ペット葬儀社の上手な選び方。葬儀内容や注意点を解説!

ペット葬儀社の上手な選び方。葬儀内容や注意点を解説!

大好きで可愛がっていたペットともいつかは別れがくるものです。ペットを飼っていた方はペットが亡くなった時どうしていますか?広い庭などがある場合は庭にお墓を作って埋めていたりするでしょう。

しかしマンションなどで飼っている場合はそうもいきません。公園などに埋める事はいけない行為です。そんな時ペット葬儀社が出てきます。

ペットも家族の一員としてキチンと埋葬したいものです。ペット葬儀社でも良い悪いがあります。今回は良いペット葬儀社の例を挙げてみます。

間違っても悪い業者に引っかかる事が無いように情報を提供していきます。



 


ペット葬儀社の上手な選び方。
葬儀内容や注意点を解説!

 


ペット専用のセレモニーホールがある。


ペット葬儀は簡易なものでいいのです。盛大に行う必要はないわけでその点からみても良い業者はペット葬儀に特化している所がベストです。ペット専用のセレモニーホールがあるところなどはその代表格です。

悲しみに暮れている家族のせめてもの救いであるためにペット葬儀がある訳です。とても悲しい事ではありますがしっかりと弔った事で少しの救いにでもなればいい訳です。この点はペット専用セレモニーホールがあるところではまず満足にいける別れが出来る事でしょう。

顧客の満足度もこれによって大きく違いが出てきます。ペット葬儀においてセレモニーホールはその葬儀の格をあげる事になります。家族で亡きペットを偲び弔う事が大事な事です。

 


ペット専用の火葬場がある。


一般的にはペットは火葬場に行くと何匹かまとめて火葬します。人間の扱いとは異なるものです。ペット葬儀においても火葬はとても大事になります。

ペット専用の火葬場があるところがいいです。ペット専用になっている事でそれだけ丁寧に扱ってくれていると言う証拠なのです。ペットも大事な家族に一員です。

弔う時はしっかりしたいものです。その点でペット専用の火葬場があると言う事だけでも点数は高いものです。こういったペット葬儀社を選びましょう。

 


個別火葬が出来る。


前述したとおりペット専用の火葬場があっても何匹か合同で入れてしまって火葬しては意味がないと言う声もあります。出来る事ならちょっとお金を払ってでも個別に火葬する事に対応してくれる業者を選びたいものです。それは選択する事が出来る葬儀社を選ぶ事です。

個別に火葬する事が出来る事によってしっかりとその火葬を見届ける事が出来ます。何家族か合同で行うという事は出来る事なら避けたいものです。大事な家族の一員ですから最後の最後までしっかりとしておきたいと言う方にはおすすめです。

こういった選択肢は出来ない業者が多いです。また悪質な所は別の遺体を焼いているのにペットと見せかけて焼いているという業者もいます。その分のお金をとっているにも関わらず合同で焼いてしまっている業者もいます。

そういう業者にはひっかっからないようにしてください。きちんと焼くところを見届ける事が出来るようにする事です。

 


遺骨を持ち帰れる。


出来る事ならペットの遺骨を少し持ち帰って仏壇にでも置いておきたいものです。そういって対応をしてくれるところもあります。個別火葬が出来て遺骨を持ち帰れる所はとても良い業者です。

ペット葬儀社はこのようないろいろなニーズに答える事が出来る事が良い業者だと言えるでしょう。ここでも注意が必要なのは個別火葬に扮して合同火葬して適当な遺骨を持ち帰らせるような業者です。そのような事にならないように焼く前にペット用の棺桶が覗けるようになっているのか確認出来る所がいいです。

疑う事は良い事ではないのかも知れませんが、ペット葬儀社は数が少ない為こう言った細かな対応をしてくれる所が少ないのです。しっかり確認出来るような所を選ぶべきです。

 


合同慰霊碑がある。


持ち帰る遺骨以外の骨はどうしているのでしょうか?それはたいていの場合は燃えるゴミとして処分されます。それでは供養している意味がありません。

こういった骨はその葬儀社の合同慰霊碑に埋葬してもらいましょう。そういった設備が整っているペット葬儀社は少ないです。残った骨もきちんと慰霊碑に埋葬してくれる業者を選びましょう。

合同火葬の場合もそうです。燃えるゴミとして捨てられるような目に合わない為にしっかり確認するべきです。これもとても大事な事になります。

 


読経がしっかりしている。


読経はハッキリといい悪いは解らないものですがこれもセレモニーとしてしっかりしている所を選ぶべきです。しかし中にはお布施として法外な金額を言って来る業者もありますのでその点だけはご注意ください。良い葬儀社にはお坊さんがついていて読経をしてくれる所があります。

そういった所を選びましょう。御霊の安らかなる事と残された家族の守り神としてペットはいつまでも存在し続けます。しっかりと供養するべきです。

読経にはこのような意味があります。御霊の安らかなる事とその御霊が家族を護るものとしてあり続ける為にと言う意味です。読経がしっかりとしている業者を選びましょう。

 


アフターケアがしっかりしている。


これは好みにもよりますが一周忌法要や三周忌法要などのアフターケアもちゃんと存在していて選択する事が出来る業者が良い業者です。向こうから営業で来られる事は迷惑かも知れませんが、こっちの要望にはちゃんと応えてくれる所がいい葬儀社です。

その時は亡くなったペットを思い新しいペットと家族を安らかに見守っていて下さいとの願いを込めて行うものです。ほとんどの人がやらないものだからこそれに対応してくれる業者はとても良い業者だと言えます。家族が集まり亡きペットを偲ぶ機会は大事にしたいものです。

そのようなアフターケアまで目が行き届いている所を選びましょう。きっと亡きペットも篤く弔ってくれている事であると言えます。そのようなケアもとても大事なものです。

 

いかがでしょうか。ペット葬儀社の数はそんなに多くはありません。まだペットを土葬している家庭も多いのではないでしょうか。

しかしこれからマンションなどでのペットを飼う環境によりこういう葬儀社が増えてきています。ペットを篤く弔いたいと言う飼い主の要望もあり増えてきています。中には悪質な業者も交じっています。

以上に挙げた例を参考にしてしっかり選んでみてください。近場でそういう業者がいればいいですがなかなかそういう訳にもいきません。遠くになってしまう事もある事でしょう。

ペットも大事な家族に一員です。しっかりと弔ってあげる事が大事な事です。

 


まとめ


ペット葬儀社の上手な選び方。葬儀内容や注意点を解説!

・ペット専用のセレモニーホールがある。
・ペット専用の火葬場がある。
・個別火葬が出来る。
・遺骨を持ち帰れる。
・合同慰霊碑がある。
・読経がしっかりしている。
・アフターケアがしっかりしている。