猿をペットにするときに気を付けておいた方がいい7つの事

猿をペットにするときに気を付けておいた方がいい7つの事

ペットと言えば猫や犬、または鳥などが一般的ですが、飼い方に気を付ければ、猿をペットにすることも不可能ではありません。ご存知の通り、猿は知能が高い動物ですから、他の動物をペットにするのとは違った関係を構築できたり、新しい発見をすることができるというメリットがあります。

ですが、猿をペットにする場合は、その他のメジャーな愛玩動物を飼うよりも気を付けておかなければいけないことがたくさんあることも事実。猿を飼う上で考えられるトラブルは数多く、例えば病気や、飼育環境、そしてしつけなどの部分で、簡単には行かないことがあるのです。

今回は、そんな猿の飼育について、飼い主が特に気を付けておくべきことについてお伝えします。
[ 続きを読む… ]

猿はペットに向いてない?実は難しいその飼い方と接し方

猿はペットに向いてない?実は難しいその飼い方と接し方

タレントのベッキーも猿をペットにしていました。彼女が飼っていたスローロリスは、残念ながら絶滅危惧種に認定され、今では飼う事が禁止されています。しかし良く似た小さなスモールモンキーは相変わらず人気があるようです。

犬や猫と比べて、猿をペットにしている人は少ないですよね。一番人間に近い動物ですから、猿をペットにしたら、とても良い相棒になってくれるのでは?

実は猿をペットとして飼うのはいろいろと大変です。今回は猿はペットに向いてない?実は難しいその飼い方と接し方についてご説明しましょう。
[ 続きを読む… ]

猿をペットにしたい人が最低限クリアすべき7つの条件

猿をペットにしたい人が最低限クリアすべき7つの条件
ペットのなかで、愛らしい姿とコミカルな動きで人気なのが猿ですよね。私たちにとって最も身近な存在で、とても賢い動物なのですが、ペットとして飼うには事前に飼育方法を十分に確認しておく必要があります。なぜならば、猿をペットとして飼うのはとても難しいからです。

ペットとしてよく飼われている猿の種類は、リスザル(コモンリスザル)やコモン・マーモセットなどが多いです。体長は20~30cmほどで身体が小さく、飼うスペースをそこまで必要としません。

とはいえ、やはり簡単に飼えるというわけではありません。そこで今日は猿をペットにしたいと考えている人が、最低限クリアすべき7つの条件についてお伝えします。ではご覧ください。

[ 続きを読む… ]

猿をペットにするために用意しておく7つの心得

猿をペットにするために用意しておく7つの心得。
大きな瞳とふわふわした毛がチャームポイントのおサルさんは、手の形やしぐさなど人間の赤ちゃんにどこか似ているところが多く、無意識に保護欲がわきますね。

テレビなどでも、人間の言葉を理解するかしこいおサルさんや、外国の珍しくてかわいいおサルさんがよく登場し、もしも彼らがペットとしておうちに来てくれたら、毎日が楽しいだろうな~!と想像したことがある人も多いと思います。

そんな可愛いおさるさんですが、おうちで飼うとなると話は別で、なかなか難しいのです。というわけで今回は、猿をペットにする時に必要な心得をまとめました。猿を飼いたい!という人は、おうちに迎え入れる前にこれらの事を把握して、飼育環境が確保できるかどうかよく考えてみてくださいね。
[ 続きを読む… ]