フェレットの価格と飼い方。知っておきたい7つの事

フェレットの価格と飼い方。知っておきたい7つの事

皆さんはフェレットを飼った事はありますか?またはお近くにフェレットを飼われている方いましたか?最近はフェレット専門店なども出来ていて非常に人気のある動物ですよね?今回はそんなフェレットについてその入手のコツや飼い方などを教えていきます。フェレットは小さくすばしっこいイタチ科の肉食動物です。モフモフの毛並が人気の可愛い動物です。

フェレットってよく聞くと噛んだりする事あるって言うけど本当なのでしょうか?そんな疑問についてもやっていきます。これを読んで是非フェレット購入のご参考にされてはいかがでしょうか?



 


フェレットの価格と飼い方。
知っておきたい7つの事

 


飼うのに必要な価格を学ぼう。


まずはフェレットの価格に行く前に飼う為の必要最低限の準備を教えます。まずはケージですがフェレットは放し飼いでも飼う事が出来ますがあちこち噛んだりするのでケージを用意して適度に外に出して運動させる方が良いです。ケージは5000円~ぐらいのものが必要です。

その他ペットシーツやトイレ、ハンモックなどを含めて5000円ぐらいあれば揃えられます。エサ代は普通なら月に3000円ぐらいですが奮発して生肉をあげたりすると金額は高くなります。ペットシーツやトイレの猫砂の代金も月200円~ぐらいかかります。

意外にかかるのが電気代でフェレットは暑さ寒さに弱い為にエアコンがある部屋に入れておく必要があります。私の知り合いはフェレットは、ほぼ家で部屋一個与えられていましたがそうもいかない場合はケージ飼いをする事がおすすめです。飼うのに必要な準備を学びましょう。

 


一万円から買おう。


フェレットの価格は安くて一万円~ぐらいです。里子募集などでもらう場合はもっと安く仕入れる事が出来ますがペットショップなどから手に入れる場合はこのくらいが相場です。性格は値段とは関係ありません。むしろ外見的な面が大きく影響します。フェレットは育てる環境に応じて変化します。きちっと育てる事が出来ればきちっとしたフェレットになります。

ですから買う時の値段はその後の可愛さには関係ありません。里子でも心配ありません。きちっと責任をもって飼い主さんが育てることが出来るならそれはあまり関係のない事です。逆にきちっとしつけられない子はイタチ科の野性味がバンバンでで来る覚悟が必要です。肉食の噛む癖のある子の育ってしまいます。フェレットを購入してみましょう。

 


フェレットは毛色で価格が変わる事を学ぼう。


フェレットの価格は毛色で決まります。一番高いものでホワイトファーブラックアイと言う毛色をしているフェレットです。これは10万円以上かかります。一般的な毛色はセーブルというフェレットですがこれは1万円ぐらいから販売しているようです。モフモフの毛並はフェレットの醍醐味です。毛色でもこれだけ差が出てしまうのです。

その他フェレットの毛色はカラーバリエーションが豊富です。皆さんの希望に沿った毛色がきっと見つかるはずです。フェレットは毛色で価格が変わります。

 


フェレットはファームごとに違いがある事を知ろう。


フェレットは基本ファームと呼ばれる繁殖場で繁殖されています。その繁殖場によっても価格は異なります。一番高いのがマーシャルという繁殖場です。

マーシャルのフェレットは噛み癖が少なくおっとりしている子が多いようです。もちろん個体差も出てきますがこれは母親と接している期間が長いためでこれによって精神的に安定して子が生まれてくるというものです。その他の繁殖場もそこそこの値段がします。

パスバレーフェレットでは個体が大きく健康です。カナディアンフェレットはがっちりした筋肉質の肉体が魅力的です。フェレットはファームごとに違いがある事を学びましょう。

 


飼う前にキチンと準備しよう。


フェレットの価格を話してきましたがここからは飼い方についてです。フェレットには初期投資がかなりかかります。特にケージやトイレ外へ遊びに行けるようにハーネスなどその準備はしっかりとしないといけません。フェレットを飼う前にしっかりとした準備をするようにしましょう。これによってフェレットの居心地が良くなるか良くならないかが決まります。しっかりと環境に慣らしてしつけをする為にも準備はキチンとしないといけません。

ペットショップなどから仕入れる場合はしっかりとその飼育環境を勉強してそれに近い環境を整えてあげる事が大事になります。フェレットは幾分繊細な動物と言う部類ではありませんが慣らしていって環境が良いものであるように努める必要があります。飼う前にキチンと準備しましょう。

 


しっかりしつけよう。


フェレットはファームごとでも影響がありますがやはり家に迎えてからキチンとしたしつけを行う事が大事になります。餌やおやつを利用してしっかりしつける事トイレトレーニングをしてトイレを覚えさせる事などやる事は沢山あります。基本好奇心旺盛で遊びたがりのヤンチャな子が多いのがフェレットです。

そこら辺を噛んでしまったり夜中にケージをガシガシと音を立てるようにするような行動に対しては無視をするかしっかりと怒る事です。そのかわり外へ出す時間や食事の時間などはたっぷりと愛情を注いであげて下さい。こうする事でしっかりと良い悪いの分別のついた子に育ちます。

そこが失敗してしまうとかなり大変な事になります。家の厄介者にしない為にもしっかりとしたメリハリのある対応が大事です。フェレットをしっかりしつけましょう。

 


病院代を勉強しよう。


フェレットはその価格もそこそこかかる上に病院代がかかります。噛み癖があるので噛まれても良いように予防接種をする必要があります。家の中だけで飼う子には不要ですが予防接種をするとガンのリスクが上がってしまうなどの副作用もありますので慎重に相談して下さい。

獣医師にはフェレットに詳しくない医師もいます。やはりフェレットを専門に診てもらうところを探しておくべきでしょう。そして日常のちょっとした異常を発見する為にも毎日のスキンシップは大事にしたいものです。フェレットは病気にかかりやすいとも言われています。もし入れるならペット保険にも入っておきましょう。病院代もしっかり覚えておいていざという時に備えましょう。

 

いかがでしょうか。フェレットは比較的飼いやすい動物です。きちんと根気よくしつければトイレも噛み癖も直ります。成長するまでのこれをしっかりと覚えさせておく事です。そうして環境を悪化させないようにする事が大事です。環境を良くする為にはそれなりの投資が必要になります。

それは大事な家族を迎える事と同じですからしっかりしたいものです。以上挙げた点をよく踏まえてフェレットと向き合って下さい。それは可愛さだけでないちょっとヤンチャなところに惹かれていく事になります。フェレットはその姿とは違い肉食なのです。ですからしっかりとしつける事がとても大事です。

 


まとめ


フェレットの生態を知ってその価格の秘密と飼い方を学ぼう

・飼うのに必要な初期投資を学ぼう。
・フェレットは里子もある事を覚えよう。
・フェレットは毛色とファームで価格が変わる事を学ぼう。
・飼う前にキチンと準備しよう。
・トイレと噛み癖しっかりしつけよう。
・フェレットの病気は多い事を学ぼう。