面白い猫の写真を撮るための7つのテクニック☆

面白い猫の写真を撮るための7つのテクニック☆
人間に愛される動物ランキングがあったら、ほぼ間違いなく上位5位にはランクインするだろう―猫はそんな動物ですね。キュートで気高く、それでいて呑気な彼らは様々な表情を見せてくれます。

かわいいだけでなく、チャーミングを通り越して「その顔はちょっと……」と苦笑してしまうものまで。おとなしく寝ているかと思ったら突然、激しい動きをし出すこともあり、面白い猫たちは私たちをいつも楽しませてくれます。

猫好きとしては、飼い猫だろうと野良猫だろうと、そんな表情をたくさん見て癒されたいですよね。今回はそんな面白い猫の写真を撮るためのテクニックをお伝えします。



 


面白い猫の写真を
撮るための方法7種

 


まずは簡単、物を使おう


猫に乗せる何かを考えてみるとなぜか最初にみかんが思いつきますが、乗せるものはなんだって良いのです。自分の帽子でも、人形でも、お母さんのカーラーでも、思いついたものを乗せてみましょう。

乗せたものと猫の表情が相まって、思った以上にインパクトのある写真になる可能性があります。また、本来猫には無用なものを与えることで、被写体は突然「なんだか面白い猫」に変身します。

例えばお掃除モップやヘッドフォンなど。撮る側の労力が少ない割りに、面白い写真になる確率が高いです。

 


好きそうな遊びで釣ってみよう


人も猫も、自分が好きなことをしているときは夢中になります。夢中になるときは、無防備になるとき。いつもは澄ましている猫も、このときばかりは表情が崩れます。ここを狙わない手はありません。

遊びの途中を撮る場合は、できれば連写機能を使いましょう。猫が我を忘れている間に撮るだけ撮っておけば、「こんなことしてたのか」と普段気づかなかったような動きを捉えることもできるでしょう。

 


猫はギリギリのところが好き


猫のダンボール箱好きは、猫好きなら誰でも知っていることですね。猫にサイズがぴったり(か、少し小さめ)の箱や、入りたくなりそうな紙袋などを仕掛けておけば、猫は自ら私たちが望む動きをしてくれるでしょう。

家猫なら開き戸の上部や液晶ディスプレイの上など、危なっかしい細いところもポイント。一見落ちつかなそうなところで寝入る猫を見つけたら、即撮影を。野良猫なら花壇やブロック塀の隙間、灯篭の中やバイクの下をチェックするのがオススメ。猫は何かしらギリギリのところが好きなようです。

 


他の動物といる姿を撮ってみよう


猫と犬、猫と鳥、猫と爬虫類……違う種類の動物が絡むと、たちまちそこには物語が生まれます。穏やかに眠る姿も微笑ましくて良いですが、じゃれあったりケンカしたり、脅かされたりすることもあります。

異種であるからなお、面白さが増すのです。もちろん、互いの命に危険が無い場合にのみ実行できることです。野良猫の場合、犬やカラスと向き合っているときはカメラを構えてじっと待ってみましょう。衝撃の一枚が撮れるかもしれません。

 


上記のどれも難しい時は、寝姿を狙おう


基本中の基本でテクニックというものもないのですが、しいて言えば良い瞬間を見逃さないように猫チェックの時間を増やすことと、シャッター音で猫を起こさないことです。家猫であれば、気を許している空間ですから「まさかここ?!」という隙間に挟まって寝ていることが結構あります。

2匹以上猫がいれば、とんでもない重なり方をしていたり、寝姿がシンクロしていたりと別格の面白さが楽しめます。野良猫も変なところで変な格好で寝ていることがわりとありますので、散歩の際には猫を探すのを忘れないようにしましょう。

 


写真が撮れない人は動画で記録しておこう


猫があまり自分に懐いていない、小さなお子さんがいて猫の写真どころではない、絶望的にカメラが苦手だ……そんな写真撮影が難しい状況なら、動画を撮ってしまいましょう。面白い猫の動きが撮れそうな場所にセットしておくだけ。

あとは時間のあるときにチェックして、よさそうなところをキャプチャーすればOK。動画が撮れるトイカメラもありますので、猫が数匹いるのであれば1匹に付けて撮影してみると、人が関わるのとまた違う味の画像を見つけられるでしょう。

 


発想を豊かにしよう


面白い猫の写真が撮りたくてどんなに狙っていても、面白いと思う心が欠けているとせっかくのタイミングを見逃してしまいます。時には猫の気持ちになり、時には猫を擬人化してシチュエーションを自分の中で創りあげることで、猫たちは更に豊かな動きになるのです。

「何くだらないことやってるんだ」と考えるのは大間違いかも。「こんな顔いつでも撮れるだろうな」と思ったらもう二度としてくれないかも。チャンスはいつでもそばにあるのです。

 

いかがでしたか。たくさん猫と接してたくさん写真を撮っていれば、必ず「これは!」という面白い猫の写真にたどり着くことができるでしょう。

自分で見て微笑むも良し、SNSで自慢しても良し。そして撮った枚数分、さらに猫のことを好きになっているでしょうから、次はもっと素敵で面白い猫の写真を撮ることができるはずです。

 


まとめ


面白い猫の写真を撮るための方法7種

・まずは簡単、物を使おう
・好きそうな遊びで釣ってみよう
・猫はギリギリのところが好き
・他の動物といる姿を撮ってみよう
・上記のどれも難しい時は、寝姿を狙おう
・写真が撮れない人は動画で記録しておこう
・発想を豊かにしよう