ペットの火葬をするならおすすめの7つの葬儀場

ペットの火葬をするならおすすめの7つの葬儀場

我が家にも10年以上の猫達がいますので決して他人事ではありません。ペットの火葬や納骨についても辛いことではありますが時折考えながらペットロス回避準備を進めています。先日も自宅近くの霊園の『ペットと一緒に入れるお墓』のチラシが目にとまり少し前向きに検討してみようかと家族と話した所です。

愛情を注ぎ長年生活を共にしたペットの火葬など想像したくもないですよね。現在は生活環境の問題もありペットも一般的に火葬が中心となっています。もちろん土地さえあれば土葬でも法的には問題ないのですが…。ペットの個別火葬・合同火葬・ 立会い個別火葬・拾骨・お任せ個別火葬などいざという時の為に参考にしてほしい葬儀場事情についてお伝えします。
[ 続きを読む… ]

ペットロスが鬱の引き金にならないよう注意すべき7つの事

ペットロスが鬱の引き金にならないよう注意すべき7つの事

日常を共に暮らし、沢山の想い出を共有した大切な愛すべきペットが突然亡くなると、飼い主は当然ながら、大変な悲しみにおそわれ、泣いたり、不眠、食欲不振、食べ過ぎ、胃の痛み、息苦しさ、疲労感、身体の痛みなど、様々な苦しみに襲われます。

ペットを失ったダメージにより精神的・身体的不調「ペットロス症候群」になる飼い主さんは少なくないと言われます。ペットを失い、こんなにも悲しい自分は異常な状態なのではないかという思いにとらわれてしまうかもしれません。また、たかがペットに大騒ぎをしてなどと心ない言葉をかける人もいるかもしれません。

ペットの死をきっかけに、憂鬱な気分になったり、空虚感や不眠など身体の不調が、1か月以上も続くようならば、早めに、かかりつけの病院や精神科医・心療内科医に相談してみる事もいいのではないでしょうか。

悲しみに打ちひしがれている人には「ペットが虹の橋に旅立った」という表現してあげると良いという話を耳にする事が有ります。その意味を考えてみましょう。

[ 続きを読む… ]