ペット火葬を行ってくれる業者。口コミポイント11選

ペット火葬を行ってくれる業者。口コミポイント11選

ペットを飼うと、今までとは違う、より楽しい毎日を送れるようになります。仕事から疲れて帰ってきたときなどに甘えてくると、1日の疲れもすぐに癒されてしまいますね。

しかし、ペットも生き物なので、いつかは別れの時がきてしまいます。ペットも家族の一員として、ちゃんと葬儀や火葬をしてあげたいものですよね。

初めてのペット火葬となると、どんな業者がいいのか気になりますね。せっかくちゃんと供養してあげるなら、評判のいい業者を探してあげましょう。ペット火葬を行ってくれる業者の口コミを集めたので、参考にしてみてください。



 


ペット火葬を行ってくれる業者。
口コミポイント11選

 


「世界でたったひとつの手作りペットセレモニー」《ペットPaPa》


◎・・・スタッフの手作りの骨壷やオリジナル祭壇セットでお別れを演出。24時間365日相談可能。電話での対応がとても丁寧で、繋がらなくても折り返しの電話をくれる。移動火葬なので、家まで迎えにきてくれ、完全個別で火葬してくれる。

✕・・・地域によっては追加料金がかかることもある。セレモニーを行う場所によっては車での移動が必要なこともある。

 


「30年の歴史を誇る、信頼のペット霊園」《東京動物霊園》


◎・・・毎年5月には動物慰霊祭を執り行う。都心にありながら緑が多いので、心癒される空間となっている。納骨堂の近くには無人売店があり、お供え物が買えるので手ぶらでの参拝も可能。

✕・・・ハムスターや小鳥などの極小動物でも値段が高い。納骨がプランに含まれていないので、別途料金がかかる。

 


「200万体以上の火葬実績のある動物専用霊園」《平和会ペットメモリアル》


◎・・・アクセスが便利でありながら自然豊かで美しい庭園墓地。1000人以上の参加者がいる『動物慰霊祭大法要』を主催。葬儀に後悔のないよう、毎週火曜日に生前見学・相談会を行っている。

✕・・・料金がざっくりしていて、細かい明細の表記がない。葬儀プランがある程度決まっているので、不要なプランのカットなどができない。

 


「自宅での火葬ができる」《ジャパンペットセレモニー》


◎・・・移動火葬車による出張ペットサービスを中心としているので、自宅の敷地内での火葬が可能。提携寺院での葬儀も可能なので、マンションでも問題なし。24時間365日体制で電話対応。火葬のみのプランもあり。

✕・・・移動火葬車の台数が少ないため、希望の日時に葬儀が行えるかどうかがわからない。提携寺院が限られているため、自宅での葬儀ができない場合はアクセスが厳しくなる場合もある。

 


「家族で運営しているのであたたかい」《ひかりペット霊園》


◎・・・いつでも事前見学会を行っている。他園で火葬された遺骨の粉骨や埋葬も行っている。どのプランでも料金が安い。家族経営ならではのあたたかい葬儀を行え、細かい要望にも対応してくれる。

✕・・・家族経営なので、送迎の地域が限られている。納骨の際に、納骨堂の年間管理費がかかり、毎年収めることになる。

 


「海の見える静かで落ち着いたペット霊園」《日本ペットセレモ》


◎・・・落ち着いた雰囲気なので、気持ちも休まる。火葬後は1年間納骨室に安置し、その後施設内の合同供養塔へ埋葬してもらえる。毎年4月と10月には合同法要を行っている。

✕・・・お経や白木棺、粉骨などにはプラスで料金がかかる。夜中の事前説明での電話対応はあまり評判がよくない。

 


「飼い主1人1人に合ったプランを提案する」《てんのうじペット斎場》


24時間365日体制で電話による相談をしている。移動火葬の『大阪ペットセレモニー』での葬儀も行っているので、自宅の敷地内での火葬や葬儀が可能。安置方法から火葬、葬送まで、要望に合わせて色々なプランを提案してくれる。

✕・・・送迎は大阪市内のみで別途5000円の料金がかかる。要望に合わせたプランがあるが、値段は高い。

 


「ペット専用の公園墓地」《東松山ペットメモリアルパーク》


◎・・・ペット専用の公園墓地として日本最大級の規模なので、粉骨や散骨などの要望にも応えられる。敷地内は自然豊かで、公園を意識して霊園づくりをしている。

✕・・・料金がどのプランでも他のところと比べて高額。棺がダンボールとなっている。火葬直前の最後のお別れの時間が短い。

 


「緑に囲まれた白亜の霊園」《リンペットセメタリー》


◎・・・セレモニーの進行に合わせて、テーマごとに演出した4つの部屋で儀式を行う。屋外個別墓地を併設していて、好きなデザインで墓石を作ったりお墓のプレートにメッセージを彫り込むことができる。

✕・・・1年間の納骨堂の料金が5000円かかる。火葬オプションが色々あるが、他のところと比べると少し高い。永代墓地だと、墓石の他にも区画の利用料や管理費などがあり、そちらの値段も高額。

 


「大正10年から続く歴史あるペット霊園」《宗教法人 慈恵院 附属多摩犬猫霊園》


◎・・・総合施設ならではの、わかりやすいやすいプラン体系と割安な料金体制となっている。小さな動物でも遺骨が残るような火葬をしてくれる。足立別院もあり、そちらでの供養も可能。

✕・・・説明書が簡単で、プランなど見落とすことがある。わかりにくい場所にある。立会個別火葬がおすすめだが、値段が高額。

 


「木々のそよめきを感じるなごみの霊園」《厚木動物メモリアルパーク》


◎・・・毎年10月には動物慰霊祭を執り行い、白峰寺による大法要を厳修する。キャンドルによるセレモニーが暖かくて好評。自然が豊かで、納骨のあとの参拝やペットに安らかに眠ってもらえるのに良い。

✕・・・支払いが現金のみ。キャンドルによるセレモニーの火入れを家族ですることができない。施設内が全体的に暗い。

 

いかがでしたでしょうか。ペットと一緒に暮らしていればいつかは必ず別れる時がきてしまいます。その時に、人間と同じような火葬や葬儀、埋葬ができたらペットも幸せに眠ることができますね。

自分が飼っていたペットの性格や思い出に合わせて、葬儀のプランや埋葬場所などを選び、家族みんなで葬儀に参加し、頻繁に参拝に行けるような業者を選んであげましょう。

別れることは悲しいですが、それを乗り切ることも大事なことです。ペットとの大切な思い出をカタチに残すこともできるので、メモリアルグッズを作ってもらい、家に飾っておくのもいいですね。

 


まとめ


ペット火葬を行ってくれる業者。口コミポイント11選

・「世界でたったひとつの手作りペットセレモニー」《ペットPaPa》
・「30年の歴史を誇る、信頼のペット霊園」《東京動物霊園》
・「200万体以上の火葬実績のある動物専用霊園」《平和会ペットメモリアル》
・「自宅での火葬ができる」《ジャパンペットセレモニー》
・「家族で運営しているのであたたかい」《ひかりペット霊園》
・「海の見える静かで落ち着いたペット霊園」《日本ペットセレモ》
・「飼い主1人1人に合ったプランを提案する」《てんのうじペット斎場》
・「ペット専用の公園墓地」《東松山ペットメモリアルパーク》
・「緑に囲まれた白亜の霊園」《リンペットセメタリー》
・「大正10年から続く歴史あるペット霊園」《宗教法人 慈恵院 附属多摩犬猫霊園》
・「木々のそよめきを感じるなごみの霊園」《厚木動物メモリアルパーク》