならそれを用いるのが簡単ですが、スマホなどの場合は、ズームや撮影用アプリを使うと良いですね。また、最近では、スマホ用の望遠レンズなるものも発売されているようなので、そちらを使うという手もあります。

 


食後などを、リラックスタイムに撮ろう


眠っている時やくつろいでいる時も、可愛い猫の顔が見られますね。この表情を撮りたいのなら、猫が食事を済ませた後を狙うのが得策です。

どれだけ殺気立っていた猫も、お腹一杯ご飯を食べた後には眠くなってしまいますので、普段は愛想が無い猫も、リラックスした優しい表情を見せてくれるかもしれません。野良猫を撮る場合もご飯を与えてから撮影すると成功しやすいですが、餌付けは近隣の迷惑にならない範囲で行って下さい。

 


汚れても良い服装で臨もう


高いところに上っているわけでなければ、猫の目線は人間よりも低いのが当たり前です。可愛い猫を撮影したいのなら、その被写体に目線を合わせる必要があります。と、いうことは、地面を這うような姿勢になる覚悟も持たなければいけません。

ですから、もし猫を撮影するつもりなら、地面に膝や肘を付いても気にならないような、汚れても良い服装で臨むと良いでしょう。

 


何枚も撮ろう


現在のデジカメやスマホのカメラは、昔のフィルム式カメラに比べれば、撮影枚数の限度が大幅にアップしています。

ですから、猫の撮影をするときは、枚数をケチらずに、何枚でも思うままに撮影してみて下さい。何枚も撮っておけば、後から見直した時に思わぬ可愛い猫の写真が撮れていることがあるからです。

写りが悪いものは後で消去すれば良いだけですから、是非、プロのカメラマンになったような気持ちで、バシバシと撮影しましょう。

 

いかがでしたでしょうか。可愛い猫の撮影のコツを、7つご紹介しました。この中で、特に用意するべき道具は望遠レンズくらいのもので、後は、手持ちのアイテムや少しの工夫でクリアできるものばかりです。

しかし、この7つのうちいくつかを常に用意するようにしておけば、猫が可愛く撮影できる確率は、グンとアップします。

可愛い猫を撮ることができたら、その写真を印刷したりSNSにアップして仲間と一緒に楽しむも良し、スマホやタブレットに保存して、一人でこっそり癒されるも良しです。

元々写真が趣味とは言えない人も、猫の撮影が上手になったら、きっとハマること間違いないでしょう。あなたも、天気が良い日は、猫を撮影しに出かけてみませんか。

 


まとめ


可愛い猫を写真に撮るためのコツは

・フラッシュを切っておこう
・気を引くアイテムを活用しよう
・焦らずシャッターチャンスを狙おう
・望遠レンズ、またはアップ機能を上手に使おう
・食後などを、リラックスタイムに撮ろう
・汚れても良い服装で臨もう
・何枚も撮る