老猫と一緒に暮らす時の7つの配慮

老猫と一緒に暮らす時の7つの配慮猫は人間より早く、一年に4歳程のスピードでをとると言われています。猫が7歳になるときには、もう老猫と感じられるくらい、あなたの愛猫からは体の衰えを頻繁に感じてくることになるでしょう。 一般的に猫の寿命は12年とされていて、長くて20年ぐらい生きた記録のある老猫もいます。

産まれたての仔猫のときから一緒の方でも、途中からお迎えされた方でも、あなたの大切な愛する家族の猫ならば、老後も一緒に今までのようにずっと可愛がり仲良くして、その老猫にとっても気持ちのいい日々を送ってもらいながら、できるだけ長生きしてもらう毎日を共存していきたいと思いますよね。

そこで今回は愛する老猫と一緒に暮らすときのポイントを7点にまとめてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

老猫を飼うなら知っておきたい厳しい真実

老猫を飼うなら知っておきたい厳しい真実

子猫のうちから飼っていても、猫は人間よりも遥かに速いスピードで年老い、老猫になります。この老猫を飼育するにあたり、どれだけ大変なことが待っているか、皆さんはご存知でしょうか。

猫という小さな生き物も、人間と同じく「老い」によって身体は弱り、病気をしやすくなり、そして誰かの手を借りなければ生活が不自由になっていきます。そう、老猫と暮らすということは、老人と一緒に暮らすのと同じく、介護をして、その一生を看取る覚悟を持たなければいけないということなのです。

これから猫を飼おうと思っている人、特に初めて飼う人は、年老いた猫のお世話がどんなものか、知っておくべきです。今回は、そんな老猫の飼育について覚えておいて頂きたいあれこれについて、お伝えします。
[ →続きを読む… ]

老猫になったペットの気持ちと準備しておきたいもの

老猫になったペットの気持ちと準備しておきたいもの

老猫には、どの猫もいずれなりますよね。若いうちに亡くなってしまったら、もちろん老猫にはなりませんけれども、あたりまえに歳をとっていけば、必ず、老猫になるものです。人間が永遠に若いままでいられないように、猫だって残念ならが老化をまぬがれることはできませんよね。しかも、猫は人間よりずっとずっと早く、年を取ってしまうのです。

いつまでも子どものように思っていた我が家の猫。でも、必ず、老猫になる。我が家の猫が、だんだん歳をとってきたら、あらかじめ、老猫に対するさまざまなことを学んでおいた方が賢明です。歳をとった人間がいろいろできなくなることが増えるように、老猫だって、今までのようにいかないことが増えてしまいます。そこを、飼い主がケアしてあげましょう。

大事な我が家の猫が、老後もすこやかに幸せに暮らせるようにどのようなことを気をつけたらいいのか、どのような準備をしておく方がいいのか、お伝えします。
[ →続きを読む… ]

老猫の飼い方で気を付けてあげたい7つの事とは

老猫の飼い方で気を付けてあげたい7つの事とは

猫の年齢の数え方をご存知ですか?猫は生後1歳で、人の18歳くらいの年齢に相当するといわれています。その後は2歳で24歳、3歳で28歳と、1年間で4歳ずつ加算していけば、猫の年齢を人に換算するときの目安となります。

猫の寿命は大体平均15年くらいです。これは人間だと76歳位にあたります。これぐらいの年齢になると、人間でも相当足腰も弱くなり、食生活も変わる時期ですよね。

年を取ると体調や食生活が変わるのは人間も猫も全く一緒です。猫を最後まで責任を持って飼うために、老猫になった時のライフスタイルを知っておきましょう。

今回は老猫の飼い方で気を付けてあげたいポイントを7つご紹介します。
[ →続きを読む… ]